ベース初心者講座

あなたは大丈夫?ベース初心者は音途切れる人多い!解決方法は?2

どうも、サックです。

今日は、昨日の話の続き。ベースの音を切らせないためには、具体的に何をすればいいの?ってことを話すよ。

すごく簡潔に言うと、左手と弦の接触時間をぎりぎりまで延ばせばいいんだ。そのためには運指をなるべく素早くすることが大事。

音が切れやすいフレーズのパターン別に、解決方法をまとめたよ。アンプを使いながら練習してね。

スポンサーリンク

素早い運指をするためのコツ

ポジション移動は先に次の位置を確認しておく

まずは、ポジション移動をするときのコツ。
譜例1
ただのルート弾きだけど、ポジション移動で音が途切れやすいんだよね。
譜例3
音が途切れないようにするには、ポジション移動を素早くすればいい。そのためには、前半部分を弾いているときにも次の音に狙いを定めておくといいよ。
弾き方1-1
そして、一気に移動する!!
弾き方1-2
このあたりを意識すれば、瞬間移動みたいに素早いポジション移動ができるようになるよ!

スポンサーリンク

音が下がる時は先に指をセットしておく

次は、音が下がるときのコツ。またルート弾きで確認しよう。
譜例2
あなたはこんなフレーズを弾くとき、同じ指を使って弾いていないかな?
譜例7
同じ指を使って弾いても、途切れずに弾くことはできる。さっきみたいに、ポジション移動を素早くすればね。でもポジション移動を何度もするのって結構神経使うから疲れちゃう。特に連続でポジション移動があると大変。

なので、ポジション移動しないで済む方法を知っておくといいよ。

このフレーズのポイントは、5Fを弾いているときに3Fにも指を置いておくこと。
弾き方2-1
そして3Fを弾く時は他の指を一気にはなす!
弾き方2-2
これで無駄な動きがない分、楽に素早い運指できるようになるよ。慣れるまでは大変だけど、慣れたらあなたの武器になるので是非習得してね。

まとめ

昨日と今日の話をまとめるね。

まずあなたにやってほしいのは、あなたの演奏は音が切れていないかを確認すること。確認方法は3つ。

  • アンプを使って練習する
  • 演奏を録音して聞く
  • 周りの人に音が切れてないか聞く

そして、音が切れているなら、音を繋げるように意識しながら練習すること。練習するときは必ずアンプを使おうね。
音が切れやすいパターン別の解決方法はこちら。

  • ポジション移動は先に次の位置を確認しておく
  • 音が下がる時は先に指をセットしておく

他にもコツを見つけたら追加するねー。

ベースの音が途切れなくなると、バンドの安定感がぐっと増すよ。あなたも音が切れないように気をつけながら、毎日の練習に励んでみてね。

 

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP