ベース初心者講座

ライブ本番で上手くベース弾けない人必見!緊張に効果的な4つの方法

どうも、サックです。

ライブ本番って練習どおりにはいかないよね。サックはベース始めたばっかりの頃は頭の中真っ白になっちゃって、ベースの音がピタって止まっちゃってた。だから、ライブの度に「また失敗するのかな?」ってこわかったんだ。

けど今ではほとんど緊張しなくなったよ。しかもライブを楽しめるようになった!

あなたも緊張しやすいなら、今日紹介する方法でライブをもっと楽しめるようになってほしい。

今日はライブで緊張しない方法をサックの実体験を入れながら紹介するよ!

スポンサーリンク

練習不足はまじで緊張する・・・準備はしっかり!

本番で上手くいかない以前の問題だけど、練習しっかりしたかしてないかで緊張度は全然違うよ。

サックは「これが今のサックの精一杯だ!」って思うまで練習する。・・・基本的にはね。でもバンド組みすぎちゃって、あまり練習できなかったときがあったのね。本番めっちゃくちゃ緊張して心臓バクバクだった・・・。もちろん演奏も練習のときより弾けなかった。

ライブは楽しむもの!お客さんも巻き込んじゃおう

緊張しないための一番良い方法は、ライブを思いっきり楽しんじゃうこと。楽しんでれば緊張の「き」の字も気にする必要ないからね。あなたのバンドが盛り上がる曲をやるなら、ボーカルさんにお客さんを盛り上げるように頼もう。

サックの場合は、お客さんが楽しんでる姿を見るとサック自身も嬉しくなって、緊張全くしないよ。

完璧主義は危険!本番はゆるくいこう

ミスをしないように気をつけていても、ミスするときはきっとある。だってあなたは機械じゃなくて人間だから。完璧を目指してるとミスをしたときに焦って更にミスしちゃうから「ミスしても仕方ない」くらいに思っておくと、ミスを引きずらないで済むよー。

サックは「失敗したらしたで仕方ない」って考えるようになってからは、お客さんが盛り上がるような曲じゃなくてもリラックスできるようになったよ。

スポンサーリンク

絶対リラックスできる!仲良い友達に前に来てもらおう

あなたは、高校や大学の受験のときに学校の先生に面接対策してもらった?担当してくれる先生が仲の良い先生だと全然緊張しないんだよねー。でも面接本番になると、周りは知らない人だらけで緊張しちゃう・・・。

ライブでも同じ。あなたはステージの上からお客さんを見て、知らない人とか仲良くない人ばっかりだと緊張しちゃわない?それなら、あなたの仲の良い友達に頼んで前の方に来てもらって、応援してもらおう!友達の顔が見えるだけでも安心するはず♪

どうだったかな?今日の話が、あなたが緊張せずにライブを楽しめるきっかけになれば嬉しいな。

次回もライブ本番でのミスについて話そうと思うのでお楽しみに!
つづきはライブ本番でベースの目立つミスが多いあなたに知って欲しい対処方法

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP