ベース初心者講座

ベースの練習におすすめの電子メトロノームってあるの?

どうも、サックです。

ベースの練習に欠かせないメトロノーム。リズムキープの練習したり、周りの音を聞くのにも役立つんだよね。

そんなメトロノームだけど、おすすめってあるの?って思ってる人が結構いるみたいだね。

サックはいくつかメトロノームを使ってきたけど、特におすすめってほどのものはない。使えればどれでもいいよ。どれもたいして変わらなかったから。

ただし、一部のメトロノームを除いて。使いにくかったメトロノームとか、サックは使ったことないけど不便そうなメトロノームもある。

今回はサックが手に入れたメトロノームの失敗談や、今使ってるメトロノームを確認しながら、メトロノームを選ぶときのポイントをチェックしていこうと思うよ。

スポンサーリンク

昔ながらのメトロノームより電子メトロノームの方が使いやすいけど・・・

メトロノームにも種類がいくつかある。メトロノームの定番といえばこんなやつじゃないかな?
メトロノーム
学校の音楽室とかに置いてあるよね。

吹奏楽部がよく使ってたけど、こういうメトロノームは音が大きすぎてうるさかったwサックは高校生のとき、音楽とは関係ない部活やってたんだけど、廊下からメトロノームの音が漏れてきてたもんw

ところがベースの初心者セットについてきたメトロノームは、サックがイメージしてたメトロノームとは違った。電子メトロノームってやつ。

電子メトロノームだとイヤホンを挿して使えるから、周りに音が漏れない。ベースの練習はほとんど家でする。だからイヤホンを挿せるのはめっちゃ便利!

サックももちろん、イヤホンを挿してみた。だけどちょっと問題があった・・・。

メトロノームの音を鳴らしてみたら、鼓膜が破れるかと思うくらいうるさい。

このときのサックは音量を下げ忘れてたwイヤホンを挿したら音量を下げないといけないらしい。慌てて音量を下げたよ。と、ここまではメトロノーム自体には問題ない。

問題はここから。

音量はボタン式で、4段階だか5段階で調整できるようになってる。また耳が痛くなるの嫌だから、とりあえず1番小さくした。

で、イヤホンから音を聞いてみたんだけど・・・

まだめちゃくちゃうるさいじゃないか!数秒間も聞いてられない!!

これ以上下げると音量は0、つまり何も聞こえなくなっちゃう。

これはイヤホンなんて使ってられない。だから仕方なく、イヤホンを使わないでいた。

当然、家族からはうるさいって言われまくったwそりゃーそうだ。しかもサックの家はマンションだから、近所迷惑にもなってたと思う。

だから他のメトロノームを買うことにしたよ。

スポンサーリンク

音量を微調整できるKORGのMA-1を買ったよ

下調べとか何もせずに、とりあえず楽器屋さんに行ってびっくりした。メトロノームって意外とたくさんあるんだね。

とりあえずボリュームを微調整できれば何でもいいと思った。見た目で気になったものを、店員さんに頼んで確認してもらったよ。

そんでサックが買ったメトロノームがこれ。KORGのMA-1ってやつ。
KORG METRONOME MA-1
ボタン式じゃなくてダイヤル式。だからボリュームを微調整できるようになってる。
KORG METRONOME MA-1(ボリューム)
ボリューム調整のしやすさ以外は、前のメトロノームと変わらない。まぁ普通のメトロノーム。

電子メトロノームで設定可能なBPMは200~250くらいまで

ずっとこのメトロノームが使いにくいとか感じることはなかった。でもあるとき、「もしかしてこのメトロノームって性能悪い?」って思うことがあった。

どんなときかっていうとね、速いテンポの曲をやるとき。このメトロノームはテンポ設定がBPM252までしかできないんだ。

もっと速いテンポまで調整できるメトロノームないのか探してみた。だけどどうやらなさそう。電子メトロノームはこのくらいが普通らしい。

むしろ200ちょいまでしか設定できないものもあるから、そういう意味では性能良い方だったみたい。

全然気にしてなかったけど、BPM252まで調整できるのを買ったのはラッキー。252を超えることは滅多にないけど、200を超えることは結構頻繁にあるからね。

まとめ

サックが次に電子メトロノームを買うとしたら、

  • 音量はダイヤル式などで微調整できるか
  • BPM250くらいまで設定できるか

ってことは気をつける。後は見た目で決めちゃうかな。参考にしてみてね。

⇒KORGのMA-1(BLBK)はこちら。

上のリンクはサウンドハウスに飛ぶよ。
⇒「サウンドハウスって何?」って人はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP