home-office-336377_960_720

ブログ運営

腰痛・肩こりが解消?スタンディングデスクの健康への効果まとめ

どうも、サックです。

ブログを書いてると、肩とか腰が痛くなる。原因の1つはたぶん、姿勢。机や椅子の高さが合ってないから、どうしても姿勢が変になっちゃう・・・。

で、机を新しくしようかなーと思ってるんだけど、以前テレビで勝間和代さんがおすすめしてたスタンディングデスクってものを思い出した。名前の通り立ったまま作業することを想定されたもので、肩こりとか腰痛に効果的らしいんだ。

ということで今回は、スタンディングデスクの健康への効果を調べてみた。意外なことに、メリットだけでなくデメリットもわかったよ。

スポンサーリンク

メリット:寿命が伸びる・肥満対策になる

「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」「太っている人は、やせている人に比べて1日に2時間半長く座っている」

そんな研究結果が発表されてるらしい↓

⇒「1日に6時間座っていると死のリスクが40%増大する」など、座りっぱなしのデスクワークがもたらす弊害と解決法

1日6時間座るって、普通にやってるわ。たぶん、今どきほとんどの人がやってるんじゃないかな?デスクワークの人って多いし。

解決方法は、なるべく座らないようにすること。例えばテレビを観るときは座らずに、立って観る。1日に1時間だけでも、結構変わるらしいよ。

そして「座らない習慣」としてここ数年注目されつつあるのが、スタンディングデスク。

パソコンを使った作業は普通、座ってやるよね。だけどスタンディングデスクは、立って使うデスク。寿命が縮まったり、太ることの対策になるらしいんだ。

寿命についてはよくわからないけど、肥満対策は納得。サックは最近、カロリー計算アプリで1日のカロリー計算してるんだけど、座るよりも立つ方が消費カロリーが多いもん↓

%e6%b6%88%e8%b2%bb%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%aa%e3%83%bc%e7%ab%8b%e3%81%a4%e3%80%81%e5%ba%a7%e3%82%8b

1時間で、33kcalの差。

例えば1日に6時間作業するとして、スタンディングデスクだと消費カロリーが33kcal×6=198kcal増えるってこと。これはご飯1杯分の摂取カロリー(168kcal)よりも多い。

1日ではたいしたことないかもしれない。だけど毎日続ければ数ヵ月後、数年後には効果を期待できそう。塵も積もれば山となる。

実際にスタンディングデスクで作業するようになってから、筋肉がついたのを感じたり、体脂肪率が落ちた人もいるみたい↓

⇒スタンディングデスクは痩せるのか?3週間使ってみて感じたメリット

⇒効果ある?スタンディングデスクで仕事してみて感じたこと・思ったこと

体重は数週間で1~2kg落ちたって人とか、1ヶ月で3kg落ちたって人もいたよ↓

⇒1年間立って働いた編集者による「スタンディングデスク」の感想

⇒スタンディングデスクはダイエット効果も、1日500kcal消費? 1ヶ月で3kg体重減った人も

デメリット:効果は運動頻度による

とは言え、体重は変わらないって人もいた。どうやら絶対に減るってわけではないみたい↓

⇒スタンディングデスクはダイエットに効果があるのか1ヶ月検証してみた。

なので体重を減らす目的でやるよりは、ついでに体重が減ったらラッキーくらいに思っておくのが良さそう。筋肉は重いから、筋肉がついた分体重が減るとは限らないしねー。

さらに寿命についても、効果がないって研究結果も発表されたんだって。

なんでも普段から運動する人で検証した結果、効果がなかったんだとか。立つことなんて、身体を動かすことに比べたらたいしたことじゃない。だから座ろうが立とうが変わらないって↓

⇒スタンディングデスクは「あまり役に立たない」と発表される

ただし、これについては「普段から運動する人」の話。活動レベルが平均よりも低い人は、長時間テレビを観てると寿命が縮まったんだって。で、運動したら改善されたらしい。

だから運動しない人にとっては、何もしないよりはスタンディングデスクで毎日立ってた方がマシそう。

スポンサーリンク

メリット:腰痛や肩こり、首やお尻のこりの解消になる

腰痛や肩こりで悩んでたけど、スタンディングデスクを使ってから改善された人が多かった↓

⇒スタンディングデスクに変えて1年6か月。立って仕事をして実感するメリットなど。

⇒スタンディングデスクの効果は?集中力が上がる他8つの効果

そもそも腰痛の原因の1つは、長時間座っていること。

タクシードライバーとか、長時間座りっぱなしの職業の人は腰痛持ちが多いんだって。例え姿勢を良くして座っていても、腰への負担を減らしてくれるグッズを使っていてもダメらしい↓

⇒腰痛になりやすい人

スタンディングデスクを使えば、長時間座ることはなくなる。だから腰痛から開放されるらしいんだ。

肩こりについては、座ってるとつい足を組んで背中が丸まっちゃう。だけど立ってると組めないから、姿勢がよくなって改善したように感じた人もいたよ↓

⇒【立ったままパソコン作業】スタンディングデスクで肩こり解消!在宅ワーカーの方におすすめ

サックは足を組む癖はない。だけどたしかに、座ってると足が行儀悪くなっちゃうのはわかるなぁ。

他にも、お尻や首の痛み・こりがなくなったって人もいたよ↓

⇒効果ある?スタンディングデスクで仕事してみて感じたこと・思ったこと

デメリット:姿勢が悪くなることも

ただし、場合によっては姿勢が悪くなって逆効果になるみたい↓

⇒IKEAの「スタンディングデスク」を1週間使ってみた

姿勢が悪くなるのはこんなとき↓

  • ノートパソコンを使っていて、画面の高さが目線より低くなる
  • 身長とスタンディングデスクの高さが合わない

なのでノートパソコンを使う時はディスプレイアームなどを使う。高さについては、用意する前に適した高さを測っておいた方が良さそう。

メリット:夜ぐっすり寝れる

さすがに立って作業してると、ある程度は疲れるらしい。だけどそのおかげで、夜はぐっすり眠れるって人も多かったよ。ぐっすりだから、寝たら疲れはちゃんと取れてるみたい↓

⇒効果ある?スタンディングデスクで仕事してみて感じたこと・思ったこと

⇒スタンディングデスクの効果は?集中力が上がる他8つの効果

⇒スタンディングデスクに変えて1年6か月。立って仕事をして実感するメリットなど。

1日中動かないでいると、夜寝にくくなっちゃうもんね。遊びに行った日はぐっすり眠れるのに。

サックは基本的に夜なかなか寝れないので、そういう健康的な生活に憧れる。笑

デメリット:作業後に運動しにくい

ただし、普段から運動してる人は逆効果になるかも。

この人はいつも仕事終わりにジムに行ってたのが、行かなくなったんだって。立ってることで疲れちゃって、ジムに行く気力がなくなっちゃいみたい↓

⇒1年間立って働いた編集者による「スタンディングデスク」の感想

これも普段は運動してない人には、あまり関係なさそうだね。

まとめ

スタンディングデスクの効果をまとめると、こんな感じ。

  • 普段運動しないなら、寿命が伸びて肥満対策にもなる
  • PC画面やデスクの高さにさえ気をつければ、腰痛や肩こり、首やお尻のこりの解消になる
  • 夜ぐっすり寝れる(作業後の運動はしにくい)

運動を普段しない人は、より効果を実感できそう。運動をする人でも、腰痛や肩こりなどが気になってる人は試す価値がありそうだと思ったよ。

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP