おすすめ音楽

初めてキュウソネコカミのアルバム聴くあなたにおすすめの3つこと

どうも、サックです。

キュウソネコカミって、名前は聞いたことあった。友達に音源送りつけられて聴いてみたら、めっちゃ面白いしかっこいい!

聴いてるうちに「ただCDを聴くだけよりも楽しむ方法があるんじゃないか」と思った!

今日は初めてアルバムを聞くあなたに、キュウソネコカミをより楽しむためのポイントをご紹介!

スポンサーリンク

そもそもキュウソネコカミって?

テレビにも出演したり、タイアップ曲もあるキュウソ。

だけどよく知らないって人もいるかもしれないので、おすすめの曲を紹介しておくよ。PVがある曲の中では「ファントムヴァイブレーション」って曲の歌詞が面白くておすすめ!

キュウソネコカミー「ファントムヴァイブレーション」PV

a〇のCMみたいなPV。

サックは歌詞にめっちゃ共感した。この曲を初めて聴いた時期は、少しでも暇があればツイッター見てたからw人に言われることはあっても、まさか歌詞でズバッと指摘されるとは・・・思わずグサッ!ときた。

サックほどじゃなくても、現代っ子なら共感する部分はあるんじゃないかな。

あなた自身は歌詞に当てはまらなくても、身近にはいるはず。その人のことを重ねても、「本人のこと知ってるの?」ってくらい的確だからつい笑ってしまう。笑

スポンサーリンク

キュウソネコカミを最大限に楽しむために

アルバム聞く時はシャッフル再生しないこと

曲を聞くときにはシャッフル再生で聴いてる人もいるんじゃないかな?でもね、キュウソのアルバムは曲のつなぎ方がかっこいいんだ!

だから是非1曲目から順番に聴いてほしい!!

外出中、一人でいるときは聴かないこと

サックは一人で聴いてたけど恥ずかしい思いしたw大学のパソコン室で、一人でPV見てたことがあるんだけどね、歌詞が面白くて顔が笑ってしまったwあとね、電車の中で聴いてたときも笑っちゃったw

外出中に一人でいるときは聴かない方が恥ずかしい思いしなくて済むよ。笑

友達と笑いながら聞くのは楽しそうだけど!

PVやライブ映像もおすすめ

CDを聴いただけで満足しないでほしい。いや、CDだけでも素晴らしいんだけどね。さらにキュウソを楽しむためには、PVやライブ映像も見て欲しい!!

キュウソは歌詞も面白いんだけど、PVやライブの演出もやばい。芸人のコントを観ているような面白さ!ぶっちゃけそこら辺の芸人より面白いと思う。

ライブ映像はキチガイなネタが好きな人はめっちゃ好きだと思う。

お客さん巻き込み型だからライブに行ったらめちゃくちゃ楽しいだろうなー!ライブパフォーマンスの勉強にもなりそう。

ちなみにサックがおすすめのアルバムは・・・

サックは「ウィーアーインディーズバンド!!」ってアルバムが好き。思わず共感する歌詞の曲が多いので。あと1曲目~2曲目の曲のつなぎ方がかっこいいし、自然な流れなのが良い。
⇒ウィーアーインディーズバンド!!はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP