初めてのベース購入

ERNIEBALL(アーニーボール)のストラップをベースでレビュー

定番だってよく聞く、ERNIEBALL(アーニーボール)のストラップ。アーティストのライブに行っても、使ってるギタリストとかベーシストをちょくちょく見る。

サックも昔、使ってた時期があった。

そのときに感じた使い心地などから、どんな人におすすめかをまとめてみたよ。

スポンサーリンク

定番なのに値段安い!アーニーボールのストラップをおすすめされた

サックは最初、初心者セットについてたストラップを使ってた。ロゴがなくて、メーカーがどこかもわからないやつ。

でもだんだん、ベースのストラップピンに差す穴が広がってきたんだ。で、演奏中にもストラップがベースから外れるようになった。

それを友達に話したら、「ストラップは消耗品だから、買い替えなよ」ってアドバイスをくれた。

そのときに一緒に教えてもらったのが、アーニーボールのストラップ。定番だしプロも使ってる。しかも安いからおすすめだよーって感じで。

で、期待して買ってみた。

あ、ちなみに後から知ったんだけどね、ストラップは消耗品じゃない長持ちするものもあったよ。

アーニーボールのストラップってどんなの?

アーニーボールのストラップがこれ。

素材はナイロン。滑りがいいやつ。

色はブラックの他にも、

  • ホワイト
  • レッド
  • パープル
  • グレー
  • バーガンディ(ワインレッドみたいな色)
  • オリーブ
  • ネイビー
  • フォレストグリーン
  • レインボー

とたくさんあってカラフル。

サックはブラックのを使ってたよ。ブラックなら、ベースにすごく合わないってこともないかなって思って。こういうのセンスないから、無難なのにした。笑

レビュー

寿命

寿命はねー、値段相応だと思った。

初心者セットについてきたのと同じで、たしか1,2ヶ月でダメになった。ストラップピンを入れる穴が伸びきって、演奏中にベースから外れるようになったよ。

その後はライブ中に外れるのがこわくて、ストラップロックで固定してた。それでも3ヶ月くらいしたら、さすがにこのボロボロなのを使ってるのはなぁ・・・って気持ちになった。で、新しいのを買うことにしたよ。

ギターで使ってる人の中には、3年間とか使ってる人もいるらしい。だけどベースの重さには、耐えられなかったみたい。

素材

素材の質も、初心者セットのと違いはわからなかった。

ナイロン素材のストラップ全般に言えることだけど、演奏してるとベースのヘッドが落ちてきやすかったよ。ヘッドは安定してた方が演奏しやすいから、弾きにくく感じた。

長さ

今使ってるストラップは、長さ調節は段階式になってる。だから「あとちょっとだけ短くしたいけど、もう1個短くすると短過ぎちゃう・・・」って困ることがある。

だけどアーニーボールのは、微調整も好き勝手できる。そこはよかったなー。

 
アーニーボールのストラップは、総じて初心者セットについてきたのと違いを感じなかった。強いて言うなら、ロゴが入っててちょっとかっこいいってことくらい。笑

値段的におそらく同じ価格帯だから、当然っちゃー当然か。

こんな人におすすめ

これからストラップを長いこと使うなら

  • デザインを気に入った
  • 好きなアーティストが使ってる

とかってわけじゃなければ、他のストラップでいい気がする。値段は安いけど、寿命を考えると特別お得ってわけでもないしね。

だけどこの安さは、とりあえずで持っておくにはちょうどいい。

例えば、バンドを組んでないけどたまに立って弾いてみたい人。そういう人は基本的に座って弾くと思うので、こういう安いのを1本買っておけば大丈夫だと思う。

参考にしてみてねー。

サウンドハウスへはこちらからどうぞー↓

⇒アーニーボールのストラップ(4037)

⇒ストラップ一覧

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP