音楽を聞く方法

聴き放題,ダウンロード,レンタル…おすすめはどれ?音楽入手法を比較

音楽を聴く方法と言えば、数年前はCDを購入またはレンタルして、MP3プレイヤー(iPodやウォークマンなど)に曲のデータを入れる。このやり方が当たり前みたいな感じだった。

だけどスマホ(iPhoneやandroid)でも音楽を聴けるから、最近はMP3プレイヤーを使わない選択肢もあったり。そもそもCDを使わずに、データだけを手に入れて音楽を聴く方法も出てきた。

その結果、気付けば音楽の入手方法はこんなにたくさんに・・・。

  • CDを購入する
  • レンタルショップでCDを借りる
  • 1曲ずつ、またはCDごと音楽データをダウンロード購入する
  • 音楽聴き放題アプリ(ストリーミングミュージックサービス)を使う

そこで、どの方法で曲をゲットしたり聴くのがいいのか。4つの方法を比較してみたよ。

おすすめは、CDレンタルか音楽聴き放題アプリを中心に使うこと。あと補助として、CD購入やダウンロード購入を使う形。

スポンサーリンク

CDを購入⇒MP3プレイヤー(iPod,ウォークマンなど)やスマホ(iPhone,android)に入れる方法

CDを購入してからパソコンに取り込んで、MP3プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)やスマホ(iPhone、android)に入れる方法。

または買ったCDをCDプレイヤーで直接聴いたりもできるけど・・・CDプレイヤーって大きいから、高音質にこだわる人が自宅でやるくらいかな。

購入だしCDをつくる費用も入ってるので、この方法は値段が1番高い。相場はシングルで500~1500円、アルバムで2300~3000円くらい。(DVDや購入特典が付くともっと高くなる)

 
だけど周りの友達を見てると、めちゃくちゃ好きなアーティストのCDは敢えて買う人も多いよ。歌詞カードやジャケットがほしかったり。好きな物は集めたいって思ってたり。あとCDに購入特典を付けてるアーティストも多いよね、ポスターとか。AKBなどのアイドルは握手券をつけてるし。

ちなみにサックの場合は、好きなアーティストでも購入はしない。だけど他の方法では曲が手に入らないときだけ、たまにCDを買うよ。

メリット

  • 歌詞カードやジャケット、CDによっては購入特典が手に入る
  • 収集欲求が満たされる
  • 他の手段でゲットできない音楽でも手に入る
  • CDリリースしたらすぐに買える

デメリット

  • 値段が高い
  • CDの保管場所がいる
  • CDを購入したり、データを音楽プレイヤーやスマホに入れる手間がかかる

CDをレンタル⇒MP3プレイヤーやスマホに入れる方法

TSUTAYAやゲオなどのレンタルショップで、CDを借りる。そんで借りたCDのデータをパソコンに取り込んでから、音楽プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)やスマホ(iPhone、android)に入れる方法。CDは借り物なので、使った後はレンタルショップに返却するよ。

値段はシングルで100~200円、アルバムで200~350円くらいが相場。手間はかかるけど、購入よりも格段に安く音楽をゲットできるのが魅力だね。

個人的にたまに気になるデメリットは、CD発売からレンタル開始まで時間が空くってこと。例えばTSUTAYAのレンタル開始は、邦楽アルバムは発売から3週間経った後の土曜日、シングルは発売した週の水曜日か土曜日。なので一刻も早く新しい音楽を聴きたいときには向かない。

メリット

  • 値段が安い(特に宅配レンタルの場合)
  • CDの保存場所がいらない
  • 宅配レンタルの場合、無料お試しができる

デメリット

  • CDをレンタルする・返す・取り込む手間や時間がかかる
  • 歌詞カードやジャケット、CDによっては購入特典が手に入らない
  • マニアック過ぎる音楽はない
  • 店舗によっては品揃えが悪い
  • CDリリースからレンタル開始まで時間がかかる

 
最近は店頭でなくても、ネットでもレンタルできるよ。こっちの方が宅配でCDを受け取ったり送ったりできるので楽。

あとCDアルバム1枚あたり100円くらいなので、月に10枚借りたとしても約1000円。実際は月に10枚借りても聴ききれないと思うので、もっと安くなるだろうけどね。

実店舗と宅配レンタルの詳しい違いはこちらにまとめたので、気になったらチェックしてみてねー↓

スポンサーリンク

1曲ずつ、またはCDごと音楽データをダウンロード購入⇒MP3プレイヤーやスマホに入れる方法

iTunesやamazonなどで曲のデータをダウンロード購入。その後に音楽プレイヤー(iPod、ウォークマンなど)やスマホ(iPhone、android)に入れる方法。

CDだと廃盤や在庫切れになることもあるってことで、10年くらい前から広まってきた方法だね。ほしい曲を1曲ずつ買えることに魅力を感じる人もいる。

配信は基本的に、CDの発売日と同じ。ものによっては発売日より少し早かったり、遅いこともあるけどね。

相場は例えばCDアルバムの購入が3000円だと、ダウンロード購入で2000~2500円くらいになる。1曲ごとに買うと、100~300円。データだけなので、CDを買うより値段が安い。とは言え購入なので、レンタルや聴き放題アプリよりは値段が高いといった感じ。

それでもレンタルや聴き放題アプリにはない、マニアックな音楽を聴きたい人に好評。

メリット

  • レンタルや聴き放題アプリにない音楽が手に入る
  • CDの保存場所がいらない
  • すぐに購入できる
  • CDを買うより値段が安い

デメリット

  • レンタルや聴き放題アプリより値段が高い
  • ダウンロード販売されていない音楽もある

スマホやMP3プレイヤーに音楽聴き放題アプリ(ストリーミングミュージックサービス)を入れる方法

スマホや通信可能なMP3プレイヤーに聴き放題アプリをインストールして、アプリから音楽を聴く方法。他の方法のように音楽データを自分のものにするのはちょっと違って、アプリを経由してデータを一時的に使わせてもらう感じ。

月額300~1000円で聴き放題になる有料サービスや、無料で使えるサービスもあるよ。

 
3年くらい前から日本でも広まってきたんだけど、サービス開始したばかりの頃は「アプリに邦楽曲が少ない」などの理由で人気がなかった。だけど最近は、邦楽曲が豊富なアプリもある。

ただ残念なことに、世代を超えて愛されてる有名アーティスト(宇多田ヒカル、B’z、ドリカム、ミスチル、ラルク、aiko、福山雅治、サザン、安室奈美恵、Perfumeなど)は配信にあまり積極的じゃない。あとジャニーズもない。

また、聴ける曲や使い勝手などがそれぞれのサービスでかなり違う。なのでダウンロード購入やCDレンタルより、どのサービスを選ぶかが大事になってくるよ。

色んな曲を聴くほどお得になるので、曲をたくさん聴きたい人におすすめ。

メリット

  • 曲を取り込むなどの作業はいらないので楽だし、パソコンもいらない
  • 気になった曲はすぐに聴ける(ただしラジオ型は、好きな曲だけを抜き出しては聴けない)
  • 無料お試しがあるサービスが多い
  • 特に若い世代に指示されるアーティストが積極的に参加

デメリット

  • 月額会員を退会したら、基本的にそれまで聴けてた音楽は聴けなくなる(サービスが終了した場合も同じ)
  • 大御所有名アーティスト(宇多田ヒカル、B’z、ドリカム、ミスチル、ラルク、aiko、福山雅治、サザン、安室奈美恵、Perfumeなど)はあまりない
  • ジャニーズはない
  • Wi-Fiなしでストリーミング再生すると、通信量(〇ギガ)を消費する
  • ハイレゾには対応してないので、高音質にこだわる人は物足りなく感じる
  • 別のアプリに入っている曲と一緒に再生することはできない

どれがおすすめなの?

どれが1番おすすめかって言うと、できればCDを買ってジャケットや歌詞カード、購入特典も楽しむのがベスト。だけど全ての音楽にそんなことをやってたら、値段がとんでもないことになるよねw

音楽ってハマればハマるほどお金がかかる。なので長く音楽ライフを楽しむためにも、お金は大事にしたいところ。

 
ってことでちょっと気になるとかそこそこ好きってくらいのアーティストなら、CDレンタルか聴き放題アプリを使うのがおすすめ。やっぱりCDレンタルや聴き放題アプリは、値段が安いのが魅力的。色々なアーティスト・曲を聞くことで趣味の幅が広がって、より好みの音楽にも出会える。

ただ最新の音楽やマニアックな音楽は、CDレンタルや聞き放題アプリでは取り扱ってないことがある。そのときはCDを買うか、データをダウンロード購入するかだね。

そしてあなたがお金を払ってでもジャケットや歌詞カード、購入特典がほしいと思ったアーティストは、CDを買おう。

 
つまり基本は、CDレンタルや聴き放題アプリを中心に使う。で、他の方法は補助として使う形。これがおすすめだよ。

よかったら参考にしてみてねー。

 
おすすめの宅配レンタルは、こちらでチェック↓

「とりあえず全部の宅配レンタルで、無料お試しをしまくりたい!」ってときはこちら↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP