初めてのベース購入

ベースのシールドは何本持つ?家で練習用と外用は分けるのがオススメ

どうも、サックです。

ベースに使うシールド、あなたは何本持ってる?

サックはね、スタジオやライブで使う用に2本。それから家で練習するとき用にもう1本持ってる。

自宅用のシールドを分けるのは、初心者の頃に友達にオススメされたんだ。スタジオとかライブ本番でシールドが断線するリスク減らせるよって。

で、自宅用のシールドを使うようになったんだけど、メリットは他にもあった。練習が捗るようになったんだ。

スポンサーリンク

自宅のアンプにシールドを挿しっぱなしにすると楽

自宅用のシールドを用意する前は、練習する度にシールドを出して、終わったら巻いて閉まって・・・っていうのを繰り返してた。

これが地味に手間。

やり始めたら機材の準備なんて1分もあればできること。だけどめんどくさがり屋のサックは、この作業ですらめんどくさかったんだ。それで行動しださないから、練習もなかなかやらない。

ところ自宅用のシールドを用意してからはこの手間が省けた。家でしか使わないとなると、シールドを遠慮なくアンプに挿しっぱなしにできるからね。

しかもただ単に楽なだけじゃない。ちょっと時間が空いたときに、すぐに練習できるんだ。見たいテレビが始まるまでの時間とか。外出前の準備が早く終わって出来た時間とか。

忙しかったり、ベースが難しい曲をバンドでやるときって1分1秒でも無駄にできない。だからこういうときにはかなりありがたみを感じる。

スポンサーリンク

値段高いシールドをアンプに挿しっぱなしにするのはダメなの?

アンプに挿しっぱなしにするだけなら、スタジオやライブで使ってるシールドでもできる。だけどこれをずーっとやってると、すぐに断線しちゃいそうじゃない?

まぁスタジオやライブ用のシールドを挿しっぱなしにしたことないから、あくまでイメージだけどw

スタジオやライブ用には、それなりに音にもこだわったものを使ってる。値段も安いってわけではない。だからこわくて挿しっぱなしにはできなかったんだ。

実際に自宅用のシールドで挿しっぱなしにしてわかったけど、ずっと家でつかってるとつい雑な扱いしちゃう。何度か椅子で踏んづけちゃったもん。自宅用だからまぁいっかって思ったけど、もしスタジオやライブ用だったら絶対にショック受けてた。

だからスタジオやライブで使うシールドは、アンプに挿しっぱなしにしない方がいいと思うんだ。

これが原因で断線しやすくなって、ライブの真っ最中に運悪く断線したらシャレにならないしねw

どんなシールドを何mの長さ買うのがおすすめ?

サックが今使ってるのは、下調べもせずに緊急で楽器屋さんで買った。だからメーカー名も忘れるようなてきとーなシールド。

だけど本来なら、寿命や値段でコスパ良さそうなのを選ぶのがいいと思う。

そうだなぁ、メーカーで言うとカナレがいいんじゃないかな。安いし、耐久力も良いって評判だし。

長さはね、3mあれば十分だったよ。

友達には1mのをおすすめされたけど、1mだと不便に感じることがあった。例えば、エアコンの温度変えるときとか。

いちいちベースを下ろすのがめんどくさいからサックは3mのシールドを使ってる。

参考にしてみてね。

⇒CANAREの3mシールド(LC03 BLACK)はこちら。

上のリンクはサウンドハウスに飛ぶよ。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。


⇒サックに質問はこちらからどうぞ。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP