©2016 三部けい/KADOKAWA/アニメ「僕街」製作委員会 ©Kei SANBE 2015/KADOKAWA

おすすめ音楽

僕だけがいない街とOPのアジカンReReの歌詞と曲名の意味がめっちゃ合う!

どうも、サックです。

サックが今期1番ちゃんと観てるアニメが「僕だけがいない街」。1話のエンディングで主題歌聴いてびっくりした!アジカンの昔の曲「Re:Re:」じゃん!

改めて考えると、僕だけがいない街と歌詞とか曲名の意味が合ってて、主題歌になったのも納得したよ。

スポンサーリンク

僕だけがいない街って?ストーリーを簡単に紹介

僕だけがいない街のストーリーを簡単に話しておくよ。

僕だけがいない街の主人公悟(さとる)は、身の回りで事件や事故が起きそうになると、その直前にタイムスリップして事件や事故の原因を取り除ける能力、リバイバルを持っているんだ。

ある日、悟のお母さんが事件に巻き込まれる。そこでタイムスリップしたのは悟が小学生の頃。この時代に悟のクラスメイトが巻き込まれた事件とお母さんの事件が関係してる考えた悟は、クラスメイトを事件から守るために行動する!

今のところこんな話だよ。

スポンサーリンク

昔の曲なんて嘘でしょ?狙っていたかのように歌詞と曲名がアニメと合う

OP曲の「Re:Re:」って曲は、知ってる人が多いんじゃないかな?「Re:Re:」は2004年にアジカンのソルファってアルバムに入ってた曲。10年以上の時を越えて、改めてレコーディングされたんだって。新しくレコーディングされた「Re:Re:」は2004年バージョンより、ギターの本数が増えて綺麗な印象。

アニメ「僕だけがいない街」第2弾PV | 2016/1/7より放送

「Re:Re:」は10年以上前の曲なのに、僕だけがいない街のストーリーとマッチしてて、「このアニメのために作った曲なんじゃない?」って思うほど。時の流れを強調するような歌詞が、僕だけがいない街のリバイバルと合ってる。

歌詞以上に合ってて驚いたのが、曲名「Re:Re:」の意味!

返信への返信(「Re:Re:」)という意味ですが、アルバムの場合、曲の並びが“ラストシーン”から“サイレン”で悲しすぎたので、「もう一度」という意味をこめてタイトルをつけまし た。じゃあ「Re:」で良いではないかという人もいるかと思いますが、世の中で「もう一度」という状況は、往々にして、行って帰ってきた何かに対しての 「もう一度」なので、「Re:Re:」で間違いないかと思います。

引用元:アジカン、下北沢シェルター凱旋!!!(2016/1/25アクセス)

主人公の悟は「もう一度」やり直す能力を持ってる。「もう一度」ってキーワードがRe:Re:を「もう一度」世に出すことになった理由なんじゃないかと思う。歌詞よりもタイトルの意味の方がしっくりくるなぁ。

 
サックが初めてハマったバンドってアジカンだったから、今回のタイアップはすごくテンション上がった!歌詞とか曲名の意味を全く考えずに何となく聴いてた「Re:Re:」が、こんなに僕だけがいない街合うとは予想外だった。

⇒Re:Re:(初回生産限定盤)(DVD付)はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP