初めてのベース購入

家庭用ベースアンプのワット数は15Wいるのか?10Wでもいい理由

どうも、サックです。

ベースアンプについて調べてると、商品詳細のところに出力〇W(ワット)って書いてあるよね。このワット数、家庭用のアンプだといくつあればいいのかよくわからないよね。

サックは以前、ベースアンプを買おうと思って調べてるときに15W(ワット)以上がおすすめだって情報を見た。ワット数とかよくわからないし、とりあえず15W以上がいいのかなぁってぼんやりと思ってた。

だけどさっき調べなおしてたら、10Wでいいじゃんって気付いたよ。

スポンサーリンク

サックが今まで使ってきたベースアンプは10Wだった

そういえばサックが今まで使ってきたアンプって、ワット数いくつだったっけ?気になったので調べてみたよ。

そしたら見事に全部10Wだった。

まずサックが今使ってるIbanez(アイバニーズ)のアンプ。IBZ10B。
Ibanez IBZ10B
それから、Ibanezの前に使ってたVOX(ボックス)のアンプ。Pathfinder Bass 10。

あとFERNANDES(フェルナンデス)のアンプ。BS-15。これは初心者セットについてきたやつ。

商品名に「15」って書いてあるから15Wだと思ってたけど、10Wだった。

ちなみに上2つ、IbanezとVoxのアンプは最近の初心者セットでも良く見る。1番下、FERNANDESのアンプは生産中止みたい。

スポンサーリンク

10Wでも音やキャパ悪くないものもある

これだけ10Wのアンプを使ってきてると思うことがある。10Wでも音やキャパ悪くないものはある。

順位つけるなら、FERNANDES>Ibanez>VOXって感じ。

VOXのアンプは家で練習に使うにしてもひどかった。Ibanezは練習する分にはまぁいっかってくらい。今思うと、最初に手にしたFERNANDESが1番良かった。

同じ10Wでも質は結構違うらしい。

だから15Wであることにこだわるよりも、10Wのアンプでも質が良いものならいいんじゃないかなと思う。

15W以上をおすすめしてるサイトさんでも、紹介してるアンプは10W

でもサックは15Wのアンプを使ったことがない。だから知らないだけで、15Wの方がやっぱり良いなんてパターンもあるのかなって思った。

でもさっき久しぶりに、参考にしてたサイトさんを見てて気付いた。

「あれ?このおすすめしてるアンプって、サックが使ってたアンプだ。もしかしてこのサイトさんで具体的におすすめしてるアンプって、10Wのやつばっかりじゃない?」って。

実際に全部調べてみたんだけど、ほとんどは10W。やっぱりワット数は10Wあれば良いように感じる。

まとめ

今回の話をまとめると、

  • 10Wのアンプでもまぁまぁ良い音のアンプはある
  • 15W以上がいいって言ってるサイトさんでもなんだかんだ10Wのアンプをおすすめしてた

ということで、ベースアンプは15W以上ってことにこだわらなくても10Wあれば良くないかと思う。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP