中級者向けベース上達法

ベース弾くと音程合わない?オクターブチューニングを調整しよう

どうも、サックです。

開放弦でベースをチューニングをすれば、音程は合うようになる。そう思いがちだけど、実は気付かぬうちにオクターブチューニングっていうのがズレてることがある。

オクターブチューニングがズレてると、フレットを押さえたときの音程が合わないんだ。

ということで、今回はオクターブチューニングをするやり方をまとめたよ。一緒にやってみよう。

ちなみにオクターブチューニングは、メンテナンスなどをしているうちにズレていくんだって。こんなことをした後には確認しよう。

  • 弦のメーカーやゲージを変えたとき
  • ネックの反りを直したとき
  • 弦高を調整したとき
スポンサーリンク

オクターブチューニングに使う道具

オクターブチューニングに使う道具はチューナーとプラスドライバーの2つだよ。
IMG_20160121_220021

プラスドライバーはブリッジサドルのネジを回すのに使う。ここに合う大きさのプラスドライバーを用意してね。
IMG_20160121_220442ネジ

オクターブチューニングのやり方

いつもどおりチューニングする

まずは普通にチューニングしよう。
IMG_20160119_15264100

12フレットの実音とハーモニクスピッキングの音を比較する

次に、12フレットを普通に弾いた音(実音)と、12フレットでハーモニクスを出したときの音をチューナーで比較するよ。

ちなみにハーモニクス音を出すコツは、弦を軽く触った状態でピッキングすること。
IMG_20160121_220317

ネジを回してブリッジサドルの位置を動かす

実音とハーモニクス音の音程がずれていたら、ブリッジについてるサドルを動かそう。

オクターブチューニングでいじるのは、ストラップピンの近くのネジ。
IMG_20160121_220442ネジ
実音の方が高ければ、ネジを時計回りに回して、ブリッジサドルをボディエンド側に動かす。
IMG_20160121_220442右2
逆に、実音の方が低ければ、ネジを反時計回りに回して、ブリッジサドルをネック側に動かす。
IMG_20160121_220442左

3つの手順を繰り返す

サドルを動かすとチューニングも変わっちゃう。だから「チューニング→12フレットの実音とハーモニクスを比較→サドルを動かす」の手順を何回か繰り返すんだ。
オクターブチューニングまとめ
全部の弦の12フレットの実音とハーモニクス音が同じ音程になったらオクターブチューニングは終わり。

スポンサーリンク

ネジを回してもブリッジサドルが動かないときの解決方法

サックのベースはネジを回してもサドルの位置が変わらなくて、チューナーの表示も変わらなかった。「中古で買ったベースだからもしかして壊れてるのかな?」と思ってたんだけど、解決方法がわかったよ!

弦を緩めてからネジを動かすと、サドルも手ですんなり動かすことができた!

チューナーの表示も変わって、ハイポジションの音を弾いたときの違和感もなくなったよー。

まとめ

オクターブチューニング、何とかできたかな?もしつまずくことがあるなら、お気軽に連絡してね。

⇒問い合わせはこちら。

慣れるまでは何度も繰り返して調整するってめんどくさい。だけど気持ち良い音をあなたのベースから出すためには大事なこと。

オクターブチューニングが合うまで何度も

チューニング

12フレットの実音とハーモニクスを比較

サドルを動かす

を繰り返してやろう。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP