初めてのベース購入

3500円以内!ベース用ギグバッグケースの値段安い3つを性能比較~キョーリツ編~

ベースのギグバッグで特に値段安いのが

この3つのケースは一体何が違うのか、どれがおすすめなのか。楽器屋さんで見たこととか、口コミを参考にしてまとめたよー。

今回はキョーリツ編。

スポンサーリンク

Kyoritsu(キョーリツ)のCB-100


出典元:イシバシ楽器

キョーリツのギグバッグは、良く見るケース。サックの周りでも、使ってる人がちらほらいたよ。ギター・ベース問わずね。

このギグバッグでも、まず気になったのはやっぱり裏側↓


出典元:イシバシ楽器

肩のパッドは固定式?可動式?

肩のパッドは固定式。

これなら、歩いてるうちにパッドが肩の位置から外れる。そして紐が直接肩に食い込んで痛い!ってことはないね。

肩のパッドのクッション性は?

ただし、肩のパッドのクッションが薄いのが気がかり・・・。

パッド部分の幅はそれなりにあるから、一見ちゃんとクッションが入ってそう。だけど触ってみるとペラッペラだった。

でもベースは重いから、何十分と歩くには肩が痛くなりそうな予感。もしギター用なら軽いから、こういう作りでもたいした問題じゃないと思うけどねー・・・。

実際にAmazonで口コミを調べると、「肩に食い込む」って声があったよ。

エレキギターやアコースティックギターと口コミがごちゃ混ぜになってたから、ベースの人の話かはわからない。だけどベースが圧倒的に1番重いから、ベースを入れると痛くなるんだろうな。

Amazonの口コミはこれ↓

⇒Kyoritsu(KC)のCB-100

長さを調節する部分は動かない?

ベルトの長さを調節するところは、たしかこれに似てた。CoolZのベースを買ったときについてきた、純正のギグバッグ↓

よくスポーツバッグでは、ギザギザさせて長さが変わりにくくしてるよね?そういうのではないから、絶対に動かないとは言えない・・・。

だけどセルバのギグバッグよりはマシかと。何週間・何ヶ月と使ってると、気付かないうちにちょっと変わってることはあるだろうけどね。気になるほどではないと思う。

ポケットのサイズと数は?

ポケットは、ボディのあたりに2個。スコアがちょうど入るくらいの大きさと、もうちょい小さいサイズ。あとヘッドのあたりにもポケットがある↓


出典元:イシバシ楽器

厚みもそこそこあるから、必要な小物は全部入りそう。数もあるから、整理整頓を綺麗にしたいって人にもよさそうだね。

楽器を保護するクッション性は?

楽器を保護しているクッションの厚みは、それなりにあったよ。

昔8,000円くらいで買った、RITTER(リッター)のケースにはさすがに劣る。でもこの価格帯なら悪くはないと思ったよ。

こんな人におすすめ

ということで、キョーリツのギグバッグはこんな人におすすめ↓

  • 徒歩はたまに数分する程度の人
  • ポケットには整理整頓して荷物を入れたい人
  • 楽器をある程度ちゃんと保護したい人

⇒Kyoritsu(KC)のCB-100はこちら。

ただ、プレイテックの方が全体的に性能がいいから、そっちの方がおすすめ。詳細はまたこんどー。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

PAGE TOP