音楽プレイヤー

スマホで音楽再生すると電池消費激しいときの解決方法

どうも、サックです。

あなたはスマホで音楽を再生してると、スマホがすぐに熱くなって、電池消費が激しくならない?そのまま使い続けてると、いざというときには充電切れちゃってて不便なんだよねー。

サックは最近安いスマホに変えてからは音質悪くなったからスマホで音楽聴いてない。だけど前のスマホではたまにLISMOで音楽聴いてたよ。

今日はそのときに発見した、スマホで音楽を聴いても電池を長持ちさせる方法を紹介するよ。

スポンサーリンク

今すぐ解決!スマホで音楽聴いても電池減りにくい方法

スマホ自体に保存した音楽を流してるから、通信はしてないはず。なのになんで電池がどんどん減るんだろうって思ってたんだけど・・・解決方法は簡単だったよ。その方法とは、機内モードにして電波を切るだけ。

おそらくだけど、スマホは電波が入ってると、常に何かしらの電波を拾ったり送ったり、通信しているんじゃないかな。だから電波を入れたまま音楽アプリを動かすと、「音楽を再生すること」と「通信すること」を同時にすることになる。

ベース弾きながら歌うのって難しい。頭の中いっぱいいっぱいになっちゃて、どっちも微妙なクオリティになっちゃうんだよね。ベースか歌、どっちかに専念した方が良い演奏や歌になりやすいのと同じように、スマホだって音楽を再生するのか、通信するのか、どっちかだけをさせた方がキャパオーバーにならないで済む。

スポンサーリンク

解決方法試して感じた2つのデメリット

今さっき紹介した解決方法には2つのデメリットがあったよ。

当たり前のことだけど、電波を切っている間は通信が全部切れている。だから友達からラインとか電話がきても気付けない。特に、連絡の内容が緊急だったときは困っちゃう。

もう一つのデメリットは、設定をいちいち変えるのがサックにはめんどくさかった。音楽を聴く前に機内モードにして、聴き終わったら機内モードを解除する。作業時間は一瞬だけど、地味にめんどくさい・・・。

音楽よく聴く人で、電波をOFFにしたくなかったり、いちいち設定変えるのがめんどくさく感じる人は、音楽を聞く時はアイポッドとかウォークマンを使った方がいいかも。

つづく

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP