ベース初心者講座

ドラマーと目が合う理由を調査!ベーシストも合わせると上達する?

どうも、サックです。

あなたはバンド練習のときやライブのときに
やけにドラマーと目が合うことはない?

見られてると思うと
緊張してくるよね。

ドラマーがベーシストの方を見ることには
理由があるんだ。

サックが実際にドラマーに聞いてみた
ベーシストを見てくる理由をまとめたよ。

スポンサーリンク

ドラマーと目が合う理由5つのパターン

ドラマーと目が合う理由は
5つのパターンだったよ。

ベースがずれているから

ベースとドラムが合っていないことは
バンドにとって致命的だよね。

だからベースがリズムがおかしいと
気にせざる負えない。

それでベーシストの方を
見てくるってパターン。

特にベーシストが初心者で
ドラマーが経験者だと
このパターンが多いよ。

ドラマーが自信がないから

ベーシストに問題があるんじゃなくて
ドラマー自信に問題がある場合も
ベーシストを見てくるよ。

リズム感やタイム感に自信がないと
どうにかベースに合わせようとする。

だからベーシストの方を見てくる。

もっと息を合わせるため

ベーシストとドラマーのどちらにも
リズム感やタイム感の問題がなくったって
ベーシストの方を見てくるドラマーもいるんだ。

それは今よりももっと
リズム隊の息を合わせるため。

ベースが聞こえないから

意外と多いのがこれ。

ドラマーにはベースの音が聞こえていないパターン。

ドラムを叩く音って周りの人が聞いている以上に
ドラムを叩いている本人にはすっごく大きく聞こえる。

だからベーシストのあなたには
十分聞こえる音量でベースを弾いても
ドラマーには聞こえていないことがある。

そんなときはアンプやベース本体で音量を上げたり
アンプをドラマーの方向に傾けてあげよう。

 
人は目で見ている方に
意識が向く。

だからドラマーはベースと合わせようと思ったときに
ベーシストの方を見ることが多いよ。

目を合わせた方が楽しめるから

ドラマーがベーシストを見てくる理由は
ベーシストに合わせるためだけじゃないよ。

人と目を合わせてた方が楽しいってドラマーもいるんだ。

笑顔にはリラックス効果やポジティブな思考になれる効果がある。

目を合わせてバンドメンバーと微笑み合うことで
リラックスしていつも通りに演奏できたり
失敗をイメージしてしまうことを防げるよ。

スポンサーリンク

ベーシストも見た方がいいの?ドラマーを見ることの効果

ドラマーがあなたの方を見てきても
照れくさくて目を合わせられないこともある。

日本人は目を合わせるのが苦手だしね。

恥ずかしいよねー。

でもね、演奏に自信がないときは
積極的にドラマーを見るのがオススメだよ。

理由は2つある。

まず、人は目で見ている方に
意識が向くってこと。

ドラムに合わせることができないのは
ドラムに合わせようと意識できていないからってことが多い。

だからドラマーの方を見て
「ドラムに合わせるぞ!」って意識するのは効果的。

もう一つの理由は
聴覚だけでなく視覚でも
ドラムを感じることができるから。

特に初心者のうちは耳が慣れていないから
耳だけでドラムに合わせるのは難しく感じるかもしれない。

そんなときにはドラマーが叩く瞬間に合わせるつもりで
ベースを弾いてみよう。

ドラマーに聞いてみよう

ベーシストの方を見てくる理由は状況や人による。

だからドラマーに直接聞いてみるのがいいよ。

もしあなたに問題があると言われたなら
問題をなくせるように練習すればいい。

そうでないなら
自信を持ってベースを弾こう!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP