ベース初心者講座

ベースやギターのストラップの長さ調整方法。短い・長い時の調節どうやる?

ベースやギターにストラップを付けて肩にかけてみると、長さが短いとか長いって感じると思う。

買ったばかりのストラップは、長さがあなたに合ってない。なので、自分で調節しよう。

やり方は、バッグなどの紐の長さを変えるときと同じ。

・・・なんだけど、よくわからない人もいると思う。なので今回は、画像付きで調整方法をご紹介するよ。

⇒ストラップをベースやギターに付けてないなら、先にこちら。

スポンサーリンク

ストラップの長さを変える方法を画像付きで解説

先に断っておくけど、サックが使ってるストラップの形はちょっと特殊。初心者で定番の形のストラップとは、調整方法が違う。

なので、今回はバッグに付いてた紐を使って説明させてもらうね。

長くする場合

まずは、ストラップを下の写真みたいな向きに持とう。

左側は、布が2重になってる方。右側は、布が1重になってる方。

上下の向きは、布が1枚に繋がってる方が上だよ。

次に左側の2枚の布うち、上側の布を右に押し込むよ。

このとき、プラスチックや金属の部品の上に輪っかをできるはず。

最後に、1重になってる布を右に引っ張ろう。

輪っかがなくなって、ぺったんこになればOK。

これで長くなったよ。

スポンサーリンク

短くする方法

短くするには、長くするときと逆のことをするよ。

向きはさっきと同じ。

左側は、布が2重になってる方。右側は、布が1重になってる方。

上下の向きは、布が1枚に繋がってる方が上で。

まずは1重になってる方の布を、左に押し込む。

このときもプラスチックや金属の部品の上に、輪っかができるよ。

で、2重になってる方の上側の布を左に引っ張る。

輪っかがなくなればOK。

これで短くなったよ。

長さを変えるのと肩にかけるのを繰り返して、長さを微調整していこう

ストラップの長さの調整方法、わかったかな?

あとは長さを変えたら、一度肩にかける。また短かったり長かったら、もう一度長さを変える。そして肩にかける・・・と繰り返して微調整しよう。

参考にしてみてねー。

スポンサーリンク

関連記事とスポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


サック
ベース歴は5年。

高校時代にベースを買ったものの、たったの一週間で挫折したw

その後、大学入学をきっかけに再チャレンジしたよ。そして、毎日のように時間を忘れてベースを弾くほどベースにハマった。

卒業後の現在は、のんびりとベースを満喫中。

⇒プロフィールの詳細はこちら。

⇒このブログを始めた理由はこちら。

ベースの弾き方や練習法でお悩みのあなたへ


⇒ベース初心者向け、動画添削


あなたはベースの弾き方や練習方法で悩んでないかな?例えば「左手が上手く動かない」「左手首が痛い」「バンドメンバーにダメだしされるけど、なんでダメだしされるのかわからない」など。

思ったようにベースを弾けない原因や解決方法は、人それぞれ違う。なのであなた専用に、サックがベースの弾き方や練習方法をアドバイスするよ。

ベース初心者向けの記事


⇒初めてのベース購入特集


エレキベースをこれから購入するなら、まずはここからチェック。「ベースに必要なものって何?」「どんなものを買うのがいいの?」など。
 

⇒ベース初心者講座


ベースを購入した初心者さんは、初心者講座をチェック。「ベースを弾く準備はどうやるの?」「練習する曲って、どんなのを選ぶのがいいの?」など。
 

⇒運指が上手くなる方法まとめ


ベースを始める多くの人が最初にぶつかるのが、「左手が動かない・・・」ってお悩み。そこで、サックが左手の運指力を上げるときに役立った方法を一覧にしたよ。

おすすめの音源入手法


⇒CDの宅配レンタル特集


CDを借りるなら、お店に行くよりも宅配レンタルがおすすめ。宅配レンタルなら、レンタルも返却も宅配だから楽チン。しかも値段も、店頭より安くレンタルできるよ。

⇒宅配レンタルの特徴(店頭レンタルとの詳細比較)はこちら。

機材ごとに購入のポイントやレビューを見る


⇒弦の選び方&レビュー記事の一覧。


弦の弾き心地や音が悪くなってきた気がする。エフェクターを使わずに、ベースの音質を変えたい。そんなときは、新しい弦に交換しよう。  
 

⇒シールドケーブルの選び方&レビュー記事の一覧。


つい見落としがちだけど、シールドもベースの音に影響するよ。なのでベースの音にこだわるなら、シールド選びにも気を使おう。  
 

⇒自宅で練習に使う用の、アンプの選び方&レビュー記事の一覧。


ベースを上手くなりたいなら、自宅での練習でもアンプを使うべし。生音で練習してると、音量が小さくて細かいミスに気付けないよ。  


⇒チューナーの選び方&レビュー記事の一覧。


チューニングが上手くできない・・・。そんなお悩みは、チューナーを変えるだけで解決することもあるよ。

カテゴリー

Twitter

思ったこととかブログの更新情報をツイートするよ。フォローはご自由にどうぞー。

PAGE TOP