おすすめ音楽

女性に聴いてほしい、男性ボーカルの泣ける失恋ソングなら音速ライン

どうも、サックです。
最近寒くなってきたね。
今日は、サックが毎年冬に聴きたくなる音速ラインっていうバンドを紹介するよー。
寒空の下で聴いたらあなたも泣けるはず!

スポンサーリンク

音速ラインってどんなバンド?

音速ラインは、今はギタボとベースの男性2人で活動をしているバンド。
2005年まではドラムもいたんだけどね。

ギタボの藤井敬之さんは爽やかさだけど奥深い、独特な声の持ち主。
そこに失恋の切ない歌詞、哀愁漂うメロディとコード進行、
そしてロックサウンドっていう一見バラバラそうな特徴が上手く混ざり合っている。

ギターは何重にも重ねてレコーディングされているこだわりっぷり。
サックはバンドでコピーしたことがあるんだけどギター2本だと音が薄くて仕方なかった。

ギターだけじゃなく、コーラスもすごいんだ。
サビだけじゃなく、Aメロからコーラス入れまくりの曲が多い。
ずっとコーラスいるのねwもうコーラスっていうかツインボーカルw
でも決して主張しすぎない、さりげない、あくまでボーカルを引き立たせるためのコーラス。
曲の奥深さはこのコーラスの力も大きい。

ベースは流れるような滑らかな、かといって目立ちすぎるわけではなく
曲をしっかりと支える、縁の下の力持ちのような演奏でサックはすごく好き!

ドラムは、力強い演奏や、曲の抑揚を意識した演奏が特徴。
曲によっては32分音符(笑)やツーバス(笑)も登場するw

ちなみに、現在ライブやレコーディングで叩いてるドラマーさんは
すごく良い笑顔で楽しそうに演奏するから見ててこっちも楽しくなる!
そんな演奏っていいよね!

スポンサーリンク

切なさとかっこよさで胸キュン!?オススメ曲

サックは卒業式で泣いたことがない涙知らず。
それと、曲を聴いているとき歌詞をあまり気にしないから曲を聴いて泣くなんてことない。
だけど、音速ラインだけは特別。
音速ラインを冬に聴いていると胸がキュンッとして泣けてくることが何度もあった。笑
それは音も歌詞も切なさを主張してくるから。

そんな切ない、でもかっこいい音速ラインのオススメ曲が「青春色」。
「あおはるいろ」って読むよ。

出だしから切ないメロディと歌詞のストリングスとボーカル。
そこからアップテンポになって
Aメロ Bメロ サビ…と徐々に盛り上がっていく構成。

感情が爆発しそうなのを抑えているような切ないBメロ。
爆発するとおもいきや、ぎりぎりで抑えたような、更に切ないサビ。

全体的に歌詞から光景を連想しやすいから普段歌詞を気にしない人にもおすすめ!

 

終わりに

こうやって文章を書いてる間にも切なくなってきた。笑

とにかく一度、音速ラインを聴いてみてほしい!
特に冬に。笑

以上、サックでした~!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP