001_2

機材のメンテナンス

ボンドでネジの黒いサビ取りはできない!楽器の錆落としは早めに

前回はちょっと茶色いサビを落とした。

⇒ベースやギターのボディのネジのサビ取り!効果的な錆び落とし方法は?

今回もネジのサビ取りってことは同じだけど、数年前からサビてた頑固な汚れに挑戦してみたよ。

スポンサーリンク

問題の錆びてるネジは?

問題のネジがこれ。

001_2

このベースはヤフオクで落としたんだけど、たしかゲットしたときからこのネジは茶色いサビだった。数年間使ってるうちに、だんだん黒くなっちゃった。

このサビも落ちてくれるといいんだけど・・・。

木工用ボンドで手入れ

使う道具は前回と同じ。木工用ボンド。

016

ボンドをネジの上に出して、6時間くらい放置したよ。

017

放置した後、こんな感じになった。

018

剥がしてみると、

020

まだ乾燥し足りなかった。穴の中に入ってた部分がまだ白い。

とは言えほとんどの部分はちゃんと乾燥できてたんだけど、サビが全然取りきれてないね。まだ真っ黒だ。

ボンドの方が茶色くなってるから、ちょっとはサビ取りできてるんだろうけど・・・。

スポンサーリンク

金属磨き(金属用ポリッシュ)で手入れ

いっそのこと、表面だけなら金属磨きの方が取れたりして・・・。

ってことで急遽、金属磨きを使ってみたよ。マスキングテープをネジの周りに貼って、金属磨きをクロスに出して磨いた。

023

磨き終わった後はこんな感じ。

025

さっきよりもちょっとだけ色が薄くなった気がする。でもやっぱりまだ真っ黒・・・。

木工用ボンドで手入れ(2回目)

とりあえず中に入り込んだ金属磨きを取り出したいので、もう1回ボンドを塗ったよ。

026

半日後にボンドを剥がしたら、こんな感じになった。

031

金属磨きは取れたけど、まだまだ黒い・・・。

木工用ボンドで手入れ(3回目)

3回目もやってみたんだけど、やっぱダメ。最終的に、ほんのちょっとサビの部分が減った気がするだけ。

作業比較(2)

古いサビは取れない?他のサビ取り方法は?

結局ボンドで3回、金属磨きで1回サビ落とししたけど、ほぼ落ちなかった。

どうやら黒錆になっちゃうと、ボンドでは取れないらしい。こちらのサイトさんにも書いてあった。

⇒自転車のサビ取りに木工ボンドをつかうとなぜキレイにとれるのか?

他にサビ取りの方法はないのか探してみたら、色々とあるみたい。だけど手で触ったら手荒れしそうな、強い効果のものばかり。あとは水も使ったりとか・・・。

楽器に使うのはこわいから、諦めることにしたよ。

錆びるのが嫌なら、ちょっと錆びてきたなーって段階で早めに対処した方が良さそう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. ポリッシュ(ラッカー対応)

    機材のメンテナンス

    ベースやギター用ポリッシュ購入前の注意!塗装の種類を確認しよう

    どうも、サックです。これからポリッシュを買おうと思ってるあなた…

  2. 六角レンチ

    機材のメンテナンス

    意外とややこしい!ベースの弦高調整に使う5つの道具

    サックがベースの弦高調整に使うのはチューナーとマイナスドライバー、それ…

  3. millimeters-953423_960_720

    機材のメンテナンス

    ベースの弦高は何mmがおすすめ?初めてなら標準の高さから微調整しよう

    どうも、サックです。これから初めてベースの弦高を変えようってと…

  4. 作業比較

    機材のメンテナンス

    ベースやギターのボディのネジのサビ取り!効果的な錆び落とし方法は?

    どうも、サックです。ベースのボディ(ピックガード)についてるネ…

  5. IMG_20160120_194055

    機材のメンテナンス

    ブリッジサドルの高さ変えるだけ!ベースの弦高調整方法(画像付き)

    どうも、サックです。少し変えただけでも運指のしやすさが大きく変…

  6. ラッカー塗装だったら

    機材のメンテナンス

    ベースやギターのボディの塗装の種類が不明!ラッカー塗装の見分け方は?

    どうも、サックです。読者さんからお問い合わせをいただいたよ。こ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

今までの記事

ブログランキングを見る

ブログランキングに参加してます。
よろしければ、ポチッとお願いします!


⇒人気ブログランキングへ

PAGE TOP