ベース初心者講座

独学やめて上達!注意点付き、ベースを教えてくれる人の探し方3つ

「独学をやめてベースを習うんだ!」って思っても、ベースを教えてくれる人が思いつかないこともあるよね。

そこで、ベースを教えてくれる人を探す方法をまとめたよ。

探し方は全部で3つ。

  • 知り合い(友達・先輩など)に頼む
  • ベース教室(レッスン)に通う
  • YouTubeやブログ(サイト)から探す
スポンサーリンク

知り合い(友達・先輩など)に頼む

周りにベースをやってる人がいるなら、気軽にできるのがこれ。

もちろんあなたと同じレベルのベーシストより、上手い人に教えてもらうのが効果的。基準としては、あなたより2年以上先にベースを始めた人がいいよ。

人に教えるには自分で演奏するだけより知識や経験がいるので、1年先なだけだと意外と難しいからねー。実際にサックも大学2年生のときは新入生に教えるなんてできなかったけど、3年生になったら「ここはこうしたら上手くできるんじゃない?」ってわかるようになったよ。

 
だいたいは簡単なアドバイスをくれる人が多いね。相手の方が人に教えるのが好きだったり、仲が良いとスタジオでガッツリ教えてくれる感じ。

特にガッツリ教えてもらう場合の注意点として、知り合いだからって何でもかんでもタダでやってもらおうとしない方がいいよ。人に教えるのって手間も時間もかかるし、何年もかけてやっとできるようになったことだしね。

感謝の気持ちを伝えたりスタジオ代を払うのはもちろんだけど、軽いものでもお礼(プレゼントとかご飯おごるとか)があると良い関係を続けやすいと思う。

ベース教室(レッスン)に通う


出典元:ヤマハの音楽教室

 
ベース教室ならお金さえ払えば、誰でもプロのベーシストからも教えてもらえるよ。値段は例えば有名どころのヤマハでは、グループレッスン月額7,500円~。個人レッスン月額9,500円~。


出典元:ヤマハの音楽教室

 
もしかしたら時間の割に、値段が高く感じるかもしれないね。だけどあなたのやる気や先生との相性次第で、かなり濃い時間が過ごせるよ。

サックも個人レッスンに行ってみたけど、お金とか時間に余裕があったらちゃんと通いたかったもん。今でもいずれ、通いたいって思ってる。

個人レッスンで感じたメリットやデメリットはこれね↓

 
探し方はインターネットで「ベース教室 地域名や駅名」って入力して検索すると、大手から個人経営までたくさんのベース教室が出てくる。あと最近では、スカイプなどを使ってオンラインレッスンできるベース教室もあるね。

ほとんどのベース教室では初回のみ無料体験できるから、気になったら試してみるといいよ。

スポンサーリンク

YouTubeやブログ(サイト)から探す

最近ではブログ(サイト)やYouTubeを使って、ベースの弾き方を解説してる人も多いよね。そういう方たちの中には、ベースを教えてほしいって人を募集してる方もいるよ。

ブログの文章やYouTubeの動画があるから、その方がどんな人かがわかりやすい。なのでベース教室よりも、性格的に相性が良い人を探しやすいかもね。

 
サックも動画添削をやってるので、もし気になったらチェックしてみてねー↓

まとめ

ベースを教えてくれる人を探す方法は、これで終わり。もし知り合いに教えてくれる人がいるなら頼んでみればいいし、いないならベース教室に通ったりYouTubeやブログから探そう。

 
ただ、ベースは教えてもらえば絶対に上達するわけじゃない。その点は覚えておいてね。

まず、教えてもらったことを身に付けるには練習量が必要。なので教えてもらってその場で頑張るだけでなく、自宅でもしっかり練習すること。

あと教えてくれる人はちゃんと選ぼう。上手くなるには教えてくれる人の技術レベルだけでなく、あなたと教えてくれる人との相性もあるので。教えてくれれば誰でもいいってもんでもない。

じゃあどういう人を選べばいいのかって?その話はまた次回ー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP