ベース初心者講座

上達するには練習しろは嘘!?もう1つのベースが上手くなるコツ

どーも、サックです。
ベースが上達するにはもちろん練習が必要。
でもそれだけでは足りないんだ。
じゃあ何が必要なのか。
これをすればあなたもベースが上手くなるし
もっとベースが好きになる!

スポンサーリンク

練習ばかりやった人の特徴

練習熱心なことは良いことだけど
練習だけやってきた人にはある共通点があるんだ。

簡単に言うと、打ち込みみたいな演奏ってこと。

それってどういうことかと言うと
良く言えば演奏が正確。
悪く言えば正確さにだけこだわった演奏になる。

そしてそういう人は
身体の動き方もぎこちなくて
これまた機械みたいな動き方する。

それってさぁ…
その人が弾いてる意味あるの?
打ち込みみたいな演奏するなら打ち込み流せばいいだけじゃんw
っていうのが今日のサックの主張。

 

演奏の見せ方がわかればベースが楽しくて堪らなくなる!

じゃあどうすれば打ち込みみたいな演奏から抜け出せるのか。

サブタイトルにもある通り!そう!
演奏の見せ方も勉強しましょ!って話。

演奏の見せ方っていうのは
かっこよく弾くってこと。

ライブをすることがある人はわかると思うけど
人前で演奏するってことはお客さんが
あなたが演奏している姿を見てくる。

つまり、音だけでなく姿も参考にして
上手いかどうかを判断するんだ。

だから正確な演奏と同じくかっこよく弾くってことも大事。

スポンサーリンク

この「かっこよく弾く」ってこと、
絶対的なパターンがあるわけではないんだ。
どの俳優さんがかっこいいと思う?っていうのと同じ。

あなたはベースを始めようって思ったとき
誰かがベースを弾いてる姿を見て
かっこいい!って思って始めた?

そんなあなたは
そのきっかけになったベーシストの真似をすれば
かっこよくなれる!

そうでない人は
今からでもかっこいいと思うベーシストを探すのがオススメ!
探し方はyoutubeでPVやライブ映像、
それと一般の人の弾いてみた動画を見るといいよ!

そうして、演奏の見せ方も学べば
自分でも憧れのかっこいい演奏に近づける!
もっとベースを弾くのが楽しくなるんだ!!

 

終わりに

見せ方を学ぼうとは言ったけど
そればっかりじゃだめだからねw
正確に弾くための練習もしっかりやろう!

正確な演奏とかっこいい見せ方、両方が上達することで
ベースの総合力が上がるんだ!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP