初めてのベース購入

ベース初心者が最低限持つべきメンテナンス道具は?クロスについて

今回は、ベースをメンテナンスするときに使う道具について。

メンテナンスグッズは、一度に全部をそろえると意外とたくさんになっちゃう。

それにメンテナンスの中には、初心者には難しいもの・まだ必要ないもある。なので全部買ったところで、これは使わないなって道具も出てくると思う。

だけど今回紹介するクロスだけは別。これは初心者でも、持っておいた方がいい!

スポンサーリンク

クロスとは?

クロスはベースのボディや弦などを拭くのに使う布。

サックはこんなのを使ってるよ。

クロス

広げてみると、ただの四角い布切れに見える。笑

だいたいのクロスはこんな形をしてる。

クロス2

質感はものによって違って、メガネ拭きみたいなのとか、薄いフリースみたいな生地とか色々。サックが今使ってるのは、フリースっぽくて柔らかめ。

ベースを拭くのって大事なの?

クロスがどんなものかは、何となく分かったと思う。

ところであなたは、こんなことを疑問に思ってないかな?

  • そもそもベースを拭くのって大事なの?
  • どんなメリットがあるの?

ボディを拭くメリットと、弦を拭くメリットに分けて考えてみよう。

ボディを拭くメリット

窓を手で触ったら、手垢がついた。あなたも一度はやったことあると思う。

ベースのボディも、窓と同じ。少し触っただけで、簡単に手垢がついちゃうんだ。

そこで、クロスの出番。窓拭きやメガネ拭きと同じで、手垢が落として綺麗にできるよ。

ボディはベースで1番目に付く部分。ここが手垢だらけだと、汚らしく見えちゃうのは何となく想像つくかな?

新品みたいにピカピカ!・・・とまではいかなくても、ある程度は綺麗にしていたほうが清潔感があっていいと思う。

特にあなたがバンドを組んでライブをするなら、なおさらね。

スポンサーリンク

弦を拭くメリット

一方、ベースの弦は見ても汚れてるのがわかりにくい。・・・というか、たぶんわからないと思うw

じゃあなんで拭くのかって?

ベースの弦は、あなたの手が1番触れるところ。ベースを弾いてるうちは基本的に、ずっと左手で弦を押さえてる。それに右手では弦を弾いてる。

つまり、言い方は悪いけど、ベッタベタと触りまくってるってこと。だからあなたの手の皮脂など、目には見えない汚れがべっとりとついちゃうんだ。

弦は時間が経つと、サビなどの影響で音が悪くなったり、弾きにくくなっちゃう。これは止めようのないこと。

だけど汚れがついたままだと、劣化を早めちゃう。

逆に、ベースを弾いた後にクロスでちゃんと拭いてれば、劣化スピードを遅くすることができる。

弦は新しいのに交換すると、数千円と高い買い物になる。なのでクロスで拭いてあげるのは、経済的な意味でもめっちゃ大事なメンテナンスグッズなんだ。

まとめとおすすめのクロス

クロスがどんなものなのか。使うとどんなメリットがあるのか。何となくわかったかな?

今回の話をまとめておくと、

  • クロスはベースのボディや弦を拭くための布
  • ボディを拭くと、清潔感が出る
  • 弦を拭くと、弦の寿命を延ばせて経済的

ちなみに高いクロスは、何回も洗濯してもダメになりにくいっていうメリットがあるみたい。

だけど最初はとりあえず、安いのからでいいと思うよ。1枚の大きさが結構あるから、一箇所が汚れちゃっても、汚れてない部分で拭けるし。買いなおすときも300円くらいなので、たいした値段じゃないからね。

ただ、サウンドハウスの1番安いクロスはやめた方がいいかも。弦を拭いたときに、クロスの繊維が弦の凹凸にくっついちゃうみたいだから。

2番目に安いARIA(アリア)のCC500ってやつでも数十円しか変わらないので、こっちの方がいいと思ったよ。

参考にしてみてねー。

⇒ARIAのCC500はこちら。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP