初めてのベース購入

バンド組むならベース買うときにケースの種類がギグバッグか確認しよう

どうも、サックです。

ベースを買うとき必ずついてくるケース。メーカーとか値段によってソフトケースだったり、ギグバッグだったり、種類が違うんだよねぇ。

⇒ベースケースの種類って?(ベーススレまとめwiki)

家でベース弾くだけならソフトケースでもいい。だけどバンドを組むならギグバッグの方がいいよ。

ソフトケースを使ってると、どんな悪いことがあるのか・・・今回はサックの経験談を話すよー。

スポンサーリンク

初めてベース買った帰りにソフトケース使って苦しんだ

サックがソフトケースでベースを運んだのは、初めてベースを購入した帰り。楽器屋さんから近くの駅まで。それから、家の近くの駅から家まで。合計20分くらい。電車の中では肩から降ろしてたから・・・まぁ考えなくていいや。笑

楽器屋さんから駅までは問題なかった。5分間だけだし。買ったばかりでウキウキしてたし。

辛かったのは電車から降りた後、家までの15分間。

ちょーーーしんどかった!!

ギグバッグだとリュックサックみたいに、両肩に紐がある。だけどソフトケースって紐が1本。つまり、片方の肩にしか掛けられないんだよね。

だから片側にベースの全重量がのしかかってきて、肩がめちゃくちゃ痛くなった・・・。

しかも雨が降ってきたから、片手には傘。だから違う方の肩に掛けなおすこともできない。ベースが濡れないようにするだけでいっぱいいっぱい。

もうねー、何度でも言うけどまじで辛かった。

ギターは軽いからソフトケースでも余裕。でもベースは・・・

ちなみに、友達にギターを借りたときにもソフトケースに入ってたのね。でもこのときは全然余裕だった。

それもそのはず。ギターの方がベースより軽いから。

「ソフトケースってベースじゃなくてギターのためにあるんじゃないの?」って思ったよw

スポンサーリンク

ソフトケースで持ち運べても細心の注意が必要

ここまでの話だけだと、「オレは鍛えてるから重いものでも余裕で持てるしw」って人いるかもしれないので、もうちょっと補足しておくね。

例えあなたが筋肉に自信があって、ベースをソフトケースで運べても、やっぱりギグバッグは買った方がいい。

ベース買ったときについてくるソフトケースは、ただの薄い布切れでできてるんだ。これだけだと、ベースちょっとぶつけただけでも結構な衝撃。肩から降ろして地面に置いただけでも、手から衝撃が伝わってくるくらい。だからちょっとした距離の移動でも、すごい注意が必要。

一方、ギグバッグだとスポンジも入ってる。だからミスってどこかにぶつけちゃっても、衝撃をやわらげてくれるよ。

なのでやっぱりソフトケースよりもギグバッグがおすすめ。

あなたが購入するベースのケースは何?買う前や買う時にチェックしよう

ソフトケースでベースを運ぶと大変なことが、何となくわかってもらえたかな?

バンドを組むなら、いずれはギグバッグを手に入れることになると思う。なのでソフトケースがついてくるベース買うなら、一緒にギグバッグを買っちゃうといいよ。

ベース買う前や買うときには、ベースケースの種類も気にしてみてねー。

サックが知ってる範囲で、ケースの種類を書いておくと、

  • バッカス⇒ソフトケース
  • スクワイヤー⇒ギグバッグ

たしかバッカスは価格帯によっても違ったはず。店員さんに聞いてみるのが確実なので、参考までにどうぞ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP