CDレンタル

TSUTAYAやゲオに延滞料金もう払わない!すぐできる返却遅れ予防法2つ

前回はTSUTAYAやゲオのCDの延滞料金はいくらなのか。延滞料金の支払いをしない方法はあるのかってことを紹介したね。
⇒前回の記事はこちら。

返却が遅れたら、延滞料金は払うべき!

・・・なんだけど、「出来ればもう延滞料金なんて払いたくない」っていうのが本音だよね。

 
そこで今回は、あなたが次にCDをレンタルしたときに延滞料金を払わないで済む方法。つまり、もう返却が遅れないように予防する方法をまとめたよ。

予防方法は、この2つのタイプに分けてある。

  • 返却期限を忘れちゃうタイプ
  • TSUTAYAやゲオに返却しに行くのが面倒になっちゃうタイプ

なので、あなたのタイプに当てはまる方法を参考にしてみてね。

スポンサーリンク

レンタル期限切れ前に通知。返し忘れるならツタヤはメール、ゲオはアプリを使う

まずは返却期限を忘れて、返し忘れることが多いタイプ。忘れやすいタイプは、ツタヤやゲオからレンタル期限前に知らせてもらうのがおすすめ。

ツタヤでは予定お知らせメールに登録すると、期限切れる前にメールが来るように設定できる。
⇒TSUTAYAの返却予定お知らせメールはこちら。

ゲオではアプリをダウンロードすると、期限切れる前にスマホに通知が来るように設定できるよ。昔はゲオもメールで通知があったんだけど、今はもうないのでアプリを使おう。
⇒ゲオアプリはこちら。

これで「返し忘れたから延長か・・・」って悲しむことは減るよ。

郵便ポストに返却でOK。返すの面倒なら、宅配レンタルでもう延長しない

次は、お店に返しに行くのが面倒になっちゃうことが多いタイプ。

あなたがつい面倒になっちゃうタイプなら、宅配レンタルを使って郵便ポストに返却するのがおすすめ。わざわざお店まで行かなくても、自宅や勤務先、学校などに近いポストに返却できるからね。

※宅配レンタルとは、ネットでレンタルしたいCDを頼んで郵便で送ってもらうサービス。返却も郵便でするよ。

 
サックも元々は店頭レンタル派で、返すときには面倒臭くなって延滞してた。だけど宅配レンタルにしてからは面倒だと思わなくなったし、延滞もしなくなったよ。

 
「郵便で返すなら、TSUTAYAの店頭レンタルでもできるじゃん」って思うかもしれないね。

だけどTSUTAYAでポストに返却するには、レンタルするときに100円くらいかかるんだよね。そしてその100円をついケチって、後で「ポストに返せるようにしとけばよかった・・・」って後悔しちゃう。

一方の宅配レンタルは送料込みでも、80円(税込み)からCDをレンタルできるよ。80円にはCDのレンタル代も入ってるので、店頭レンタルよりも安い。

だからめんどくさがりさんには、宅配レンタルを使うのがおすすめなんだ。

返却期限も設定されてないプランがあったり、期限があっても長めになってたりするしね。

 
宅配レンタルの詳細は、こちらの記事で↓

返却期限を忘れちゃうのか。それとも、TSUTAYAやゲオまで返却しに行くのが面倒になっちゃうのか。

あなたのタイプに合わせて、延滞料金の支払いを予防してみてね。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP