ベース初心者講座

ベース初心者向けの簡単な曲はどんな楽譜?tab譜で練習曲を探そう

どうも、サックです。

「ベース上手くなるには、楽しく練習するのがおすすめ。だから練習曲も、好きな曲を演奏するのが1番いい。」

こんな感じの言葉、あなたも聞いたことない?

サックはこの言葉を信じて、大好きな曲を練習曲に選んだ。で、その結果どうなったかっていうと・・・

難しくて挫折したww歌が始まる前のイントロで「もうベースやだー」ってテレビ観始めちゃった。笑

まぁその数年後、大学に入ったのをきっかけにまたベース始めて今に至るんだけど。危うくベースがただの置物になるところだった。

あなたには昔のサックみたいに、「ベースもう弾きたくない」「自分には無理」って思って欲しくない。だからあなたが好きな曲の中で、ベースが簡単な曲を探すお手伝いをしたいなーと思ったよ。

ってことで、今回はベース初心者向けの曲を探すポイントをご紹介!楽譜(tab譜)を見るだけですぐわかる方法だよー。

スポンサーリンク

簡単な曲選ぶときにおすすめのポイント3つ

ベースが簡単な曲を選ぶポイントは3つ。

  • 左手が動き回らないか
  • 曲の速さ(テンポ)は速すぎないか
  • リズムは16分音符がないか

具体的にどんなものを選べばいいか確認していこう。

左手が動き回らないか

「ベースって左手が難しい!」

サックは初心者の頃、そう思ってつまづいた。左手が動かないところなら弾けるのに・・・。

だからあなたにまず伝えたいのは、左手が簡単な曲を選ぼうってこと。

tab譜で1小節に同じ数字ばっかり並んでいる。つまり同じ音程の音符が並んでると、ルート弾きっていうんだったよね。

ルート弾きだと左手あまり動かさないから弾きやすいよ。

実際の楽譜はこんな感じね。
ルート弾き

曲の速さ(テンポ)は速すぎないか

サックが曲を選んだときに失敗したのは、もう1つ原因があった。

それが曲の速さ。テンポだね。

テンポが速いと、どんなに簡単なフレーズでも右手も左手も追いつけなくて弾けない。ついでに頭も追いつけなくて混乱する。

じゃあテンポの速さってどこで見るのかっていうとねー、楽譜の最初に書いてあるよ。書いてない楽譜もあるけどw

こんな感じで、1ページ目に音符と数字が書いてある。この数字がテンポを表すBPM。
BPM記載場所2

BPMは初心者のうちだと、そうだなぁ・・・140くらいまでがいいかな。サックや友達が初心者の頃、このくらいの速さで弾くのが精一杯だったから。まずはこのくらいからスタートするのがいいと思うよ。

スポンサーリンク

リズムは16分音符がないか

大学に入ってバンドで色んな曲をコピーしていて気付いた。

ルート弾きで、テンポも速くない。なのに弾くの難しい曲がある。

何が原因かっていうと、リズム。

特に16分音符がある曲って、リズム感が良くないと難しい・・・。自分ではちゃんと弾いてるつもりなのに、なぜかドラムとずれちゃう。弾けないからイライラ。ベースもうやだーってまたなったw

だからリズムが簡単かどうかっていうのも曲を選ぶときにもめっちゃ大事。

ベース初心者におすすめなのが次の3種類の音符でできている曲。

  • 全音符
  • 4分音符
  • 8分音符

つまり、16分音符がない曲ね。

8分音符までの音符が弾けなければ、16分音符も弾けない。逆に、8分音符までがしっかり弾ければ、16分音符もだいぶ弾きやすくなってると思う。サックもそうだったから。

まずは基礎となる8分音符までできた曲から練習するのがおすすめ。

まとめ

簡単な曲を選ぶときのポイント、何となくわかってもらえたかな?まとめておくと、

  • 左手が動き回らないか
  • 曲の速さ(テンポ)は速すぎないか
  • リズムは16分音符がないか

ってことを確認して曲を選ぶのがいいと思う。

それでも「〇〇って曲が簡単なのかよくわからない・・・」ってときは、お気軽に問い合わせしてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP