初めてのベース購入

初心者のベース購入は近所の楽器屋で!ポイントは無料修理の行きやすさ

今日はベースを初めて買うなら近所の楽器屋さんがおすすめな理由のパート2。

前回の記事の最後で、遠くのお店でベースを買うことがおすすめできないって話をしたね。

理由の1つ目は、遠くのお店に行っても近所のお店と売ってるものが変わらないから。

今回は2つ目の理由。新品のベースを買うとついてくる、保証についての話だよ。

スポンサーリンク

無料保証使うと修理の値段が節約できる!使えるお店は?

ベースを近くで見たり触ったりしたことがある人ならわかると思うけど、ベースは大きくて重い。だから頑丈そうに見えるけど、意外と繊細なものなんだ。

特にネックは曲がりやすい。ネックっていうのは、ここだったね。

ネック

ベースによって丈夫さは違うけど、ひどいと1ヶ月に何回もネックを調整しないといけないこともある。ベースを買ったら、必ず経験することだと思ってもらっていい。

ネックは自分でも直せる。

だけど失敗すると、買い替えが必要にあることもあるんだって。だから特に初心者のうちは、楽器屋さんに行ってネックを直してもらうのがいいよ。

ただ、このときの料金が高い・・・。数千円とられることもあるんだ。しかも店員さんは作業を数秒で終わらせる。数秒の作業のために数千円って、なんだか損した気分にならない?

そんなときに役立つのが、無料保証。ベースを新しく買うと、買った楽器屋さんで無料保証をつけてもらえるんだ。

だけど基本的に、あなたのベースを買った楽器屋さんでしか無料保証は使えない。

だからもしあなたが自宅から遠い楽器屋さんでベースを買うとなると、無料で直してもらうには遠い楽器屋さんにわざわざ行かないといけないんだ。

スポンサーリンク

バンドしてると自宅から遠い楽器屋に行きにくい2つの理由

前回の記事でも言ったように、サックは自宅から離れたお店で初めてのベースを買った。無料保証期間は1年間。

で、1年間のうちに利用した回数は0回。理由は、ベース買ってから1年以上ベース弾いてなかったからww

まぁベースを弾いてなかった理由は、今は置いておこう。笑

サックが仮にベースを買った後にきっちりベースを弾いていたとして、ベースの調子が悪かったら買ったお店に持って行ったかって考えてみた。

答えはノー。

「絶対に持っていかなかった!」って断言できる!

だって、移動時間も交通費ももったいないもん

実際にバンドを始めてみると、ライブ前は「移動時間がもったいない!この時間にもっと練習したい!」って思うようになった。交通費も、使わなくて済むならなるべく使いたくない。バンドって結構お金がかかるからねー。なるべく節約したい。

でもね、2本目を近所のお店で買ったときは、何回か無料保証を使ったよ。交通費もかからないし、移動時間もちょっと増えるだけだったから。

近所以外で無料保証受けやすい楽器屋さんは?

家の近くの楽器屋さん以外では、あなたが通ってる学校の近くとか帰り道もおすすめ。とにかく、「あなたが楽器を持って気軽に寄れる場所」っていうのが大事なポイントだよ。

参考にしてみてねー。

次回は実際のお店で買うのとネット購入、どっちがおすすめかってお話↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP