中級者向け機材購入

コスパが評判のチューナー!KORGのpitchblackレビュー2

どうも、サックです。

KORGのpitchblackのレビューの続きをするよー。前回は、購入前に考えていた通りのチューナーだったのかを話した。

今回は、購入前から心配だった

  • 精度
  • 反応速度

についてお話するよー。

⇒前回の記事はこちら。

スポンサーリンク

心配だった点はどうだったのか

精度

±1セントあれば大丈夫だろうと思ってた精度。

バンドメンバーからもライブで演奏を聞いてる人からも、チューニングがずれてるって指摘されることはない。クリップチューナーのときと同じ。うん、やっぱり±1セントあれば十分かな!

・・・ってしばらくは思ってた。

だけど最近は、耳が良くなってきたせいか「なんだか気持ち悪い。」「ちょっと音がずれてる気がする。」っ感じることがある。バンドで合わせてるときにも、家で原曲に合わせてるときにもね。

バンドで練習中はメンバーに「サックなのか誰なのかわからないけど、音ちょっとずれてない?」って確認する。だけどみんな「そんなことないよ?」って反応。でも気になる・・・。

サックの思い違いなのか。それとも、精度が低いせいなのか。今はもうちょっと良い精度のチューナーが欲しい。

スポンサーリンク

反応速度

購入前にサウンドハウスの口コミ見て、tc electronicのPolyTune2の方が反応速度が速そうだなぁと思ってた。

でもpitchblackは反応が遅いのかっていうと、特別遅いわけではない。クリップチューナー使ってたときと同じか、ちょっと速いくらい。音を鳴らしてから一呼吸置けば動く。なので落ち着いてチューニングすれば、遅く感じることはないよ。

サックはこの点で不便に感じたことはない。

だけど人によっては、テンパっちゃうと遅く感じるかも。ライブの持ち時間が足りないときには注意!

pitchblackのレビューまとめ

pitchblackのチューナーを買って変わったこと

pitchblackを買う前と買う後だと、変わったことがあるのでお話しするね。

クリップチューナーのときは、自分のベースの音以外の音を拾うことがあった。でもペダル型チューナーだとシールドでベースとチューナーを繋げる。なのでpitchblackを買ってからは、ベース以外の音を拾うことでイライラすることはなくなった。やっぱりこれが1番嬉しいなぁ。

あとね、pitchblackは電源を入れるとベースの音がミュートされるんだよね。ミュート機能は便利だし、小まめにチューニングする癖がついたのもミュート機能のおかげ。

⇒pitchblackのミュート機能のおかげで成長できた件

精度と重さもおすすめのペダル型チューナーは?

だけどサックはpitchblackの精度がちょっと気がかり。それと前回の話に出てきた重さね。鞄の中に入れるとズッシリくる。

この2つを考えると、KORGのpitchblack miniの方が良かったかもなぁ。pitchblack miniはpitchblackをコンパクトしたチューナー。最近発売が始まったんだって。

電池込みで129グラムなので、pitchblackの半分以下の重さ。精度はpitchblackの10分の1の、±0.1セント。pitchblackより2000円上がるだけでコンパクトになって精度も上がるのはすごい!
しかもちゃんとトゥルーバイパスだし。電源つけたときはミュートもできる。

もし今使ってるpitchblackが壊れたら、次はpitchblack miniを買うのが有力だなぁ。

⇒KORGのPitchblackを買う方はこちら。

⇒KORGのPitchblack mini PB-MINIを買う方はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP