ベース初心者講座

ベースやギター用ポリッシュ購入前の注意!塗装の種類を確認しよう

どうも、サックです。

これからポリッシュを買おうと思ってるあなたに、注意して欲しいことがある。購入前には、あなたのベースやギターのボディがどんな塗装の種類なのか確認しよう。

今回は、なんで塗装の種類を知る必要があるのかをまとめたよ。

スポンサーリンク

ラッカー対応のポリッシュならおすすめ!・・・とも限らない

楽器屋さんとかネットでギター用ポリッシュを探すと、1番目につくのがラッカー塗装に使っていいか使っちゃダメなのかって文字。ラッカー塗装っていうのは、ベースとかギターの塗装の種類ね。

一見、ラッカー塗装OKなのを買うのがおすすめそう。だけどそれはそれで、別の種類の塗装だとNGだったりするんだ。

例えば、イシバシ楽器の「Mavis」ってメーカーのポリッシュ。これはラッカー対応。

ポリッシュ(ラッカー対応)

だけど使用方法をチェックすると、別の塗装についての注意書きがあった。サテンフィニッシュって塗装、それからラッカーが入ってても特殊な塗装だと変色するかもなんだって。

ラッカー塗装対応のポリッシュ注意3

サックのベースの塗装って、何だろう?ラッカー塗装ってやつだったら、このポリッシュは正解。だけどもしサテンフィニッシュだったら・・・考えるだけで恐ろしい。

スポンサーリンク

安心してポリッシュを買うにはボディの塗装の種類はスルーできない

じゃあ、どんな塗装にでも使えるオールマイティーなポリッシュを買えば良さそう。で、探してみたんだけど、見つからなかった。

やっぱりどうにかして、塗装の種類がわからないとダメそう。

ってことで、自分のベースがどの種類の塗装なのか調べてみることにしたよ。だけどベースのメーカーの公式HPを見ても書いてない。楽器屋さんのHPにもない。

次にラッカー塗装の特徴とかを調べてみたんだけど、こっちは難しいことばっかり書いてあった。文章読むのも嫌になっちゃった。うーん、どうしたものか・・・。

で、結局は一か八か。「とりあえず」でこのMavisのポリッシュを買ったんだ。

使うとき、塗装が変にならないかドキドキだったよ。溶けたり変色したりしなかったからセーフ。どうやらサックのベースはサテンフィニッシュじゃないらしい。

だけどできることなら、買う前に塗装の種類がわかりたかったなぁ。もし使えないやつだったら、お金ももったいなかったし。

まとめ

ということで、あなたにはポリッシュを買う前に塗装の種類を確認してから買うことをおすすめするよ。

とはいえ、やっぱり塗装の種類を見分け方って、楽器に詳しくないと理解するのは難しいと思う。

でも先日、読者さんに質問されて調べなおしてみたんだ。そしたら意外とわかるようになってた!楽器にあまり詳しくなくてもわかるように記事にしたので、よかったら参考にしてみてね。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP