中級者向け機材購入

壊れたギターやベースの処分方法に買取は?故障したジャンク品を査定に出しまくった

どうも、サックです。

壊れたギターとかベースって、処分方法がわからなくない?

サックは以前、サークルの部室にあった大量のギターとベースを処分したくて、どうすればいいのか考えた。いつからあるのかも分からない古い楽器も多い。きっとそういうのは故障してるからジャンク品。

ゴミに出すなら粗大ゴミ。でも粗大ゴミってお金かかるんだよねぇ。部費はきつきつだから使いたくない。

で、思ったんだけど、楽器屋さんって故障してても買取してくれそうじゃない?中古品売ってるコーナーでたまに「ジャンク品」って書いてあるギターやベースがあるし。

ってことで、楽器屋さんに行って買取査定してもらったよー。

スポンサーリンク

イシバシ楽器で見積もり出してもらった!ジャンク品の買取はNGらしい

見積もり出してもらったのはイシバシ楽器さん。このお店でほとんどの楽器は買い取ってくれた!

ただ、残念ながら買い取ってもらえなかったものもあった・・・。店員さんの話によると、「一部、壊れた楽器があるので買取できないです。」とのこと。

やっぱり故障してたかー。うーん、イシバシ楽器なら買い取ってくれると思ったんだけどなぁ。他の店舗ではジャンク品って書いてあるギターとかベースあったから。残念。

2つ目の楽器屋さんでも買い取り査定!けどNGだし処分品にもしてもらえない

もしかしたら他の楽器屋さんならジャンク品でも買い取ってくるかも!と思ったので、違う楽器屋さんに行ってみたよ。

近場にはもう大手の楽器屋さんがなかった。なので小さな楽器屋さんに行ったよー。駅から反対側にあったから、楽器をいくつも持って移動は疲れた・・・。

で、店員さんに買い取り査定をお願いして待つこと数分。覚悟はしてたけど、やっぱりこのお店でも買取してもらえなかった・・・。

もう疲れたし、他のお店に行くのもめんどいwだからお店で処分してもらえないか聞いてみたwでも残念なことに、処分品にもできないって言われちゃったー。

スポンサーリンク

3つ目の楽器屋さんで買取査定!とうとうジャンク品の買取が・・・

近場の楽器屋さんは残り1つ。これでダメだったら、諦めてお持ち帰りするしかない。

きっと今回もダメだろうなーと思いながら向かった3つ目の楽器屋さん。

見積もりは意外とすぐに終わった。たぶん今までで1番早かった。見た瞬間に故障してるのがバレたのかなぁと思ってたんだけど・・・

店員さんが発した一言がこれ。

「〇〇円になりますがよろしいでしょうか?」

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

金額は決して高くない。たぶん安物だったしね。だけどそんなこと関係ない。

処分さえできれば!いいんだ!!

ただ、1本だけは買い取ってもらえなかったwトラスロッドが限界らしい。たしか他のお店ではネックがねじれてるって言われたんだけど・・・。もしかして、買い取ってくれる楽器もちゃんと確認してないのかな?w

まぁそんなことはサックたちには関係ない。笑 もうねー、ニヤニヤが止まらなくなったw苦労が報われた!

まとめ

ということで、壊れたギターやベースは、お店によって買い取ってくれたり買い取ってくれなかったりするみたい。

処分方法に困ったら、試してみる価値はあるかも。

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、店頭レンタルよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、店頭に行かずにレンタルも返却もできて楽チン。それに値段も、店頭レンタルより安く借りられるよ。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP