ベース初心者講座

ベースピック弾きのミュートのやり方!開放弦使うときのコツは?

どうも、サックです。

ピック弾きでミュートするのって難しいよね。

指弾きでは簡単に弾けてたフレーズも、ピック弾きだとミュートができない。だからサックはピック弾きをずっと避けてた。特にすっごい下手くそなのが、開放弦が入ってるフレーズ。

だけど最近、やっと弾けるようになってきたよ!ちょっと成長してきたみたいで嬉しい!

今日はサックがつかんだコツを紹介するよ。あなたも開放弦のミュートに悩んでいるなら、参考になることがあるかも。

スポンサーリンク

指弾きと同じ方法だとピック弾きではミュートできない

サックが苦戦してたのはこんなフレーズ。4弦の開放弦から3弦2Fに変わるときに、4弦をミュートできない・・・。
譜例1-1
指弾きで弾くのは簡単なんだよね。左手でミュートしなくて大丈夫だから。
指弾き左手
なんでかって言うと、3弦をピッキングしたついでに、4弦も自然とミュートできちゃうから。
指弾き右手
指弾き右手2
でもピック弾きで同じように弾くと、右手ではミュートできない。
ピック弾き右手1
ピック弾き右手2
そうすると開放弦がいつまでも鳴り続けちゃう。楽譜にするとこんな感じ。
譜例2
実音でなくても、なんとなくボワーっとした雑音が聞こえちゃう。

スポンサーリンク

ピック弾きで開放弦あるフレーズでもミュートする方法

ミュートするには指で軽く触ればいい。もちろんそんなことは知ってる。問題は運指なんだよね。具体的にどうやって指を使えばいいのかがわからない!こうしてピック弾きめんどくさくなったのが昔のサック。笑

でも今回こそはピック弾きできるようになりたい!

曲を止めて、自分のベースの音を集中して聴きながら、いくつかミュートできそうな運指を試してみたよ。そしたら意外とすんなりとやりやすい方法を見つけた!

3弦2F押さえる指で、4弦も一緒に触ってミュートするのがやりやすかった。
ピック弾き左手
3弦2F押さえる指以外の指でミュートするのもありだね。
ピック弾き左手2
弦が隣り合ってないときは、同じ指でミュートする方法は使えない。その場合はこっちの方法だね。

やり方は色々あるので、1つの方法に縛られずに色々なやり方を試して、自分にあった方法を探すのがよさそう!

コツつかんだら曲に合わせてもミュートできるようになった!しかも初めて弾く曲でも、とっさにミュートできるようになってきたよ!

曲を止めてあなたのベースの音と向き合ってみよう

ベースの音だけ聴いてるよりも、曲に合わせて練習した方が楽しい。ベースの音だけ聴いて練習するのってつまらないんだよね。笑
でも上手くなりたいなら、曲の再生ボタンをちょっと止めてみて、自分のベースの音と向き合う時間が必要なんだなって改めて思った。

他にもミュートのパターンはあるので、思い出したり発見したら追記するねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP