中級者向け機材購入

約五千円のおすすめベース用ギグケースCNB BGB-1680レビュー

以前からほしかった新しいベースケース、とうとう買ったよー。KIKUTANIのCNB BGB-1680っていうギグケース。(BGB-1600の後継商品)

このケース、予算が5000円程度ならかなりコスパがいいと思った。

スポンサーリンク

新しいギグバッグにCNB BGB-1680を選んだ理由

サックがベースケースに求めた条件は、こんな感じ。

  • ギグバッグ
  • ベースを包むクッションにそれなりの厚さがある
  • 肩のベルトのクッション性がいい
  • ポケットには最低限スコア、シールドがすんなり入る。マチ(奥行き)がある。
  • 歩いてるうちにベルトの長さが変わらない。ベルト調節部分がジクザグになってる。
  • 予算は5000円くらい
  • 見た目が派手すぎない
  • 耐久性がいい

こんなギグバッグ、いくらでもあるだろーって思ってたんだけど意外とないもんだね・・・。そんな中でも楽器屋さん巡りをして「これは条件満たしてるんじゃない?」って気になったのがCNB BGB-1680だったんだ。

耐久性は楽器屋さんで見てもわからなかったけど、以前友達が使ってたのを思い出して2年くらいは使えるんじゃないかと思った。その友達もサックが知ってるだけでも、たしか2年は使ってたし。変に安くて見た目だけそれっぽいのを買っても、数週間で壊れるケースもあるからこの点も重要。

ということで、商品の料金+送料の合計が安かったし、楽天の期間限定ポイントも使えた楽天市場のクロサワ楽器日本総本店WEBSHOPさんで買ってみたよ。

クロサワ楽器の通販で購入したCNB BGB-1680を開封レビュー

梱包のされ方

届いた荷物がこれ。呼び鈴に気づかなかったから、いつの間にか宅配ボックスに入ってた。笑

2つに折られて、プチプチシートで保護されてる。予想以上に簡易的な梱包でちょっとびっくりw

領収書はプチプチシートを外して、ケースを伸ばしたところに。

プチプチシートとは別に、ケースは更にビニール袋に包まれてた。

ビニールを外すと、今度こそ本体の登場!やっぱり新品はきれいだわー。

ところが、ちょいちょい白い汚れがあった。

擦れちゃったのかなぁ?まぁどうせ使ってるうちにすぐ汚れるから、このくらいなら問題ない。店頭で買っても多少は汚れてるだろうし。

表面の作り

ポケットはボディ部だけで、ヘッド部分はなし。だけどここだけでも2層になってるしマチ(幅)もあるから、意外とたくさん入りそう。

外側のポケットを開けると、更にマチがない小さい内ポケットが4つ。内ポケットにはメトロノームとか小物を入れる感じかな?

もう1つの内側のポケットは、内ポケットなしのシンプルな作り。広々としてて、結構たくさん入りそうだなー。

1番外側についてる紐は、ゴムになってる。底がないから、荷物を入れると下に落ちそう。飾りかな?

チャックは普通のよりも粗くて大きい。滑り方はすごく滑らかってってわけでもないけど、突っかかることもない。

つまみはCNBのロゴ入り。

派手過ぎるのは好きじゃないけど、こういうちょっとした他との違いは個性が出て好きだなー。

ボディのちょい上、ネックのあたりに掴むところがついてるよ。電車内とかライブハウス内など、肩にかけるほどじゃないけどちょっと場所を移動したいってときに便利だね。

横にも掴むところがついてる。

裏面の作り

裏面はこんな感じ。

肩紐のクッション。厚みは1万近くするケースほどじゃないけど、まぁまぁある。このくらいの価格帯にしては悪くないと思う。

肩紐の調整ベルト。

裏面はギザギザ。歩いてる最中にベルトの長さが変わることはなさそう。

背中が当たるところにも、クッションが入ってる。

これは珍しい仕様だね。腰痛対策にちょっとは貢献してくれそう。(久しぶりにバンドしてベース運んだら、すぐ腰痛になっちゃってww)

ネック部分にはネームプレートを入れるところ(?)付き。

人数多い部活やサークルに入ってる人は機材ケースに名前を書かないとだったりするから、意外と使う人もいるのかな?

内側の作り

ベースを入れるところを空けてみると、ぱっくりと干物みたいに開き切れるタイプ。

ネックを押さえるところ。マジックテープになってる。

ボディエンド部分。3枚も布があるのか、このタイプは初めてだわ。

実際にエレキベースなどの機材や小物を入れてみた

さっそく機材など、スタジオやライブに持って行くものを入れてみたよ。まずはボディエンド側から。

ボディエンド側の入れ方は、説明書が入ってた。1番左の図だと間違いで、真ん中の図から右の図の手順でやるらしい。

ふむふむ、そうやってエンドピンのあたりを保護するのね。

まずは真ん中の布を、サイドの布の下側に入れ込む。

その上にベースを入れる、と。

で、サイドの布を被せてマジックテープで留める。ちょっときつめなのか、マジックテープ部分が見えるけど留まってはいるよ。

これでボディエンド側は完了。

ネック側も、マジックテープ付きの布で固定。こっちは緩めだったから、自分で絞り気味に固定した。ジャズベだとネックが細いからかも。

蓋を被せてチャックを閉めると、

よし、綺麗に収まった!

クッションが多過ぎると、キツキツでチャックが締めにくいケースもあったりする。だけどこれは結構余裕があって、すんなり締められたよ。

次はシールドやスコア、エフェクターなどの小物。

奥側の大きいポケットには、A4サイズの楽譜4枚とB5サイズのノート。5mのシールド1本と3mのシールド2本を入れた。

ポケットにマチがないケースだとベースを先に入れると全然入らない。だけどこれは順番気にしなくていいから楽。

スルスルーっと、余裕で閉まった。シールド3本も入れてこの余裕はすごくいい!

続いて表面側の小さいポケット。内ポケットの中で1番大きいところには、パッチケーブル(エフェクターを繋ぐやつ)を2本。

小さい内ポケットにはメトロノームと

予備の電池。電池はどこに入れたかわかりやすいように、メッシュになってるポケットに入れた。

(もう1つ内ポケットがあるけど、特には入れるものが思いつかなかったので使わなかった。カード型チューナーやクリップチューナーを入れておいてもいいかも)

さらにその上にエフェクター2個(①②)、フットチューナー1個(③)。

これちゃんと閉まってくれるのかな、すごい厚さなんだけど・・・。

閉まったー!!まだ入りそうなくらい、スムーズにチャックが動いたよ!

横から見るとこんだけのボリュームになった。

なんか感動した、こんだけ大量に入れても余裕で閉まるなんて・・・。もうエフェクターケースいらないじゃん。笑

実際にスタジオやライブハウスで気づいたデメリット

すごくいい買い物をした気分。だけど実際に使ってみると、ちょっと不便なこともあった。

ポケットに荷物を入れすぎると、厚みが増して雨の日がこわい

ポケットにたくさん入るのは楽だけど、入れすぎは注意。厚みが増すと雨が降ったときに傘を挿すのが大変そうだから。特に梅雨の時期は、自分の折りたたみ傘のサイズでカバーしきれそうな厚みなのかを気にした方が良さそう。

どうしてもたくさん入れたいなら、ケース用のレインコートやビニール袋を常備するなどの対策した方がよさそう。それか通常の折りたたみ傘より大きいサイズのを用意しておくとか。サックは大きめサイズの折りたたみを使ってるから、たぶん何とかなるかなーと思ってる。

ベースケース用のレインコート↓
⇒Noah’sark NRC-BASS

外出中にケースを開ききりにくい

スタジオやライブハウスでは、スペースがなかったり時間がなかったりでケースを開ききることができなかったんだ。だからさっきやったみたいに、エンドピンのあたりを丁寧には入れられない・・・。

ただしこの件は案外、ケースを立てかけた状態で床のあたりまで開くだけでも綺麗に入れられたよ。エンドピンのあたりをガサゴソといじると、すんなり説明書通りの状態になった。こんな感じで。

ベルトを長くすると背中がフィットしない

このケースには背中のところにクッションがついてるわけだけど、これが人によってはやっかいかも。ベルトの長さを調整しないと、「なんかクッション当たってる位置おかしくない?」って違和感があった。

ベルトが短めになるので、長くして使いたい人は注意。

ただ、特にこだわりがなければ短めでもいいと思う。リュックなんかは短くした方が、身体に負担がかからないからね。

ちなみにサックの場合は、このくらいの長さがちょうどよく感じたよ。

実際に使ってわかったいいところ

肩紐や背中部分のクッション性

肩紐のクッション性はいい感じ。前に使ってたやつは、練習から家に帰ってくる頃には肩が痛いしヘトヘトになってた。だけどケースを新しくしてからは、肩が痛いってほどのことはなくなったし疲れも減ったよ。

腰もちょっとは痛みが減ったような気がする。気がするレベルだけど。笑

歩いてるうちにベルトの長さが変わらない

昔使ってたケースは歩いてるとベルトの長さが変わってたんだけど、このケースではその現象は起こらなかった。

やっぱりベルト調整部分の裏がジグザグだったからかなぁ。滑り止めになってくれたらしい。

ベースを保護するクッション性

ベース本体の方のクッション性も、嫌な感じはしなかった。

ちゃっちいケースだと、駅のホームとかでベースを地面に置いたときに「あ、今エンドピンが地面に接触した」って感じることがあった。だけど今回のケースはそんなこともない。

ボディ部分はまだどっかにぶつけたりしてないからよくわからない。なのでわざと壁や床に当ててみたよ。結果、ベースに衝撃が走ったような変な感触はなし。

日常的な負荷には十分耐えてくれそう。

整理しやすい

これは使うまでは、全く想定してなかったメリット。

サックは整理整頓が苦手。だから今まではポケットに荷物がたくさん入ると、何がどこにあるのかさっぱりわからなくなってたんだ。

ポケットの数が多いと、どのポケットに入れたかわからなくなる。逆に大きいポケットが1つだけだと、その中がぐちゃぐちゃ。特に小物がどこにあるのかわからない。

だけどBGB-1680は、そんなサックでも整理整頓しやすかったよ。内ポケットの深さが小物を入れるのにちょうどよくて、何が入ってるのか見やすい。深さが合わないものはメッシュの内ポケットに入れれば、すぐわかるしね。

もちろん、小物じゃない大きい機材もどこに入れたか見やすかった。

まとめとおすすめしたい人

クッション性などの基本的な機能はしっかりしてる上に、機材もたくさん入る。これは大満足!期待以上だった。

前のケースも使えたことには使えたからずっと使ってたけど、ケチらずにもっと早く変えればよかった。笑

こんな人には特におすすめしたいケースだと思ったよ↓

  • 5000円程度の予算で、しっかりしたケースがほしい人
  • 荷物をたくさん入れたい人(エフェクターケースは持ちたくない)
  • ベースを運ぶと肩や腰が痛くなる人
  • 歩きでの移動が多い人
  • 整理整頓が苦手な人
  • 派手なケースは嫌だけど、ちょっとした個性はほしい人

どれか1つでも当てはまったら、候補の1つに入れてみてねー。

詳細はこちらからどうぞ↓

⇒KIKUTANI CNB BGB-1680(Amazon)

⇒KIKUTANI CNB BGB-1680(楽天市場)

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP