中級者向けベース上達法

ベース弾きながらコーラスが難しい!コツを教わって実践した話

どうも、サックです。

ベース弾きながらコーラスするのって難しいよね。サックも今苦戦中。前にコーラスやったときの経験を思い出しながら練習してるよ。

今日はそのときに掴んだコツを紹介!あなたがコーラスのコツを掴むきっかけになれば嬉しいな。

スポンサーリンク

ベース弾きながら歌えないって相談した結果・・・

サックは歌が上手くない。カラオケだと70点とか80点くらい。だから、バンドで歌うのは自信なくて、コーラスもずっと避けてきた。でもあるとき、歌わないわけにはいけなくなった!ベース弾きながら歌ったことがなかったサックは最初のスタジオ練習で歌えなくて、「このままだとまずい!」って焦ったよ・・・。

だからギターとかベースを弾きながらコーラスをよくやっている友達にすぐに相談してみた!「どうすれば楽器弾きながら歌えるの?」って。

数人に聞いてみたけどみんな言うことは同じ、「慣れだよ」の一言だけ。「いやいやいや!ちょっと待ってよ!何も解決してないよ、それ。」と思って、ネットでも検索してみたけど、やっぱり出てくるのは「慣れ」。

スポンサーリンク

本当に慣れたら歌えるようになるの?検証してみた

他に方法がないからとりあえず「慣れるまで練習してやるー!」って気持ちで練習してみたよ。

でも練習しても練習しても歌いながら弾けない・・・。

歌うとベースがずれる。
ベースに集中すると歌がずれる。
歌に集中するとベースがずれる。

この繰り返し。

歌いながら弾けないまま、ライブ前最後の練習。「失敗したら、サックに歌うように言ってきたメンバーのせいだ!もうどうにでもなれ!」って半ばやけになって演奏した結果・・・

歌いながら弾けた!!!

歌ってる最中、ベースを弾きながら歌ってるのに、ベースを弾いてないような感覚になったよ。誰かサックの代わりにベース弾いてくれてるの?って疑っても、当然、ベースを持ってるのはサックだけ。

身体が勝手に動いてくれてる。慣れるってこういうことかーって実感したよ!

慣れるまでに時間がかかったけど、何とかライブに間に合った!ほんとよかった!

ベース&コーラスに挑戦するときの2つの大事な考え方

コツは慣れるまで練習すること。だけど敢えて言うならばこんな感じかな。

リラックスすること

1つ目のコツは、コーラスを意識しすぎないでリラックスすること。ベースだけ弾いてるときもだけど、難しいフレーズがそろそろ来るぞ!って思ってると、知らず知らずのうちに緊張しちゃってミスしやすい。コーラスやるときも同じで、何も考えずに演奏すると成功するかも!?

あきらめずに練習すること

2つ目のコツは、あきらめずに練習すること。やっぱりこれが一番大事。練習しないでできるようになる人なんていないよ。いたとしても、一部の人だけ。余裕そうにベース弾きながら歌ってる人だって、家でたくさん練習してたり、過去にたくさん練習してたから今できる。

 
今日の話、少しでも参考になったかな?

次回はテクニック的なコツを紹介するよ!
続きはこちら。
ベースコーラスの練習で効果あったおすすめの方法4つと慣れ以外のコツ

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP