IMG_20160214_020438

ピック弾き

ベースピック弾きで休符弾けないからゴーストノートに変更!違和感あるの?

どうも、サックです。

ピック弾きの練習してて思うのが、休符の難しさ。

指弾きだったら左手と右手使えるから音がピタッと止まってたけど、ピック弾きだと右手はあまり使えない。左手で押さえてた弦を軽く触るようにしても、綺麗にミュートされずにボワーって音がちょっと残っちゃう。あと休符のタイミングで空ピッキングするのが難しい・・・。

キレよく休符弾けないと、ダラダラした印象のリズムになっちゃうんだよねー。

そこで、休符の代わりにゴーストノートを入れて曲を弾いてみたよ。

スポンサーリンク

ゴーストノートとは?休符との違いと効果

休符はベースから何も音を出さない状態。ピックで弾くと、左手は弦に軽く触れてミュート、右手は空ピッキングするんだよね。

一方、ゴーストノートは、ピッキングした音だけを出す弾き方。音程はない。左手は音が出ないようにミュートして、右手では音が出るようにピッキングすると出るんだよね。楽譜には×って書かれてるよ。あまり登場しないから見たことない人もいるかもしれない。

IMG_20160214_020438

休符をゴーストノートに変えると空ピッキングしなくていいから、空ピッキングが苦手でもリズムをとりやすいんだよねー。ミュートもピタッと綺麗なタイミングできる。

ただし、ピッキングの音が出ちゃうのは気になるところ・・・。

スポンサーリンク

休符をゴーストノートに変えると違和感あるの?何曲か試したよ

ベース始めた頃に先輩が教えてくれたのが、「ゴーストノートは弾いても聞こえないから休符に変えていいよ」ってこと。だったら休符をゴーストノートに変えてもいいんじゃない?って思って試してみたよ。

ゴーストノートに変えて違和感あるかどうかは、曲によるかな。

サックが今練習中のこの曲だと違和感なかったよ。ベースが休符のときもドラムは叩き続けてるから、ゴーストノートの音が目立たないんだ。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 『君という花』

ゴーストノートにして正確なリズムが出せると、リズムにキレが出てノリノリになれる演奏になったよ!弾きながらサック自身もノリノリになれるから楽しい。

他の曲でも試してみたけど、ベースが休符のときにギターもドラムも休符っていう曲ではゴーストノートが目立って違和感あった。こういう曲ではなるべくゴーストノートは使わない方がよさそう。

あなた自身の耳で聞いてみてね

ゴーストノートだと違和感あるかどうかは曲によって変わる。だからあなたが練習中の曲でも一度、ゴーストノートに変えて弾いてみるといいよ。

あなたの感覚で「ゴーストノートでも違和感ない!」「ゴーストノートにした方が安定して弾ける!」って思ったのなら、ゴーストノートに変えちゃっていいと思う。

ゴーストノートに変えて練習してたら、いつの間にか休符が上手くなってることもあるしね。
詳しい話はこちら。
⇒ベースで休符をゴーストノートにして弾くと空ピッキングが上達?検証してみた

追記

他の楽器も休符のときにも、休符をゴーストノートにして違和感なく弾く方法がわかったよ!
⇒ベースピック弾きで休符をゴーストノートにしても自然になるコツ2つ

スポンサーリンク

関連記事

  1. 譜例1

    ピック弾き

    あなたは大丈夫?ベース初心者は音途切れる人多い!解決方法は?

    どうも、サックです。友達がベース弾いてるの聞いてて気付いた。「…

  2. ピック弾き2

    ピック弾き

    ベースのピック弾き上達への道!ド初心者からのコツと練習方法まとめ

    ベースはほとんど指弾きで弾くサック。ピック弾きって苦手で、ずっと避けて…

  3. IMAG0241

    ピック弾き

    ベースピック弾きの手首使ったフォーム習得にはピックの厚さが重要!?

    どうも、サックです。ピック弾きで大事なのは手首を使うこと。手首…

  4. 譜例1

    ピック弾き

    ベースで休符をゴーストノートにして弾くと空ピッキングが上達?検証してみた

    どうも、サックです。前回は休符が苦手ならゴーストノートに変える…

  5. ピック

    ピック弾き

    ベースのオルタネイトピッキングのコツが物真似で掴めた!?

    どうも、サックです。知り合いからベースの効率的な練習法は好きな…

  6. 譜例1

    ピック弾き

    あなたは大丈夫?ベース初心者は音途切れる人多い!解決方法は?2

    どうも、サックです。今日は、昨日の話の続き。ベースの音を切らせ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP