初めてのベース購入

サウンドハウス通販の商品梱包と取り扱いは丁寧なの?検証してみた

通販って、商品の梱包方法や取り扱いが丁寧かどうかってすごく大事。特に楽器関係は機械も多いので、取り扱いが雑で壊れたりしないか心配だよね。

ということでサウンドハウスの梱包や取り扱いはどうなのか、検証結果を写真と一緒にご紹介。

スポンサーリンク

サウンドハウスから届いたダンボールを開封!前回との比較も

ちょうど先日届いたサウンドハウスのダンボールがこれ↓

頼んだものはシールドとフィンガーイーズだけ。なので商品のサイズ割りにダンボールのサイズが大きい。

運送会社は佐川急便。取り扱い注意のシールはしっかり貼られてるね。

側面↓

写真では紙がグシャグシャしてそうに見えるけど、ほぼ光加減のせいw

紙の中身は納品書になってるよ↓

裏側は、保証規定など↓

他の側面はこんな感じ↓



どこにも穴とかないし、綺麗な状態。

サックが開封前に椅子の上から落下させちゃったからか(しかも2回)、いつもより角がボロくなってるけど・・・。寝起きで寝ぼけてたから力入らなかったもんでw

前回注文したときの写真が残ってたので、一応載せておくねー↓

うん、やっぱり前回の方が綺麗だったわ。笑

スポンサーリンク

1番大事な中身は?2箱5商品で検証

じゃ、さっそく今回の箱を開けるよー。

テープはビニールでちょっと剥がしにくいので、ハサミで切って

おーぷん!

中の商品がズレないように、クシャクシャにされた紙が入ってる。紙はちょっと厚手で、丈夫そう。

紙を取ると・・・

商品の登場。

この商品のために作られたかのように、ぴったりと入ってるなぁ。サウンドハウスの人が入れたときから、全く位置が変わってないんじゃないか?ww

商品を確認しても、傷などはなし。お店で買うのと、なんら変わらない状態↓

今回の商品がたまたま箱とぴったりのサイズだっただけ?と思ってしまったので、前回届いたものも確認してみたよ。

チューナーや弦を買ったときの写真↓

右下のちっちゃい箱(クリップチューナー)は箱とサイズが合ってない。だけど斜めにもなることなく、詰め込まれたときと全く同じ状態のように見える。

パッと見、箱は潰れたりしてなさそうだけど・・・本当かなぁ。確認してみた↓



やっぱり潰れてるところは見当たらない。楽器屋さんで見るのと同じで、綺麗だね。

まとめ

今まで何回も注文してるけど、サウンドハウスの梱包に対する不満はない。むしろ予想以上に丁寧に取り扱ってくれるから、こっちがびっくりしちゃうくらい。笑

何十万とかする高級な機材も取り扱ってるから、梱包はしっかりしてないと通販が成り立たないもんね。

サウンドハウスで注文するなら、取り扱いの点は安心して大丈夫だと思うよ。参考になれば嬉しい。

サウンドハウスで注文するなら、手順はこの記事で確認↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP