初めてのベース購入

KORG(コルグ)のカード型ギター・ベース用チューナーGA-1レビュー~その2~

実際にKORG(コルグ)のGA-1を使ってみたよー。

スポンサーリンク

準備

まずは電池を入れるので、裏面にある蓋を開けて

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%b0%8110

左側をマイナス(へこんでる方)、右をプラス(出っ張ってる方)にして2本入れる。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%b0%8111

で、蓋を閉め・・・あら、閉まりきらない。ちょっと浮いちゃう。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%b0%8112

電池に向かって押さえ込みながらスライドさせたら、ちゃんと閉まった。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e9%96%8b%e5%b0%8113

シールドでベースと繋げて

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a81

赤い電源ボタンを入れる。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a82

お、画面にメーターが表示された!

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a84

いつも通りチューニング

まずは4弦を弾いて音を出して

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a83

メーターをチェック・・・ん?表示が変わらない。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a84

なんでだろ。よくわからないので、説明書を読んでみたよ。

どうやら初期設定だとギターモードになってるから、ベースの低音は判定してくれないらしい。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a85

ってことで、G/Bボタンを押してベースモードに変更。右上にGUITARって表示されてたのが、BASSに変わった!

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a86

そんでもう1回、4弦を弾いてみる。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a83

よし!今度はちゃんと表示された!

左上に4Eって表示されてるのは、4弦を正しくチューニングしたときの音程(E)が近いってことを表してる。若干まだ低いけど、だいたい合ってる。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a87

チューニングを狂わしてやり直し

ここで思い出した。このベース、最初からチューニング済みだったw

ってことで、敢えてペグを緩めて(ベースの音程を下げて)、もう一度やってみることに。

再度4弦を弾いてみると・・・うーん、また何も表示されないや。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a811

反応が悪いのかな?ちょっとペグを締めて(ベースの音程を上げて)、もう1回。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a811

ダメだー、なぜだー。

仕方ないから、耳である程度合わせてみた。

出た出た!4Eの文字!

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a87

いきなりチューナーを使うというよりは、先にある程度チューニングしておかないと使えないみたい。B,E,A,D,G,Cの近くじゃないと、何も表示されないようになってるらしいから。

※E,A,D,Gはそれぞれ4弦、3弦、2弦、1弦をレギュラーチューニングしたときの音。BとCは、5弦ベースや6弦ベースをレギュラーチューニングするときに使う。

説明書にも、先におおまかにチューニングするように書いてあったわw

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a89

サウンドボタンを押すと、正しい音程よりも2オクターブ高い音が鳴るようになってるんだって。

だから音感がある人なら、これに軽く合わせてからメーターを見れば大丈夫。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a810

だけど今まで音楽にあまり関わってなかった人は、もしかしたらこの音に合わせるのも難しいかも。サックも昔できたかって考えると、自信ない。

ベースモードだと音程だけでなく弦の数も表示してくれるから、使いやすいって思ってた。だけどクロマチックモードだったら、どんな音でも表示してくれるのになぁって思っちゃった。

クロマチックモードがついてないのは残念だなぁ。

チューニング中じゃない弦が表示される

他の弦もこんな調子でチューニングしていったんだけど、ちょっと気になることが。

3弦をチューニングしてると、途中で4Eとか1Gの表示が出たんだ。

3弦をチューニングしてるから、表示されるなら3Aなはず。なのになんで?って思ったけど、これはE,Gが近いってことを表してるだけだった。

チューニングは、低い音程からちょっとずつ上げていく。なのでAに合わせるには、EとかGを通過することになるんだ。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%8a%e3%83%bc%e4%bd%bf%e7%94%a812

他にも、2弦では2Dの他にもLBと3A。1弦のチューニング中には1Gの他に4Eも表示されたよ。4弦もLBが出るみたい。

数字を見てると、今どの弦をチューニングしてるのか頭の中がこんがらがってきちゃうw

なので冷静に頭の中で整理しながら見る。それか目的の文字以外はスルーして、自分の耳を信じてある程度合わせた方が良さそう。

反応速度と精度

反応速度と精度はピッチクリップ(KORGのクリップチューナー)と比較してみたよ。

そしたら、反応速度も精度も全く同じだったw

けど体感的には、ピッチクリップよりもGA-1の方が良い。

GA-1は目盛りが細かい分、針がたくさん動くことになる。だから速く動いてるように見えるみたい。

それに目盛りが細かい分、ちょっとペグを締めるだけでちゃんとチューナーにも反映されたよ。そのおかげで、こっちの方が力加減をコントロールしやすかった。

画面が大きいって、いいことだったんだなぁ。

こんな人におすすめ

KORGのGA-1は、こんな人におすすめだと思ったよー。

  • 音感のある程度ある人
  • 最低限の機能だけあればいい人(メトロノームなど他の機能は付いてないので)

参考にしてみてね。

下のリンクはサウンドハウスに飛ぶよ↓

⇒KORGのGA-1はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP