ベース初心者講座

早くベース上手くなりたいならアドバイスが大事。ないと上達しないよ

週末に大学時代の友達とライブをしてきたよー。なのでここ2ヶ月くらいは、ベースを家で弾いたりバンド練習も結構してた。

そんで改めて思ったことが1つ。

初心者でも早くにベースが上手くなりたいなら、誰かに演奏を観てもらってアドバイスしてもらうことが大事。アドバイスなしだと練習してもなかなか上達しないし、早くに上手くなった方がベースをより楽しめるよ。

スポンサーリンク

初心者から上手くならない人に多い練習法。ベース弾いたら改善点を探そう

ベース初心者さんは練習って言うと、「ミスしないでベースを弾いたら終わり」になりがち。

だけど実際は、ただ弾くだけの方法だとあまり上達しないよ。ベース演奏で大事なポイントって、意外とたくさんあるので。

例えば、

  • リズムが他のパートと揃うところは「ピタッ!」と揃ってるか
  • テンポ感は安定してるか(ハシったりモタったりしてないか)
  • 鳴らすつもりじゃなかった音まで鳴ってないか(指が当たっちゃったりで不協和音になることもあるので)
  • 音が変なところで切れてないか(全体で聞いたときに音が薄い瞬間はないか)

などなど。

なのでベースが上手くなりたいなら、演奏後に「今の演奏はどうだったかな?」って改善点を探すのは欠かせない。

アドバイスは初心者でも改善点に気付ける、ただ1つの方法

だけどさ・・・自分の演奏がどうなのかってよくわからなくない?

初心者の頃のサックは、今思うとリズムがめちゃくちゃズレてた。だけど当時は、先輩とか友達にアドバイスされて初めて気付いたよw

先輩A「ベースはもっとドラムを聞こう」

先輩B「ベースはメトロノームを使って練習するといいよ」

友達C「ベースとドラムが音符(8分音符)1個分ズレてるね」

自分では楽譜の通りに弾けて、完璧なつもりだった。だからアドバイスされたときは正直かなりショックだったなぁ。

 
でもアドバイスしてもらえば、誰でも改善点に気付けるんだよね。すぐには気付けないこともあるけど、言われたことに気をつけながら録音(録画)を何度も再生してれば何となくわかってくる。

そして改善点がわかれば、「じゃあ言われたことを気をつけてもう一回やってみよう!」ってできる。意識するだけで変わることもあるし、そうでなくても練習を繰り返してるうちに改善される。

 
実際にサックもアドバイスを元に練習してたら、自分でもハッキリわかるくらいに演奏のクオリティが上がったよ。

感覚的には、なんて言うのかな・・・パズルのピースが合ってなかったのが、ピッタリと合った瞬間みたいな感じ。合ってないときはピースがズレてることもわからないんだけど、ピッタリ当てはまった瞬間に「今まで自分は何してたんだwww」って気付いたwピッタリあった瞬間がなんだか気持ちよくって、サックはその感覚が忘れられなくなってベースを続けてるようなもの。笑

アドバイスをもらわなかった時ともらった時とじゃあ、曲の完成度もベースの上手くなり方も全然違う。もちろんベース初心者の頃はアドバイスをもらうのが大事だし、ベースをやっている限りはアドバイスをもらい続けた方がいいよ。サックもベースを始めて7年目だけど、今でも大事にしてる。

スポンサーリンク

アドバイスをもらうのって恥ずかしい?でも上手くなるんだよ?

「アドバイスが大事って言われても、人に演奏をじっくり聴いてもらうのって何だか嫌だなぁ」ってあなたは思ってない?何となく恥ずかしいとか、こわいとか。

実はサックも今でも、あなたと同じように思うことがあるよ。

アドバイスをしてもらうってことは、自分の欠点がハッキリとわかるってこと。自分なりには頑張ったことを一度は否定されるんだから、やっぱりショックで落ち込むこともある。

特に初めてアドバイスしてもらう人には、「ボロクソ言われたらやだな・・・」とか思っちゃうw

 
でもさ、アドバイスしてもらわないよりはマシじゃない?アドバイスをしてもらわないと、自分のやってることが合ってるのか間違ってるのかもわからない。もちろん改善されることもないから、ベースも上手くならない。ベースが上手くならないと、ベースの本当の面白さにも気付けないよ。

だったら少しくらい傷つくことがあったって、アドバイスしてもらった方がいい。

それにアドバイスをもらうのは、あくまで練習のうちの1つ。その後に上手くなるのと、ベースを今より楽しめるようになるのが本来の目的だしね。

あっ、ちなみにね、実際にアドバイスしてもらうと、きつい感じの人って意外と少ないよ。悪口みたいにできてないことをただ言われるだけじゃなくて、「どうすれば良くなるのか?」って一緒に考えたり練習に付き合ってくれる感じなので。

アドバイスをもらう人のおすすめは?ベースまたは他のパートが上手い人に教えてもらおう

サックがアドバイスをもらってて特に参考になったのは、こんな人たち。

  • バンドで楽器を何年もやってる人(パートは何でもOK)
  • ベースを何年もやってる人

バンドを何年もやってる人は、バンドで合うってどんな感覚なのかがわかってることが多いよ。ただしボーカルだけやってる人はぶっちゃけ、楽器演奏をちゃんと聴いてなかったりあまりわからない人も多い印象・・・。なので楽器を何年もやってる人にアドバイスしてもらう方が無難。(もちろんボーカルだけやってる人でも、ちゃんとアドバイスしてくれる人もいるけどね)

あとねー、細かいことはやっぱり、ベースを何年もやってて上手い人に聞いた方がいい。リズムとかテンポ的なこと、音程的なことは他のパートでもわかると思う。だけど左手の使い方とか右手のピッキング方法とか、他のパートとは違うこともあるからね。アドバイスしてくれる人も昔は同じことで悩んでたら、解決に役立った練習法を教えてもらえるかもだし。

 
なのであなたの周りにもバンドで楽器を何年もやってる人とかベースを何年もやってる人がいたら、是非アドバイスしてもらってねー。

もし「アドバイスくれる人なんて周りにいないよ・・・」って場合は、教えてくれる人を探そう↓

サックもアドバイス講座をやってるので、よかったらチェックしてみてねー↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP