【ベース向け】CAJ(CUSTOM AUDIO JAPAN)のシールドを実体験付き評価!クリアな音にしなやかな取り回しの高品質ケーブル

どうも、サック(@sackbass)です。

 
以前、よく行く楽器屋の店員さんにCUSTOM AUDIO JAPANカスタムオーディオジャパン、略してCAJのシールドケーブルをおすすめされて買ったよ。

 
そこでこの記事では、実際に使ってみてどうだったのかを評価レビューするね。

そもそもCAJのシールドケーブルを買おうと思った理由

ちょっといい値段のシールドに挑戦してみたかった

ベースの初心者セットについてきたシールドって、すぐに音が出なくなるよね。

サックはその後に1000円ちょいのシールドを買ってみた。
だけどまたもや、すぐに断線しちゃった。

 
そこで当時、ベース経験者だった友達に相談したところ

「私は値段が高めのシールド使ってるけど、そうそうダメにならないよ」

ってアドバイスをもらった。

 
ということで、サックもちょっといい値段のシールドに手を出してみることに。

MONSTER CABLEってオススメなの?楽器屋の店員さんに聞いてみた

それでも、本当はCAJのシールドを買うつもりはなかったんだけどね。笑

 
そもそもネットで調べて気になってたのは、MONSTER CABLEモンスターケーブルってメーカーのシールド。

ベーシストに人気なんだって。


出典元:MONSTER ( モンスター ) >M BASS2-12 | サウンドハウス

 

シールドの選び方はよくわからない。

だけど人気のものを買えば無難だろう、と思って買うことにした。

 
で、いつも行ってる楽器屋さんのシールドコーナーに行ったんだ。

 
そしたら店員さんが

[st-kaiwa2]シールドをお探しですか?[/st-kaiwa2]

って声をかえてくれたよ。

 
なのでせっかくだから、

サック
モンスターケーブルが気になってるんですけど、どうなんですかね?

って聞いてみた。

 

店員さん直伝!シールドの選び方のポイントは、好きな音質を意識すること

まず店員さんが教えてくれたのは、シールドの選び方。

シールドは好きな音質を意識して選ぶと良いんだって。

 
モンスターケーブルはたしかに、ベーシストに人気がある。

だけど癖のある音質になるから、好みが分かれるらしい。

 

アンプ直派にはカスタムオーディオジャパンがおすすめらしい

そして教えてくれたのが、店員さんが使っているCUSTOM AUDIO JAPANカスタムオーディオジャパン、略してCAJのシールド

 
店員さんも、師匠におすすめされたのがきっかけで使ってるんだって。

[st-kaiwa2]アン直のベースらしい音が好きならおすすめです[/st-kaiwa2]

とのこと。

 
サックはベースらしい音が好きだし、アン直なんだよね。

この時点でモンスターケーブルよりも、CAJの方が良い気がしてきた。

 

シールドケーブルのねじれとか巻き癖が気になるんです

音も気になってたけど、サックはもう1つ気になってたことがあったんだ。

それが、シールドの柔らかさ。

 
というのも、初心者セットについてきたシールドは、柔らかくて扱いやすかったんだよね。

で、次に買ったベース用って書いてあるシールドは硬くて扱いにくかった。

 
スタジオで練習中は基本的にメンバーの方を向いてるよね。

で、たまに後ろを向いてアンプをいじる。

これを何回かやっただけでねじれて、こんがらがっちゃうのが気になってた。

 
それから変な巻き癖がついてたのも気になってた。

シールドを八の字巻きで巻こうとしても、巻き癖のせいでちゃんと巻けなかったから。

 
なので今回は柔軟性はどうなのかも聞いてみたよ。

 

CUSTOM AUDIO JAPANは取り回ししやすい

CAJとモンスターケーブルは、シールドの柔軟性も結構違うんだって。

CAJは柔らかいから、取り回しが楽らしい。

 
ステージ上で動き回りたいならこの柔軟性は大事。

やっぱり硬いとちょっと動いただけでこんがらがっちゃうから。

 
店員さんが教えてくれたことをまとめるとこんな感じだった。

 
サックにはいつか動けるようになりたいって憧れがあった!

だから柔軟性を考えても、CAJの方がポイントが高く感じたよ。

 

カスタムオーディオジャパンのシールド・IL5mを買うことにしました

結局、

  • アン直にオススメのベースらしい音
  • 取り回しのしやすさ

っていう理由で、CAJのシールドを買うことにしたよ!

 
長さも店員さんに相談したところ、

「ステージの上で多少動くなら5m、動かないなら3mあれば大丈夫」

とのことだったので5mにした。

参考:安い・音質良い・巻くの楽!ライブに適切なベースのシールドの長さは?

 
また、先端のプラグはIアイタイプとLエルタイプがあるのだけど、ベース側は出っ張りをなくしたかったので片方がLタイプのものにした。

 
つまり、「IL5m」ってやつ。

 

 

CAJのシールドケーブルを実体験レビュー!

で、実際に買ったシールドがこれ。

002

 
捨てちゃったのだけど、おしゃれで可愛い袋に入ってたよ。

エフェクターボードにシールドを入れるようになる前は、袋に毎回入れてた。
最近はまたアン直のことが多いから、残しておけばよかったなぁ。

ビニールの袋だから、入れてると雨が降ったときに安心感あるしね。

 
あとロゴはこんな感じで

  • 「CUSTOM AUDIO ELECTRONICS LOS ANGELES」
  • 「CUSTOM AUDIO JAPAN TOKYO」

って入ってる。

CUSTOM AUDIO JAPAN

 
プラグ(ベースやアンプに挿すところ)はこんな感じ。

001

 
調べたら、最近のはプラグが新しくなってた。

「CAJ」って書かれてるらしい。

 

音質は自然なベースの音

CAJのシールドを使ってみて感じたのは、音質の違い。

 
ベース用って書いてあるシールドは、低音がブーストされることで音が太く聞こえる。

以前使ってたシールドはこのタイプだった。

 
けれどCAJのシールドはブーストしないから、自然なベースの音・クリアで素直な音って感じ。

 
ただ、「音質が良くなったか?」っていうと、わからないなぁ。

良くなったとか悪くなったっていうよりも、別物って感じ。

取り回ししやすいから余計なストレスかからない

購入前に店員さんが教えてくれた通り、柔軟性も良かったよ。

 
ほら、簡単にグネグネできる。笑

004

 
巻き癖も全然つかない。

006

 
柔軟性と癖のつかなさのおかげで、硬いシールドみたいに普段の練習でシールドがねじれることはなくなった。

練習が終わった後もスルスル巻けて楽だし、時間短縮になったよ。

あとシールドのねじれを気にしなくてよくなった分、ちょっとストレスが減った。笑

 
あとね、ライブでふざけて動きまくってもしなやかw

これならわざわざワイヤレス買わなくても、割と何とかなる!

(実際にこのシールドでライブに出て、暴れたことがありますw)

 

エフェクターの乗りは?

CAJのシールドは「アン直派なら・・・」ってことで店員さんにおすすめされた。

だけど実際は、その後エフェクターにも手を出してるよ。

 
口コミによると、エフェクターの乗りも良いらしいね。

 
だけどサックは、エフェクターの乗りがいいかはわからないでいる。

っていうのもエフェクターを使うようになってからはCAJのシールドしか使ってないから、今は比較できてない。

値段安いシールド買うより寿命長い

以前は「シールドは消耗品」と思ってたんだけど、このシールドの寿命は長いから消耗品って感覚ではなくなった。

買ってから3年半ちょい経つけど、まだ使ってるよ。
 

値段が安いけど壊れやすいシールドを何本も買うよりも、長期的に考えると得してる。

 

まとめ。評価は?

音、柔軟性、それから寿命も気に入った!

店員さんに教えてもらえてラッキーだったなぁ。

 
今ではスタジオやライブ用には、CAJのシールドしか使ってない。

 
値段は高いけど、それだけの価値はあると個人的には思ってる。

 
ということで、あなたの参考になれば幸いですー。

 

 
[st-label label=”参考” bgcolor=”#FBC02D” color=”#FFFFFF”] 知らないと損!みんながベースに必要なもの買うサウンドハウスとは? [/st-label] [st-label label=”参考” bgcolor=”#FBC02D” color=”#FFFFFF”] 安い・音質良い・巻くの楽!ライブに適切なベースのシールドの長さは? [/st-label]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です