中級者向けベース上達法

弾き方の基礎の謎!なぜベース指弾きの右手のフォームは斜めが基本?

どうも、サックです。

「ベースをツーフィンガーの指弾きで弾く時は、右手の指を弦に対して斜めにしよう。」

弾き方の基礎をネットで調べてると、よくこんな話を聞く。

だけどこれって本当に大事なのかなぁ?なんだか腑に落ちない。

よくわからないからサックなりに考えたり、色々試してるうちにわかったことがある。

今回は指弾きの指を斜めにするフォームはなぜ大事なのか、考察したことを紹介するよ。

スポンサーリンク

人差し指と中指の弦に当たる位置同じにして、音の粒を揃う

よく聞く理由が、「斜めのフォームにすると、人差し指と中指の長さが一緒になる」ってやつ。弦に対して指がどこまで入り込むのかも同じになるから、音質や音量も同じになるらしい。

・・・うん、「らしい」んだよね。

サックもこれを信じてやってみた。だけどどうにも同じにならない。

音量はだいたい同じ。だけど音質が全然違う。「角度をもっとつけるとか、つけすぎなんじゃない?」とも思ったよ。で、あれこれ試した。だけどダメだった。

サックがまだまだ下手だからなの?みんな、こんなにゴールが見えないし地味なことをずっとやってるの?ってすっげー思った。

で、ある日ふと気付いた。

音質が違うのは当たり前じゃん!!!だってピッキングしてる位置が違うんだから!って。

試しに人差し指でピッキングした後に、中指の位置まで人差し指を持っていって、もう1回ピッキングしてみた。もちろん、これなら力加減も、弦に対する入り込み方も同じ。

この結果は予想通り音質が全然違う。

やっぱり人差し指と中指では、力加減や弦に対する入り込み方同じでも音質に違いはある。

え?じゃあ「斜めのフォームにすると、人差し指と中指の長さが一緒になる」って理由は都市伝説なんじゃない?気分の問題とか・・・。

ツーフィンガーでもピック弾きのようにリズムにキレが出る

そんなこんなで、サックは割と最近まで斜めにする弾き方に全く執着してなかった。だってどうせ斜めの弾き方でも音質揃わないんだもん。それなら真っ直ぐの弾き方でも良いじゃん。これなら慣れてるから無意識に弾けるし。

ところがね、やっと別の理由に気付いたよ。

きっかけは、以前紹介した指弾きの基礎練習。これね。

⇒ベース指弾きの弾き方改善に役立つ!指を速く動かし続ける練習法

この練習法をしてたら、ピッキングフォームがよくあるお手本みたいになってた。角度も自然と斜めになった。それだけでも上手くなった気分。笑

で、見た目が綺麗になっただけでなく、変わったことがある。

真っ直ぐの弾き方よりも、斜めの弾き方の方がリズムにキレが出たんだ!

以前はピック弾きと指弾きのときで、リズムのキレが違った。指弾きで弾くと、リズムは合ってるのに何かしっくりこない感じ。ところが、ピック弾きで同じフレーズを弾くと、ドラムとリズムがカッチリはまってくれる気がして気持ちよかったんだ!

だから斜めの弾き方で弾いてみて思った。真っ直ぐで弾いたときってちょっとだけ、ほんのちょっとだけだけど、モタってたのかもしれないって。

斜めの弾き方が大事な理由は音質的なことよりも、こっちの方がサックは納得した。

スポンサーリンク

指の関節が伸びて腱鞘炎などの怪我予防になる

もう1つ、サックが斜めの弾き方をして気付いたことがある。

さっきも話した練習法をやってみた結果、指の関節を曲げないでピッキングできたんだよね。

それまでは関節が曲がったままピッキングしてた。で、人差し指が腱鞘炎になった。笑

ところが、関節が真っ直ぐのままでピッキングすると指が楽だった!あー、今まで指に負担かけてたんだなぁってやっとわかった。もっと早く気付きたかった!!

弦に対して真っ直ぐでも、関節真っ直ぐのままピッキングできるのかな?って思ったから試してみたよ。でも弦に対して真っ直ぐの弾き方だと、つい関節が曲がっちゃった。

2フィンガーは斜めのフォームが大事な理由まとめ

2フィンガーのときは右手のフォームを斜めにするのが基本な理由、伝わったかな?

今回の話をまとめると、

  • 音の粒が揃う⇒サックは揃えられなかった
  • リズムにキレが出る
  • 怪我予防になる

「他にもこんな理由があるよー」っていうのをあなたが知ってたり気付いたら、是非サックにも教えてほしいな。

⇒メールはここから。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP