譜例1

ピック弾き

あなたは大丈夫?ベース初心者は音途切れる人多い!解決方法は?2

どうも、サックです。

今日は、昨日の話の続き。ベースの音を切らせないためには、具体的に何をすればいいの?ってことを話すよ。

すごく簡潔に言うと、左手と弦の接触時間をぎりぎりまで延ばせばいいんだ。そのためには運指をなるべく素早くすることが大事。

音が切れやすいフレーズのパターン別に、解決方法をまとめたよ。アンプを使いながら練習してね。

スポンサーリンク

素早い運指をするためのコツ

ポジション移動は先に次の位置を確認しておく

まずは、ポジション移動をするときのコツ。
譜例1
ただのルート弾きだけど、ポジション移動で音が途切れやすいんだよね。
譜例3
音が途切れないようにするには、ポジション移動を素早くすればいい。そのためには、前半部分を弾いているときにも次の音に狙いを定めておくといいよ。
弾き方1-1
そして、一気に移動する!!
弾き方1-2
このあたりを意識すれば、瞬間移動みたいに素早いポジション移動ができるようになるよ!

スポンサーリンク

音が下がる時は先に指をセットしておく

次は、音が下がるときのコツ。またルート弾きで確認しよう。
譜例2
あなたはこんなフレーズを弾くとき、同じ指を使って弾いていないかな?
譜例7
同じ指を使って弾いても、途切れずに弾くことはできる。さっきみたいに、ポジション移動を素早くすればね。でもポジション移動を何度もするのって結構神経使うから疲れちゃう。特に連続でポジション移動があると大変。

なので、ポジション移動しないで済む方法を知っておくといいよ。

このフレーズのポイントは、5Fを弾いているときに3Fにも指を置いておくこと。
弾き方2-1
そして3Fを弾く時は他の指を一気にはなす!
弾き方2-2
これで無駄な動きがない分、楽に素早い運指できるようになるよ。慣れるまでは大変だけど、慣れたらあなたの武器になるので是非習得してね。

まとめ

昨日と今日の話をまとめるね。

まずあなたにやってほしいのは、あなたの演奏は音が切れていないかを確認すること。確認方法は3つ。

  • アンプを使って練習する
  • 演奏を録音して聞く
  • 周りの人に音が切れてないか聞く

そして、音が切れているなら、音を繋げるように意識しながら練習すること。練習するときは必ずアンプを使おうね。
音が切れやすいパターン別の解決方法はこちら。

  • ポジション移動は先に次の位置を確認しておく
  • 音が下がる時は先に指をセットしておく

他にもコツを見つけたら追加するねー。

ベースの音が途切れなくなると、バンドの安定感がぐっと増すよ。あなたも音が切れないように気をつけながら、毎日の練習に励んでみてね。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 便利ツール

    穴場なギターやベースのtab譜アプリ!ギタナビJOYSOUNDを耳コピ前に確認しよう

    どうも、サックです。ギターやベースでコピーしたい曲のバンドスコ…

  2. %e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%97%e3%81%ae%e6%ba%96%e5%82%99

    初心者講座

    練習後こそ気を抜くと危険!家庭用ベースアンプの使い方~片付け編~

    アンプは準備するときにも注意点があったね。⇒家庭用ベースアンプ…

  3. 初心者講座

    ベースの楽譜を読めるようになろう!tab譜の読み方~リズム編1~

    どうも、サックです。前回に続いて、今回も楽譜の読み方について。…

  4. スライドアップ

    初心者講座

    ベースのスライド奏法とグリッサンド(グリス)のやり方とコツ!画像付きで解説

    どうも、サックです。スライド奏法とグリッサンド(グリス)はとて…

  5. Screenshot_2015-11-04-02-06-09

    初心者講座

    Rhythm Teacher(リズムティーチャー)の使い方

    前回、Rhythm Teacher(リズムティーチャー)ってアプリゲー…

  6. 初心者講座

    ベースを弾くと痛みを感じる!どう対処する?

    どうも、サックです。読者さんからお問い合わせをいただいたよ!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP