バンド中級者向け

涙腺崩壊?バンドマンなら歌詞に感動する卒業ソング。部活の引退にも!

どうも、サックです。

バンドをやっている人が歌詞に思わず涙するような
おすすめの感動する卒業ソングを紹介するよ。

卒業だけでなく部活やサークルの引退のライブにもどうぞ。

スポンサーリンク

あの日の思い出が蘇る。バンドに関する歌詞の曲

  • UNLIMITS「道しるべ」
  • ベースの石島直和さんが解散するバンドに向けて作った曲。

    お気に入りの歌詞は2番のAメロ。

    夕べ見た夢の中歌う僕らいつものステージでした
    鳴らないスピーカー壊れたギター朝まで歌い続けたね

    UNLIMITS「道しるべ」の歌詞より引用

    サックは「みんなで深夜に練習したなぁ」なんてことを思い出して
    懐かしくてグッときた。

    深夜にスタジオで練習したり合宿で夜中に練習したことがある人は
    思い出が蘇ってくるんじゃないかな。

    アンリミッツが気になった人は
    この記事もおすすめ。
    力強くも切ない女ツインボーカルの邦楽ロックバンド!アンリミッツ

     

  • 放課後ティータイム「天使にふれたよ!」
  • アニメ「けいおん!!」の劇中曲。

    後輩のあずにゃんに向けて作った曲で
    部活に残る後輩に向けた卒業ソングとして有名。

    だけど同じ学年の人に対して演奏するのもいいんじゃないかな。

    お気に入りの歌詞は何だろう?って考えてみたんだけど

    だめだわww全部お気に入りww

    どこを聞いても泣ける曲だと思う。

    強いてお気に入りの歌詞を挙げるならここ。

    なじんだ制服と上履き
    ホワイトボードの落書き
    明日の入り口に
    置いてかなくちゃいけないのかな

    放課後ティータイム「天使にふれたよ!」の歌詞より引用

    本当は卒業なんてしたくない、みんなと別れたくない。
    っていう葛藤が表現されてて
    すっげーわかる、卒業したくないよねって共感する。

    その後にサビで明るいことを言っているのが
    それでも現実を受け入れないといけないんだ
    って言ってるかのよう。

    軽音っぽい歌詞ならここが好き。

    メールの受信箱
    ○(マル)したカレンダー
    とびきりの夢と出会いくれた
    音楽にありがとう

    放課後ティータイム「天使にふれたよ!」の歌詞より引用

    前半はライブの日を心待ちにして練習してたなぁって思い出す。

    後半の歌詞は、バンドをやってる人なら
    「もしバンドをしてなかったら…」
    って考えると音楽に感謝するんじゃないかな。

スポンサーリンク

<番外編>バンドの歌詞じゃないけど学生生活を思い出すオススメ曲

音量が小さめだから
少し音量を上げて聞いてね。

チャットモンチー「サラバ青春」

サラバ青春は歌詞にバンドのことは出て来ない。

だけどサックのお気に入りなんで
今回は入れちゃいましたw

最初のチャイムの音だけでも
学生生活の情景が思い浮かんでくるはず。

一番好きな歌詞はここ。

何でもない毎日が本当は
記念日だったって今頃気づいたんだ

チャットモンチー「サラバ青春」の歌詞より引用

ほんとこれ。

ライブ直前なのに演奏がグッチャグチャで
バンドメンバーと焦りながら練習したこととか
夜中から朝っぱらまでスタジオで練習したこととか
バンド練習が終わった後にバンドメンバーとずっと喋ってたこととか。

当たり前だと思ってた日常が
何よりもかけがえのないものなんだよねー。

もうあのときは戻って来ないんだなって
しんみりしちゃう歌詞。

学生の方へ

これを見ているあなたは学生かと思う。

学生生活って終わってみたらあっという間。

後悔しないように、
精一杯学生生活を楽しんで欲しい。

ありきたりな言葉だけど
本当にこれに尽きる。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP