ベース初心者講座

料金や時間ギリならレッスンでベースを習うべきでない?独学した理由

前回はベース教室でレッスンしてもらうメリットをお話したね。

プロの人に習うと上手くなりそうって感じたことがたくさんあった。だけどサックは結局、習うべきじゃないと思った。独学することにしたんだ。

お財布の事情で料金払うのがギリギリ。しかも時間もあまりないと、上手くならないんじゃない?って思ったからね。

スポンサーリンク

教室でプロに教わっても、練習しないと上手くならない

サックは昔、ピアノを習ってた。だけど全然上手くならなかった。ちゃんと丁寧に教えて持ってたのに。

このときは小学生だから、月謝は親に払ってもらってた。ピアノ以外の用事は塾だけだから、時間もあった。

じゃあなんで上達しなかったのか。理由は簡単。

家で全然練習してなかったから。発表会の前しか練習してなかったw

当たり前の話なんだけど、教えてもらってるだけじゃ上手くならないんだよね。家に帰ってからちゃんと練習しないと。

月謝が高いからバイトを増やして、練習時間が減る

じゃあ練習すればいいだけの話。だけどそんな単純なことでもない。

小学生や中学生ならともかく、高校生、ましてや大学生が親にベース教室の月謝を払ってもらうのってどうなの?って思った。家庭環境とかにもよると思うんだけど、サックは親に言えなかった。

だからバイトを増やさないとだったんだ。

組んでるバンドの曲練習と週1回のスタジオ練習、週末はサークルのライブ観に行く。さらにバイトとレッスンの時間まで増えると、結局レッスンのための自宅練習の時間を確保するのが難しい。

となると、さっきも言ったような上手くならないパターンに陥るんだよね・・・。

スポンサーリンク

バンド練習の日程決めの融通が利きにくくなる

あとね、もしバイト増やしてレッスンの時間も作るってなると、バンド練習の時間合わせるのが大変になりそう。

もちろん、用事があるのは自分だけじゃない。バンドメンバーそれぞれにもバイトとか勉強とか、色々ある。自分の隙間時間が減るってことは、今よりもバンド練習の日程合わせが大変になるんだよね。

バンドのためにベースを習うのに、バンドの練習が疎かになるのは元も子もない。

まとめ

お金や時間に余裕があって、家でも練習がんばれる意欲的な人なら、習うと上手くなるはず。だけどそうでないなら、必ずしも上手くなるとも限らない。

だからサックは結局、習わずに独学で練習したよ。質問なら、友達に聞けば教えてもらえるしね。

もしあなたが独学で練習していこうと思ってて、でも教えてくれる人が身近にいない。そんなときは、サックでよかったら相談に乗るよ。

何か悩んでることや質問があれば、お気軽に連絡してね。些細なことでもお待ちしてるので。

⇒問い合わせはこちらから。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP