初めてのベース購入

アンプ使って家で練習するには?自宅用はイヤホンやヘッドホン挿せるか確認しよう

どうも、サックです。

以前、一人暮らししてるベースの友達がアンプ持ってないって言ってた。アンプ使って家で練習するとうるさいから、近所迷惑になっちゃうって。

意外とこういう悩み持ってる人っているみたいだね。

アンプはね、イヤホンとかヘッドホンを挿せるやつがあるんだよ。自宅用にはそういうアンプを選ぼう。

⇒アンプ選びの7つのポイントはこちら。

スポンサーリンク

アンプから出た音は確かにうるさい!だけどイヤホンやヘッドホン使うと・・・

サックは今まで、自宅練習用のベースアンプはイヤホンとかヘッドホン挿せるやつしか使ったことない。だけど興味本位で、イヤホン使わずにアンプから音を出したことがあるんだ。

その結果どうなったかっていうと・・・

音量ちょっとだけにして一瞬音を出しただけなのに、家族が部屋にやってきたw「音漏れてるよ」って言いながらね。やんわりと「うるさい」って言われた気がした。

うん、知ってる、ごめんなさい。笑

低音って音量は小さくしても、イメージ以上に響き渡るんだね。音を出した瞬間、ベースの音が床を伝って家中に響いた感覚がしたよ。

サックはマンションに住んでるんだけど、上の階の人はよくピアノ弾いてる。その音もうるさいなーって思うことはあるけど、たぶんベースの音はピアノより耳障り。ピアノみたいに綺麗って感じる人も少ないし。笑

家族だけでなく、近所の人にも苦情言われたら大変。すぐにいつも通り、イヤホン挿しなおしたよ。

やっぱり家で練習するなら、イヤホンとかヘッドホン挿せるかは超重要。イヤホンやヘッドホン使ってれば、誰にもベースの音うるさいって言われないもん。朝っぱらだろうが夜中だろうが、好きな時間に練習できるし。

スポンサーリンク

アンプ買う前に端子をチェックしよう

自宅用の小さいサイズのアンプのほとんどは、イヤホンやヘッドホンが挿せるようになってる。だけどどれでも絶対に挿せるわけじゃあないんだ。なので念のため、あなたが買おうとしてるアンプには挿せるのか確認しておこう。

チェックするのは、端子。

「端子って何?」って人のために、下の画像を用意したよ。ギターアンプの写真だけどw端子っていうのはね、こんな感じでアンプについてる穴のこと。

アンプの端子って?

端子はいくつかの種類がある。その中に「HEAD PHONES」とか書いてある端子があると、イヤホンやヘッドホンを挿せるんだ。こんな感じで↓


 
あとは商品説明の文章に「イヤホンとかヘッドフォンが挿せるよー」ってことが書いてあることもあるよ。

まとめ

自宅用のアンプには、イヤホンやヘッドホン端子があると便利なこと。それから端子があるかの見分け方が、わかってもらえたかな?

購入前には一度チェックしてみてね。

イヤホン・ヘッドホン端子もついてる、おすすめのアンプはこちらでチェック↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP