中級者向けベース上達法

アルカラはベース指弾きでのパフォーマンスがかっこいい

どうも、サックです。
サックが普段聞いている音楽を紹介するよ。
最近はフェスの参加アーティストでもよく見る、アルカラだよ。

スポンサーリンク

アルカラとは

アルカラはギタボ、リードギター、ベース、ドラムの4ピースバンド。
自称「ロック界の奇行師」。
聴いてるとついつい口ずさみたくなる、頭に残りやすいメロディと歌詞のバンドだ。

サックはライブを見たことがあるけどギタボのMCが面白かった。
間も落ちも意識されていて、ひな壇芸人みたいなトークだったよ。笑
正直そこらへんの芸人より面白い。笑

アルカラには今のところタイアップ曲ないけど
TOKYO MXで放送されているアニメ怪盗ジョーカーの主題歌、怪盗ミラクル少年ボーイを
アルカライダーというアーティスト名で出している。
名前を変えてるけど普通にアルカラ。笑

スポンサーリンク

ベース下上貴弘の注目ポイント

ギターがハイ寄りなこともあってどの曲もベースが目立っているよ。

ベースの音色は深い歪み。
バキバキとかゴリゴリのベーシストはよくいるけど
深い歪みの音をゴリ押ししているベーシストは珍しい。

コード弾きがよく出てくるんだけど
ベースが目立っているからコード弾きも綺麗にしっかり聞こえる。

指弾きにしては珍しく、パフォーマンスが激しいのも注目したいところ。
こんなに動いててよく弾けるなぁと感心する。

 

おすすめ曲を紹介

おすすめ曲は「キャッチーを科学する」。

アルカラ「キャッチーを科学する」

この曲はサビの歌詞に遊び心があって面白い。

くるくるくるくるってところもつい口ずさみたくなるんだ。

ボーカル、ベース、ドラムだけの静かな場面が何度も出てくるんだけど
ギターのON/OFFを利用して、間奏やサビなど、
盛り上げたい場面をしっかり盛り上げているのがメリハリあって良い。

ベーシストがわざとヘッドを動かして弾いているのもかっこいい。

アルカラは、ただ弾いているだけじゃなくて動きがある演奏をしたい人におすすめ!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP