初めてのベース購入

ベース初心者におすすめと評判!バッカスとスクワイヤーを試奏比較

ネットでも初心者におすすめだって評判のいいのが、Bacchus(バッカス)とSquier by Fendre(スクワイヤーバイフェンダー)のベース。

この2つで、どっちがいいのかを悩んでる人も多いんじゃないかな?サックも初めてベースを買う時に、結構悩んだw

そこで先日、楽器屋さんでバッカスとスクワイヤーのジャズベース(ジャズベ)を弾かせてもらったよ。今回はそのときに感じた、音や弾き心地の違いなどをまとめてみた。

⇒「ジャズベって何?」って思ったのなら、こちらをチェック!

スポンサーリンク

BacchusのBJB-1

弾かせてもらったのは、BJB-1。サックが初心者の頃に使ってたBJB-300の後継機で、バッカスで1番安いベース。

⇒BJB-300のレビューはこちら。

BJB-1の見た目は、よくある普通のジャズベース。


出典元:Amazon

基本的な音の特徴

音のバランスは、スクワイヤーに比べると中・高音域が強め。1つ1つの音がくっきりと聞こえた。

反対に、低音域は弱め。あとベース自体のボリュームが、スクワイヤーよりも小さく感じたよ。そのせいか、迫力や荒っぽさは抑え目で大人しい印象だった。

BJB-300の方が低音域までちゃんと出てた気がするんだけど・・・ボディの素材が変わったからかな?それとも思い出が美化されてるだけか・・・笑

アンプなどのセッティング次第で、音はある程度カバーできる。だけどベースを始めてしばらくは、そこまで気を回すのは大変だと思う。なので注意した方がいいかもー。

音作りの幅広さ

バッカスのメリットとしては、トーンが0か10(マックス)かで、高音のカットされ具合がだいぶ変わった。なので、トーンのつまみを使った音作りもしやすそうだと思ったよ。

ただし、初心者のうちはやっぱり音作りまで頑張るのは大変。なのでこれを生かせる人は、多くない気がする。

弾きやすさ

ジャズベの特徴でもお話したように、ジャズベは他のベースに比べてネックが細くて弾きやすいものだったね。

だけどこのバッカスのジャズベは、さらに弾きやすさが考えられたもの。

スクワイヤーのジャズベと比較しても、ネックが押さえやすくて弾きやすかった。手が小さいサックでも指が届きやすいし、力も入れやすかったよ。

普通のジャズベよりもネックが薄い作りになってるんだってさー。

⇒参考サイト(バッカス堂のBJB-1R/Mの解説)はこちら。

これ、手が小さい人にはかなり大事なポイント。他のベースを買った読者さんからもお悩み相談で、「手が小さいせいか、ちゃんと弦を押さえられないんです」って来たしね。

手の小ささは、練習しだいでどうにでもなることではある。だけど最初は簡単に押さえられて楽しく練習できた方が、挫折せずにベースを続けられると思うよ。

難しくて弾けないって、やっぱりやってて面白くないからねー。

Squier by FendreのAffinity Series Jazz Bass(アフィニティーシリーズジャズベース)

続いてスクワイヤー。弾かせてもらったのは、Affinity Series Jazz Bass。こっちもスクワイヤーで、1番安いベースだよ。

見た目は、バッカスとほとんど違いがなかった。ヘッドの形とロゴが、よーく見ると違うくらい。


出典元:Amazon

基本的な音の特徴

ベースを渡されてネックを触った瞬間、びっくりした。指が弦に触れただけの、かすかな音がアンプを通してはっきりと大きな音で聞こえたんだ!

アンプの音量はバッカスのときと同じ。つまり、スクワイヤーはバッカスよりもベース自体の音量が大きいってこと。

音のバランスは、低音域までしっかり出て図太い。

ベースの音量が大きいから、タッチミスは目立ちそう。だけど多少のミスなら雑音っていうより、荒ら荒らしくてかっこよくなりそう。

音は好みで大きく分かれるところだから、一概には言えない。だけどバッカスよりもこっちのスクワイヤーの方が色んな人に好まれる音な気がする。

サックもこっちの方が好き。迫力があってズッシリとした音で、かっこいい!

音作りの幅広さ

ただし、トーンのつまみをいじっても違いを感じなかったよ。

トーンはいじると、高音域を減らせる。ってことは、そもそも高音域の成分があまりないのかもね。なのでトーンを使った音作りはやりにくそう。

まぁ初心者のうちは、やっぱりあんま関係ないと思うけどね。笑

弾きやすさ

ネックは、バッカスのを弾いた後だからか太く感じた。

だからと言って、特別太いってわけではないはず。たぶん普通のジャズベ。手が小さいってわけじゃなければ、十分押さえやすいと思う。

まとめ

それぞれの特徴をまとめておくと、

バッカスは

  • 中・高音域が強くて、一音一音がくっきりした音
  • トーンの効きがいいので、音作りの幅が広い
  • ネックが普通のジャズベより薄くて、手が小さくても弾きやすい

スクワイヤーは

  • 低音域までしっかり出て、図太く迫力のある音
  • トーンはあまり効かない
  • ネックは普通のジャズベ

あなたの手が小さいとかなるべく少ない予算で買いたいなら、バッカスの方がいいと思う。音も大事だけど、さっきも言ったように弾きにくいとベースを続けにくいと思うからね。値段は買う場所や色にもよるけど、バッカスの方が五千~一万五千円安かったよ。

⇒BacchusのBJB-1はこちら。(Amazonに飛ぶリンク)

反対に手が小さいってわけでもなくて、お金も余裕があるならスクワイヤーの方がおすすめ。やっぱり、こっちの音を気に入る人が多いと思うから。絶対ってわけじゃないけど、あなたも気に入る可能性が高い。

⇒SquierのAffinity Series Jazz Bassはこちら。(サウンドハウスに飛ぶリンク。安い代わりにケースは付いてこないので注意!)

⇒SquierのAffinity Series Jazz Bassはこちら。(Amazonに飛ぶリンク)

よかったら参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP