ベース初心者講座

ベースを弾くと痛みを感じる!どう対処する?

どうも、サックです。

読者さんからお問い合わせをいただいたよ!

内容は努力家ゆえの悩み。ベースをたくさん練習してたら、左手首のあたりが痛むようになっちゃったんだって。

サックもベースを弾いてて痛みや違和感を感じたことが、何回もある。たぶんこれは、多くの人が一度は悩むこと。

なので今回は、痛みや違和感を感じたときにどう対処すればいいのかをお話するよ。

スポンサーリンク

安静にする

痛みを感じたり違和感を感じるってことは、あなたの身体からの危険信号。身体が無理をしてるってことを教えてくれてる。

今は我慢できるから大丈夫。そう思ってると、必ず限界がやってくる。日常生活に支障が出ることだってあるし、ベースを弾けなくなるかもしれない。

そうなる前に、休憩して身体を休めてあげることが大事。

よく「ベースが上手くなりたいなら、練習は毎日しよう」って話を聞くよね。「1日練習を休むと3日分下手になる」なんて言葉もある。

これはたしかに大事にした方がいい考え方。やっぱり練習をすれば、その分上手くなるもん。数日休んで練習を再開した直後は、びっくりするくらい下手になってるしw

だけどね、しんどいときは休んでもいいと思うんだ。

練習することが身についてるあなたなら、休んだ分は必ずその後に取り返せるから。「下手になった!?」って焦っても、本当に下手になってるわけじゃない。少し練習してるうちに、すぐに感覚を取り戻せるからね。

これまで積み上げてきたものは、必ずあなたの力になってる。だいじょーぶだいじょーぶ。

今よりも状態が悪くなって何日も休まないといけない。最悪、もうベース弾けないってなる前に、休んじゃおう。

弾き方を見直す

じゃあ痛みが落ち着いて練習を再開するとき、どうするよって話。

痛みを感じる原因は、力の入れすぎであることがほとんど。

  • フォームが上手くできなくて、変なところに力を入れちゃう
  • ベースは力を入れて弾くものだと思っている

初心者の人は1つ目なパターンは多いんじゃないかな。2つ目については音の好みとかポリシーもあるかと思う。だけどどっちの人にも言えるのは「このまま同じ弾き方してると、同じことを繰り返すだけだよ?」ってこと。

なのでまずはピッキングや運指の力を、今よりも少し抜いてみよう。案外、それでもちゃんと弾けることもあるから。

フォームが上手くできない場合は、教則本を見直したりして初心に帰ろう。リラックスして弾けるフォームがきっと見つかるので。

スポンサーリンク

練習の負担を減らす

あとしばらくは、痛みを言い訳にして甘えちゃうのもおすすめ。フォームの改善はすぐにできないこともあるしね。

練習する時間をいつもより減らしたり、休憩を多めに取る。練習メニューを簡単なものに変えるのもいいね。

ライブが近いときは?

ただし「ライブが近いからそれどころじゃない・・・」って場合は、これを実行するのは難しいよね。個人だけでベースを弾いてるときとはちょっと違って、時間に制限があるから。練習時間を減らすと、ライブに間に合わなくなる。

そんなときは、やっかいなフレーズを簡略化しちゃおう。そしたら練習時間を減らしても弾きやすいし、練習メニューも軽いものになるから。

簡略化については、こちらの2記事を参考にしてみてね。

⇒ルート弾き簡略化

⇒繰り返し簡略化

まとめ

ベースを弾くと痛みがあるときの対処法をもう一度まとめておくと。

  • まずは痛みが落ち着くまで、安静にする
  • その後は弾き方を見直す
  • 練習の負担を減らす

参考にしてみてね。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP