ベース初心者講座

ベースやギター用シールドケーブルの絡まない・寿命延びる巻き方

ベースを弾き終ったら、シールドケーブルは巻いて収納するよ。

シールドを巻く時は何も気にせず、順巻きを繰り返す巻き方(同じ方向に巻き続ける巻き方)でも片付けはできる。だけど次に使うときにほどくと、絡まったりよじれたりしやすいんだ。

あと同じ方向に巻き続けると、シールドに負荷がかかって断線しやすい。寿命が縮むなんてこともよく言われてるよ。

そこでシールドを巻くときは「8の字巻き」という巻き方をしよう。

 
※ちなみにベースのシールドだけでなくギターやキーボード、ボーカルマイクのシールドも巻き方は同じだよ。

スポンサーリンク

よじれ・絡まり・断線を防ぐ、 8の字巻きのやり方

8の字巻きをするには、「順巻き」と「逆巻き」を順番に繰り返すとできるよ。順巻き→逆巻き→順巻き→逆巻き→順巻き→逆巻き→・・・って、シールドが巻き終わるまで繰り返す。

 
8の字巻きで巻いたシールドをずらすと、こんな感じになるよ。順巻きと逆巻きで、シールドの重なり方が違うよね。

この状態で引っ張ると、2つの巻き方のねじれがお互いに打ち消し合うんだ。だからスルスルーって簡単にほどけるよ。

 
じゃあこの8の字巻きをするには、どうやればいいの?

手順を確認しながら、あなたも一緒にやってみよう。

順巻き

まずは順巻きから。

最初に、シールドを両手で掴むよ。

このとき、巻きやすいようにねじれをなくしておきたい。なのでシールドの片端を両手で持って、右手だけをスススーっと動かそう。このとき、右手はシールドから放さずに動かすよ。

右手と左手の距離が開いたら、また右手の出番。

指パッチンをするみたいに、親指をひねるんだ。それと同時に、右手ごと左手に近づけるよ。(これが順巻き)

すると、自然と輪っかができるんだけど・・・できたかな?無理に輪っかを作るんじゃなくて、自然とできる感じだよ。

輪っかができたら、この輪っかを左手で掴もう。

これで順巻きはOK。

スポンサーリンク

逆巻き

次は逆巻き。

右手と左手が近い位置にあると思うので、巻く前に距離を取ろう。

最初にやったのと同じで、右手はシールドを掴んだままスススッと動かすよ。これでねじれも取れるので。

そしたら今度は、指パッチンとは逆向きに右手の親指をひねるよ。そして同時に、右手を左手に近づける。(これが逆巻き)

するとまた、輪っかが自然とできるはず。なのでこの輪っかを、左手で掴もう。

これでも逆巻きもOK。

この順巻きと逆巻きの作業を、シールドが巻き終わるまで繰り返そう。

8の字巻きは慣れるまでは難しいと思うので、練習の意味も込めて最後まで巻いてみてね。

一瞬でほどける、8の字巻きのほどき方

本来なら、巻き終わった後にシールドを片付ける。だけど今回はついでに、シールドのほどき方も確認しておこっか。

シールドをほどくときは、シールドの両端を掴んで

他の部分は手から離すよ。パッと放しちゃって大丈夫。

これでシールドをほどくこともできたよ。

ギター・キーボード・ボーカルマイクのシールドも同じ巻き方でOK

このシールドの巻き方は、バンドマンにとっては基本中の基本。サックも大学の軽音部に入ってすぐ、先輩に教えてもらったよ。

ボーカルやコーラスのマイクで使うシールドも、ギター・ベース・キーボードで使うシールドも巻き方は同じ。だからドラムの人以外は、ほぼみんな知ってるんじゃないかな。

バンドをやると、バンドメンバーの片付けを手伝ったり、時には他のパートをやることもあると思う。だけどどのパートのシールドでも、この巻き方をすればOK。

 
慣れるまで巻くのは時間がかかるかもしれないけど、練習の度にやってると慣れて早くなるよ。

慣れれば、ほどきやすい分は時間の短縮になる。それにシールドも断線しにくいので、一石二鳥。なのであなたも、是非実践してみてね。

 
記事を読んでも上手く巻けない・・・って場合は、サックにメールで質問どうぞ。
⇒メールはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP