ベース(本体)

ジャズベにプレベ、スティングレイにもなる!?G&L L-2000の特徴

G&L(ジーアンドエル)?L-2000?聞いたことなぁ・・・。

というあなたにもわかるように、G&Lがどんなメーカーなのか、そしてL-2000の特徴をまとめたよ。

スポンサーリンク

G&Lってどんなメーカー?創業者レオ・フェンダーの歴史

あなたはG&Lってメーカー、知ってる?

知らない、聞いたことがないって人も多いと思う。サックも、ネットで調べたり楽器屋さんで話を聞くまで全く知らなかった。

G&Lの創業者の一人は、レオ・フェンダーって人。この人、ベースの世界ではめちゃくちゃ重要人物なんだ。

フェンダーでプレベとジャズベを開発

フェンダーって名前は、あなたも聞いたことがあるはず。そう、ベースやギターで最も有名なメーカー「フェンダー(Fender)」と同じ名前だよね。

もうお察しだと思うけど、このフェンダーって会社名は、レオ・フェンダーさんの名前を取ってフェンダーになった。ベースで最も有名なプレベも

ジャズベも

どっちもレオ・フェンダーさんが開発したもの。

その後、健康の問題でレオ・フェンダーさんはフェンダー社を売却しちゃうんだけど・・・ここで終わらなかったのがさらにすごいところ!

ミュージックマンでスティングレイを開発

「技術者として新製品を開発したい」っていう気持ちもあって、今度はミュージックマンって会社を設立したんだ。そしてスティングレイってベースを開発した。

ジャズベやプレベほどじゃないけど、このスティングレイも聞いたことがある人多いんじゃないかな。サックの周りにも、使ってる人はちらほらいた。丸っこい形が、だんだんかわいらしく見えてくる。笑

だけどこのミュージックマン社も、売却することに。

G&L(ジーアンドエル)でL-2000を開発

そして最後にG&L社で開発したのが、L-2000。

L-2000はレオ・フェンダーさんの集大成。これ1本で、プレベ・ジャズベ・スティングレイのそれぞれに似た音が出せるようになってるんだ。

ちなみにG&LのGはジョージ・フラートンさんのG。フェンダー社の設立当初に、レオ・フェンダーさんと一緒に開発を手掛けてた人。Lはもちろん、レオ・フェンダーさんのL。

L-2000は音作りの幅広さがすごい!音作りの仕組み

なんでL-2000が色々な音を出せるか。理由はこのたくさんのコントロールにある。

ボリューム・高/低音域の調整用つまみ

画像で下側の3つが、ボリュームとかを調整するつまみ。どのベースにもついてる、クルクル回転するタイプ。

それぞれがどんな役目をしてるかは、ネック寄りのつまみから順番に、

  • ボリューム・・・音量調整
  • トレブルカット・・・回すほど高音域をカット
  • ベースカット・・・回すほど低音域をカット

ピックアップについて選べるセレクター

上側の3つが、ピックアップについて選べるセレクター。

こっちはあまり見ないタイプだよね。基本的に3段階式になってて、動かすとカチカチ音が鳴るよ。

それぞれの役割は、ネック寄りのセレクターから順番に、

  • 使うピックアップを選ぶ・・・フロントだけ、フロントとリアの両方、リアだけ
  • ピックアップの接続方法を選ぶ・・・シリーズ(直列)、タップ、パラレル(並行)接続
  • アクティブ・パッシブを選ぶ・・・アクティブ(トレブルブースト)、アクティブ、パッシブ

※ただし、ピックアップ接続方法の「タップ」は日本仕様のみ設定可能。

音作りのポイントになるのが、このセレクター。この組み合わせ次第で、ジャズベやプレベ、スティングレイみたいな音を再現することもできる。

例えば、

  • フロント&リア・タップ接続・パッシブにして、パッシブのジャズベ
  • フロント・シリーズ・パッシブにして、プレベ
  • リア・パラレル・アクティブにして、スティングレイ

セレクターの組み合わせは、単純計算で27パターン。

それだけ音作りに幅があるので、買ってからそれなりに経っても「え?まだこんな音あったの!?」って新発見がある。だから遊んでると、時間をついつい忘れちゃうw

セレクターをいじったときの音の違いは、こちらの動画が参考になるかと。音出しは3:30くらいからだよ。

ただし、実際にライブで使えるような音は数パターンってネットでも評判。サックもいくつかしか使ったことない。

終わりに

G&Lがどんなメーカーなのか、L-2000がどんなベースなのか、なんとなくわかったかな?

ちなみにL-2000は大元のUSA製、日本製のjapan premium(ジャパンプレミアム)シリーズ、インドネシア製のtribute(トリビュート)シリーズに分かれてるよ。

japan premiumシリーズについてはレビュー記事を書いたので、気になった方は下の記事からチェックしてみてね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ベース(本体)

    評判悪い島村だけど意外と楽器の評価は…CoolZのベースを買った理由

    どうも、サックです。よく読者さんに「どんな機材を使ってるんです…

  2. ベース(本体)

    2本目に買ったG&LのベースL-2000 premiumレビュー

    サックが2本目に買ったベースが、G&LってメーカーのL-2000(ja…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP