音楽プレイヤー

音質の良し悪しの見分け方って?ここにしかない!イヤホンの選び方

どうも、サックです。

ネットで評判のイヤホンを使ってみた。

だけど音質が良いとか悪いとか
見分け方がわからない。

なんでこれが高評価なの?

あなたはそんな経験ない?

音が良いって何?
イヤホンってどうやって選ぶの?
っていう疑問に答えるよ。

スポンサーリンク

音が良いって何?あなたにあったイヤホンを探そう!

高機能のイヤホンを買うよりも
好みの音のイヤホンを
探した方がいい。

良い音っていうのは
人によって感じ方は違うから。

引き締まった音で値段が高いベースが
良い音なんだ!っていう人がいる。

反対に、音は粗くて値段が安いベースを
良い音っていう人もいる。

どっちかの耳が悪いとか
間違っているとかじゃなくて
好みが違うだけの話。

イヤホンだってそう。

良いイヤホンだよって
誰かが言ってたから買うよりも
自分が好きな音質のイヤホンを
探して買った方が絶対いい。

ただし注意をしてほしいことがある。

それは
疲れないイヤホンを選ぶこと。

普段の生活の中で
練習したり音楽を聴いたり
イヤホンが手放せないベーシスト。

そんなベーシストには
長時間使っても疲れないことは大事。

特定の音が強調されたイヤホンには
気をつけて!

「きらびやかな高音」とか「重低音」とか
よくイヤホンコーナーで広告を見る。

だけどあなたの健康のためには良くないんだ。

スポンサーリンク

意外と見逃してる!?あなたに合ったイヤホンの形

サックは奮発して
1万円くらいのイヤホンを買ったことがある。

だけど家に帰って失敗したことに気付いたw

曲を聴き出してすぐは
ウキウキしてたんだよ。

でもね、
すぐに耳が痛くなったw

痛すぎて30分も聴いてられないw

せっかく奮発したのに
ほとんど使わずにゴミ箱行き。

原因はイヤホンの形が耳に合っていないこと。

音質を求めすぎた結果がこれですよ…。

高かっただけにかなりショックだった。

イヤホンをつけてみて
「違和感はあるけど大丈夫でしょ」
って思ったらちょっと待って!

足に合わない靴を履いていると
すぐに靴擦れを起こすよね?

それと同じ。

耳に合わないイヤホンは使い物にならないよ!

サック流!イヤホンを選ぶポイント

サックがイヤホンを選ぶときに注目するのは4つのポイント!

  • ハイ寄りなギターの音やドラムのシンバルの音が
    耳障りに感じないか
  • 低音が強すぎて輪郭がボヤけていないか
  • 埋もれている楽器はないか
  • 抑揚は感じとれるか

参考にしてみてね。

 
一度買ったら長いことお世話になるイヤホン。

音質面と健康面で自分にあったイヤホンを
あなたも探してみてね!

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP