用語集

シールドとは?(シールドケーブル/ケーブルも)~ベースの用語~

ベースを始めるのに必要なものの1つが、シールド。

「シールドケーブル」とか「ケーブル」って呼ばれることもあるよ。サックはシールドって言ってるー。

今回は、シールドとは何なのかを解説していくよ。

スポンサーリンク

シールドの見た目

シールド「ケーブル」って言葉から、なんとなく分かるかな?シールドっていうのは、コードのこと。こんなやつね。

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%ba%96%e5%82%996

太さは物によって違うけど、基本的にイヤホンなどのコード類よりもずっと太い。例えば、一般的な太さのシールドとイヤホンのコードを比較すると、こんな感じ。

002_2

うどんよりも太いんじゃないかなw

シールドの役割

シールドの役割は、ベースとアンプを繋ぐこと。ベースからの電気信号を、アンプまで伝達してくれるんだ。

足元に機材(チューナーやエフェクター)がある場合は、ベースと足元の機材・足元の機材とアンプを繋ぐよ。

図にすると、こんな感じ。(わかりやすいように、シールドは赤くしてあるよー)

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e8%aa%ac%e6%98%8e%e5%9b%b3

ベースを始めたばかりだと、足元の機材は何もない人がほとんどだと思う。なのでまずは、ベースとアンプだけを繋いだ図(図1)だけをイメージしておけば大丈夫。

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 用語集

    アンプとは?(ベースアンプ/ベーアンも)~ベースの用語~

    アンプとは一体、何なのか。詳しく話しすぎると難しいので、ここで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

   

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP