音楽映画

時をかける少女似のタイムリープ映画?君と100回目の恋のあらすじが面白そう

どうも、サックです。

2017年の冬に公開予定の映画「君と100回目の恋」。略して「君100」。

miwaさんと坂口健太郎さんがW主演ってことで、どんなあらすじなのか気になってたんだよね。

かなりサラッと調べてみたところ、「君と100回目の恋」はタイムリープ×恋愛×バンドの映画。

またタイムリープかよ!って思わず感じちゃったw

だってさ、最近タイムリープネタの映画とかアニメとかドラマとか多くない?昔からあるけど、最近は特に増えてる気がする。嫌いじゃないけど、なんだかなぁ・・・。

そう思ってたんだけど、「君と100回目の恋」は何だかんだで面白そう。少しアニメ映画の「時をかける少女」に似てる気がしたよ。

スポンサーリンク

タイムリープするアニメや映画はおすすめだらけだけど・・・

試しにタイムリープネタの作品を調べてみたんだけど、おすすめされてるのはやっぱり最近話題になってるもの。

たしかにこの手の映画やアニメは面白い。

マンガからアニメ・実写映画化など!僕だけがいない街(僕街)

今年(2016年)の冬にやってたアニメ「僕だけがいない街」。略して「僕街」。

リバイバル(タイムリープ)できる主人公の悟が、昔起きた事件を未然に防ぐためにリバイバルして奮闘するストーリー。

犯人を推測したりサスペンス要素があったり、犯人の魔の手が忍び寄る恐怖感がスリリングでなかなか楽しかった。

藤原達也さんが主演で実写映画化もされたよね。映画は見てないけど、藤原達也さんが主演だと面白そう。DVDが発売されたら観たい作品の1つ。

アニメ版はラストの方がアニメオリジナルだったんだよね。珍しく原作がすごく気になって、マンガ買うか迷った。結局買ってないけどw

小説から漫画・アニメ化!Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)

それから今放送中のアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」。略してリゼロ。

最近のもう1つの流行、異世界転生の要素もある。だから流行に乗りすぎ感あって嫌だったんだけど、これはまじで面白い。

闘いがある作品なのに主人公は弱いし、強くなる気配はない。なのに話の展開が上手いからつい観ちゃうんだよねー。

原作はWeb小説で、6000万PV越えもした人気作品らしい。6000万PVがどれくらいすごいのかわからないけど、小説として人気だったのは納得。

タイムリープする主人公の複雑な気持ちもよく表現されてて、夜中に1人でちょっと泣いてしまったw

アニメ化だけでなく、漫画化もされてるらしいね。

スポンサーリンク

小説からアニメ映画・実写ドラマ化など!時をかける少女(時かけ)

あと「時かけ」こと「時をかける少女」。アニメ映画は何度もテレビで放送されてるけど、ついつい毎回見ちゃう。

最近のタイムリープブームに乗ってか、ちょうど今、実写ドラマ化されてるよね。

君100はタイムリープブームに乗った?しかも原作はなし?

そう。たしかにタイムリープを題材にしたアニメや映画は面白い。誰もが1度は「どうにかあの時に戻れないかなぁ・・・」って妄想したことがあると思うし、想像力が掻き立てられる。

いやでもねぇ・・・そろそろやりすぎじゃない?

しかも「君と100回目の恋」は原作のないオリジナルストーリー。

漫画も出てるし、小説もこれから出る。だけど映画公開を記念しての「君100プロジェクト」とやらで後付けなんだって。

アニメでも原作がないアニメオリジナルストーリーだと、つまらないイメージがある。だからぶっちゃけ、映画の「君と100回目の恋」もつまんなそうw

君100のストーリーは?

そんなこんなで、ぶっちゃけ印象の良くないところからのスタート。ところが意外と「君と100回目の恋」のストーリーは面白そう!

あらすじはこちら。

7月27日、誕生日の夜。ライブの帰り道に大学生の葵海(miwa)は事故にあってしまう。しかし、気が付くと葵海は教室にいた。日付は事故の1週間前。動揺する葵海に、お互いに好きな想いをなかなか伝えられない幼なじみの陸(坂口健太郎)が言う。「秘密を教える。俺、時間を戻せる」葵海の運命を変えるため、陸は時間を遡れるレコードを使い、何度も“時”を戻していたのだ。想いが通じ合った2人は、恋人として日々をやり直すため1年前に戻る。周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る2人だったが、陸のタイムリープには葵海への一途な想いとともに重大な秘密が隠されていた。そして再び7月27日がやってくる――。

miwa&坂口健太郎W主演! 歌姫と一途男子の恋を描く…『君と100回目の恋』より引用

なんだろう。ちょっと「時をかける少女」を思い浮かべた。アニメ映画のやつ。

青春の甘酸っぱい感じ。タイムリープするにはリスクがある(?)のに、大切な人のために使っちゃうところ。

理由はいくつかあるけど、なんだか「時かけ」と同じニオイがするんだよなぁ・・・。

そう思うと同時に、「君と100回目の恋」も面白そうだと思ったよ。なんだかんだで、結局こういう話が好きなんだろうなー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

カテゴリー

今までの記事

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP