中級者向け機材購入

値段安いしベースに優しい!条件合えば万能な壁掛け式ギタースタンド

今回はギタースタンドの紹介、3種類目。壁掛け式のギタースタンドについて。

このタイプは、あなたの部屋の環境が

  • 壁に穴を開けてOK
  • 丈夫で安定しているネット(網)がある

のどっちかに当てはまるなら、他のギタースタンドよりも優秀だと思ったよ。立てかけ式の買いやすさと、吊り下げ式のベースへの優しさを合わせたような感じになるから。

他にもプラスαでいいことがあるしね。

スポンサーリンク

仕組み

壁掛け式の仕組みは、吊り下げ式とほとんど同じ。

吊り下げ式では、ネックの部分だけを支えてたよね。ボディの下からは支えずに。

壁掛け式でも、ネックのあたりを支えるだけ。吊り下げ式でネックを支えてた部分だけを、抜き出したような形してるよ。こんな感じで。

⇒HERCULES STANDSのGSP39WB

で、これをあなたの部屋の壁に取り付けて使うんだ。

壁に穴を開けたくない場合は、フックになってる網賭けタイプもあるよ。詳しくは、後で紹介するね。

メリット

ネックに優しい

吊り下げ式は立てかけ式よりも、ネックに優しいって話だったよね。ボディを支えずに、ネックだけを支えるから。

壁掛け式でもこのメリットは同じ。ネックに優しい作りになってるよ。

値段が安い

吊り下げ式に似てるから、やっぱり値段も高いんだろうなーって思ってた。

だけど以外に、値段は安い。自動ロックがないものなら、立てかけ式とあまり変わらなかったよ。部品が少ないからなのかなぁ・・・。

自動ロックがついてるハーキュレススタンドのは、さすがに立てかけ式よりも高い。だけど吊り下げ式よりは安かった。

省スペースでOK

部屋が狭かったり物がたくさん置いてあると、ギタースタンドを置くのもきついんだよね・・・。サックも引っ越すまでは、ギリギリだったw

当時は、立てかけ式のギタースタンドしか知らなかった。だけど壁掛け式を知ってたら、部屋の整理ももうちょっと楽だったと思う。

壁掛け式だと、ギタースタンドやベースを床には置かないからね。部屋のスペースはほぼ使わないで済む。

昔のサックみたいに、部屋にスペースがない人はもちろん、複数のギターやベースを持ってる人にも壁掛け式は人気があるみたいだよ。

インテリアとしてもおしゃれ

このタイプは滅多に見ないけど、1回だけスタジオで使ったことがある。いつもと同じようなスタジオなのに、そのときは楽器を置くだけでなんだかおしゃれに見えた。

おしゃれな人は、インテリアにも活用してる人もいるみたいだよ。こちらのサイトさんでは、おしゃれな飾り方をたくさん紹介してた。気になる人はチェックしてみてね。

⇒大切なギターの収納方法!実用編からおしゃれなインテリアまで

デメリット

強度が足りないと危険

良いことだらけだけど、このタイプを使うならギタースタンドと壁の強度には気をつけた方がいい。

物によっては、取り付けてすぐにバキッ!と折れることもあるらしいから。あとは壁側の強度が足りなくて、ギタースタンドが外れたり。

壊れたときにベースが落下することを想像すると恐ろしい・・・。

壁に穴を開けられない場合は?フックになってる網賭けタイプについて

壁掛け式には興味がある。だけど賃貸だから穴を開けられないとか、部屋の模様替えのときに位置を変えたいって人もいると思う。

そんなあなたは、フックを引っ掛けるだけでOKな網掛けタイプもあるよ。楽器屋さんでよく見るのはこっちな気がする。こっちなら、壁に穴を開けずに使えるよ。

ただし、部屋にフックを引っ掛けられる丈夫なネットがない場合は、新しく買わないとなので気をつけてねー。

例えばこんなネットとか。

⇒ARIAのディスプレイネット(DS-918 )とサイドバー(SP-918)2本1組のセット

ネットはどんなのがいいの?

ネットは柔らかいのだと、曲がっちゃうんだって。だからギタースタンドの強度だけでなく、ネット自体にもベースの重さに耐えられる強度が必要。

それにしっかり固定しないと、地震が来たときに倒れちゃう。ってことで、突っ張り棒のあるものを使ってる人が多いみたい。

ギターやベース用だと値段がかなり高いので、一般的にも使われてるネットを活用してる人もいるよ。

⇒機材レビュー「ギター吊し間仕切り・ネット 伸縮間仕切り70 vs SIM-625」★★★★★

アイリスオーヤマの伸縮間仕切りは、パネル1枚あたりの耐荷重が10kg。なのでベースを置いても、ネットが曲がることはそうそうなさそう。

⇒アイリスオーヤマの伸縮間仕切り(70 ホワイト)

それでもネットも買うとなると、なんだかんだでそれなりの値段になっちゃう。ベース1本だけを置くなら、吊り下げ式の方が安い。

評判がいいギタースタンドは?

壁掛け式のギタースタンドについてわかったかな?

最後に、評判のいい壁掛け式のギタースタンドをまとめておくねー。(リンクはサウンドハウス)

壁に取り付けるタイプなら、ハーキュレススタンドのが良さそうだったよ。強度がしっかりしてるし、もし壁から外れたときも自動ロックのおかげで楽器は落下しなかったって人もいるみたいだから。

それに穴を開けるとなると、何回も付け替えるわけにもいかない。なのでこれくらいしっかりしてた方が良さそう。

⇒ハーキュレススタンドのGSP39WB

網掛けタイプは、自動ロックがない安いものだとARIAのが評判良い。すぐに壊れたって口コミもなかった。

⇒ARIAのGH-013

だけどやっぱり安心なのは、自動ロックがあるハーキュレススタンド。

⇒ハーキュレススタンドのGSP39HB

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP