バンド初心者向け

全パート初心者向け!コピー簡単なバンド系アーティストのおすすめ曲~男性Vo.その2~

前回の記事では、全パートが初心者向けの曲を紹介した。

今回もその続き。コピーが簡単な、バンド系アーティストのおすすめ曲を紹介していくよ。

では、さっそくどうぞー。

⇒女性ボーカルのバンドを探してるならこちら。

スポンサーリンク

4人~5人バンド向け!ASIAN KUNG-FU GENERATION「アンダースタンド」

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアンカンフージェネレーション)、略してアジカン。

アジカンも初心者バンドでは定番。なんだけど・・・ドラムがくっそむずい!ドラム上手い人でも、原曲と同じように演奏してる人は意外と少ないんじゃないかな。結構みんな、簡単なフレーズに変えてるみたい。

もちろん、ドラム初心者はいきなりそんなことできないよね。

だからドラムが経験者で、他のメンバーは初心者ってバンドがアジカンをよく演奏してる。ドラムと違って、ギターとベースは簡単だし。

そんなアジカンだけど、「アンダースタンド」って曲はドラムも簡単。

テンポも速すぎず遅すぎずだから、バンド全体としてもまとまりのある演奏をしやすかったよ。

本家のメンバー構成は

  • ギターボーカル
  • リードギター
  • ベース
  • ドラム

の4人。ギタボが難しかったら、ギターとボーカルに分かれて5人でコピーしてもおっけー。

⇒ASIAN KUNG-FU GENERATION「君繋ファイブエム」のバンドスコア(原本)はこれ。

⇒ASIAN KUNG-FU GENERATION「アンダースタンド」のバンドスコアピース(データ)はこれ。

3人~5人バンド向け!DOES「修羅」

アニメ銀魂の主題歌で有名なDOES(ドーズ)。「修羅」も銀魂の主題歌だった曲で有名だから、ライブで演奏してもお客さんがノリやすい。しかも簡単。ただ、ドラムは持久力がいるけどね。

他の曲も、和を感じさせる雰囲気の曲が多くてかっこいいんだよねー。

⇒修羅以外のベース簡単な曲一覧はこちら。

本家のメンバー構成は

  • ギターボーカル
  • ベース
  • ドラム

の3人。これもギターとボーカルで分かれてもおっけー。よくギター2本でやってるバンドもあるよー。

⇒DOES「SINGLES」 のバンドスコア(原本)はこれ。

⇒DOES「修羅」のバンドスコアピース(紙)はこれ。

⇒DOES「修羅」のバンドスコアピース(データ)はこれ。

スポンサーリンク

キーボードもありな4人~6人バンド向け!スピッツ「猫になりたい」

「チェリー」でも有名なスピッツ。チェリーは初心者バンドの定番!だけどベースが難しい。サックもやったことあるけど、暗譜がすごいしにくかった。というかできなかった・・・。ギターとかドラムは同じこと繰り返してるだけで、すごい簡単なのに。

「探せばベースも簡単な曲あるんじゃない?」って思ったので探してみた。で、見つけたのが「猫になりたい」って曲。

ベースは8分音符のルート弾きがほとんどの曲。うん、これならかなり演奏しやすそう!

ただ、ギターが難しいというか・・・プレッシャーとの勝負かも。間奏のギターソロと、アウトロのギターのメロディラインが長いから。リードギターの人はリラックスして演奏しよう。

本家のメンバー構成は

  • ギターボーカル
  • リードギター
  • ベース
  • ドラム
  • キーボード

の5人。だけどキーボードは目立たないから、いなくても何とかなる。なので4人だけでも大丈夫だし、ギターとボーカル分かれてキーボードもいる6人構成でもコピーできるよ。

⇒スピッツ「ベストコレクション」のバンドスコア(原本)はこれ。

⇒スピッツ「猫になりたい」のバンドスコアピース(データ)はこれ。

簡単な曲なのに演奏できない!?対処法は?

紹介してきた曲は、なるべく簡単そうな曲を探した。だけどそれでもすぐには演奏できるようにならないはず。もしそうなっても、あなたやバンドメンバーに才能がないんじゃない。ごくごく普通のこと。

そんなときは諦めずに何度も練習したり、演奏しやすいようにアレンジしよう。アレンジって言うと難しそうだけど、要は簡単な楽譜に変えちゃおうってこと。

⇒ベースの簡略化のコツはこれを参考にどうぞ。

始めのうちは全部が難しく感じると思う。サックもそうだった。今思い返すと、なんであんなことにつまづいてたんだろうってことだらけ。それでも、毎日少しずつでも練習すれば必ず上手くなるよ。ちょっとずつ成長していこう。

何かわからないことがあれば問い合わせから連絡してねー。

前回の記事も見たい人はこちらから↓

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP