ベース初心者講座

ベースのtab(タブ)譜の読み方練習に!楽譜のリズムを読むアプリゲームRhythm Teacher

どうも、サックです。

今日はね、スマホにRhythm Teacher(リズム・ティーチャー)ってアプリを落として遊んでたよ。

このアプリ、ベースのtab譜(タブ譜)の読み方の練習にちょうど良さそうだった。

ちなみにAndroidだと無料、iPhoneは残念ながら有料みたい。

スポンサーリンク

Rhythm Teacher(リズムティーチャー)ってどんなアプリ?

Rhythm Teacherのがどんなアプリなのか、簡単に説明するね。

ルールはシンプル。

メトロノームの音に合わせて、画面上を音符が流れてくるんだ。その音符のリズム通りに画面をタッチするだけ。

タッチするのは右下のピンクで〇付いてるところね。

game

タッチしたタイミングによって3段階(A,B,C)で評価されて、得点がつくようになってる。そんで、総合得点によって金・銀・銅のメダルがもらえる。

太鼓の達人で言うと音楽がメトロノームになって、画面上に流れてくる太鼓の絵が音符になった感じかな。

最初のレベルでは、全音符だけが出てくるようになってる。で、レベルアップすると2分音符とか4分音符、8部音符、16分音符も出てくるようになる。変拍子も出てきたよ。

スポンサーリンク

Rhythm Teacherはどんな効果があるのか

始めはこのアプリがリズム感鍛えるのに役立つんじゃないかなーと思ってた。タッチしたタイミングが良いか悪いかを評価してくれるから。

だけどスマホって、機種によっては反応鈍くなるんだよね。サックが今使ってるスマホは、前に使ってたスマホよりも若干反応が遅く感じる。

だからこのアプリで高得点を取ろうとすると、逆にリズム感が悪くなりそうだと思ったよ。

じゃあこのアプリは何に役立つか。

それがリズム譜、つまり音符の読み方。

昔、吹奏楽部の友達がね、入部したばかりの頃は譜読みの練習ばっかりでつまんなかったって言ってた。だから部活に行きたくないって言って、休んでたw

でもRhythm Teacherだと練習っていうよりも、ゲーム感覚でできる。ゲームを黙々とするのが好きな人には向いてるんじゃないかな。

実際、サックは結構長い時間やってた。笑

まとめ

Rhythm Teacherについて、何となく分かってもらえたかな?インストールするには、こちらからどうぞー。

⇒Google PlayでRhythm teacherをインストール

⇒App StoreでRhythm teacherをインストール

起動すると全て英語表記になってると思う。なので別の記事に使い方をまとめたよー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP