ベースその他

ドラマーと目が合う理由を調査!ベーシストも合わせると上達する?

どうも、サックです。

あなたはバンド練習のときやライブのときに
やけにドラマーと目が合うことはない?

見られてると思うと
緊張してくるよね。

ドラマーがベーシストの方を見ることには
理由があるんだ。

サックが実際にドラマーに聞いてみた
ベーシストを見てくる理由をまとめたよ。

スポンサーリンク

ドラマーと目が合う理由5つのパターン

ドラマーと目が合う理由は
5つのパターンだったよ。

ベースがずれているから

ベースとドラムが合っていないことは
バンドにとって致命的だよね。

だからベースがリズムがおかしいと
気にせざる負えない。

それでベーシストの方を
見てくるってパターン。

特にベーシストが初心者で
ドラマーが経験者だと
このパターンが多いよ。

ドラマーが自信がないから

ベーシストに問題があるんじゃなくて
ドラマー自信に問題がある場合も
ベーシストを見てくるよ。

リズム感やタイム感に自信がないと
どうにかベースに合わせようとする。

だからベーシストの方を見てくる。

もっと息を合わせるため

ベーシストとドラマーのどちらにも
リズム感やタイム感の問題がなくったって
ベーシストの方を見てくるドラマーもいるんだ。

それは今よりももっと
リズム隊の息を合わせるため。

ベースが聞こえないから

意外と多いのがこれ。

ドラマーにはベースの音が聞こえていないパターン。

ドラムを叩く音って周りの人が聞いている以上に
ドラムを叩いている本人にはすっごく大きく聞こえる。

だからベーシストのあなたには
十分聞こえる音量でベースを弾いても
ドラマーには聞こえていないことがある。

そんなときはアンプやベース本体で音量を上げたり
アンプをドラマーの方向に傾けてあげよう。

 
人は目で見ている方に
意識が向く。

だからドラマーはベースと合わせようと思ったときに
ベーシストの方を見ることが多いよ。

目を合わせた方が楽しめるから

ドラマーがベーシストを見てくる理由は
ベーシストに合わせるためだけじゃないよ。

人と目を合わせてた方が楽しいってドラマーもいるんだ。

笑顔にはリラックス効果やポジティブな思考になれる効果がある。

目を合わせてバンドメンバーと微笑み合うことで
リラックスしていつも通りに演奏できたり
失敗をイメージしてしまうことを防げるよ。

スポンサーリンク

ベーシストも見た方がいいの?ドラマーを見ることの効果

ドラマーがあなたの方を見てきても
照れくさくて目を合わせられないこともある。

日本人は目を合わせるのが苦手だしね。

恥ずかしいよねー。

でもね、演奏に自信がないときは
積極的にドラマーを見るのがオススメだよ。

理由は2つある。

まず、人は目で見ている方に
意識が向くってこと。

ドラムに合わせることができないのは
ドラムに合わせようと意識できていないからってことが多い。

だからドラマーの方を見て
「ドラムに合わせるぞ!」って意識するのは効果的。

もう一つの理由は
聴覚だけでなく視覚でも
ドラムを感じることができるから。

特に初心者のうちは耳が慣れていないから
耳だけでドラムに合わせるのは難しく感じるかもしれない。

そんなときにはドラマーが叩く瞬間に合わせるつもりで
ベースを弾いてみよう。

ドラマーに聞いてみよう

ベーシストの方を見てくる理由は状況や人による。

だからドラマーに直接聞いてみるのがいいよ。

もしあなたに問題があると言われたなら
問題をなくせるように練習すればいい。

そうでないなら
自信を持ってベースを弾こう!

スポンサーリンク

関連記事

  1. ベースその他

    ギターやベースでハンドクリーム塗れない!冬の乾燥・手荒れ対策は?

    どうも、ここ数日喉の乾燥が気になるサックです。寒かったし、空気も乾燥し…

  2. 初めてのベース購入

    新しいベースケースがほしい!おしゃれでかわいいギグバッグ探し

    どうも、サックです。ベースケースがボロボロなので、新しいベース…

  3. ベースその他

    もっとベースを大切にしたいならおすすめ!吊り下げ式ギタースタンド

    よく使われてる立てかけ式のギタースタンドよりも更に安心や安全を求めるな…

  4. ベースその他

    ベースコーラスの練習で効果あったおすすめの方法4つと慣れ以外のコツ

    どうも、サックです。前回の記事で、ベースを弾きながらコーラスも…

  5. ベースその他

    思わず見惚れるかっこいい弾き方の参考に色白さんのベースがおすすめ!

    どうも、サックです。今回はベーシストの色白さんを紹介するよ。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP